今朝、知己の記者から内閣改造人事の新情報を僕に伝えてくる奴がいましたが僕はネットでしか生きていないので要らないと断りました。

なぜなら

ネットでの市民権を得るにはけっして検証や取材などして事実にもとづいたことをいってはならないからです。個人の揣摩臆測を拡大して多くの共感を得ることこそがネット世界の「おきて」であることを痛感したからです。

ゆえに

僕には出来ませんし、そうした「もっともらしい」想像力で著述することは得意ではありません。

したがって

揣摩臆測想像の世界でお互い討論しあうのはたぶんゲームの世界の延長でしかありませんから、そういう遊びには僕のような人間は参加したくないし、また「能力」として参加資格がありません。

だから

ネットも諦めて、できれば「旅に出たい」と考えています。

でも

それが「冥土への旅」ではないと、今のところ思っています