岩下俊三のブログ

黄泉の国へは何時でもいける。生きてる限りは、やはり「反帝反スタ」のままなのだ。

石原慎太郎

俺と「慎太郎の季節」の恥さらし篇

DSCF5049
誰だって晩節は汚したくはない、ある極道なんかはいちの子分に「(俺が)再起不能だとお前が思ったら、(その時点で)頭を撃ち抜け!」と命令していたという。

しかし

拳銃も子分もない僕はただ老醜を冒頭の写真のように無様をさらしながらも未練がましく「まだ」生きている。

したがって

「老い」というものが誰にでも訪れる罰であり時として煉獄でもあり「恥」そのものであることは分かっていても「十分には認識」できないことがこの現在の自分の客観的描写(=写真)を見せつけられても「それでも」自覚できないのである。

しかるに

石原慎太郎の明らかな「老醜」がいくら見るに堪えないものであっても、自分にはそれを批判する資格はない。

だから

老いた慎太郎の呆けブリなど批判するような卑怯なことをするつもりはないけれど、彼が輝いていたであろう季節すなはち「太陽の季節」からほぼ半世紀以上ずっと彼を「僕は」軽蔑していたのである。

ゆえに

昨日の記者クラブでの彼の会見がいくら潔くなく矛盾していようと「今の」墓場寸前のヨチヨチ歩きの慎太郎を批判する気にはどうしてもなれない。(それは卑怯だ。)

どうせ

批判するなら、彼の若いとき、颯爽と「太陽族」として日本人を半世紀以上騙していた「気弱なヲタク」作家?慎太郎がいかに軽薄でバカバカ「しかった」かを改めて言及するぐらいしかないだろう。

たとえば

当時、昭和の大作家佐藤春夫などにいたっては、例の「太陽の季節」を評し、

「反倫理的なのは必ずも排撃はしないが、こういう風俗小説一般を文芸として最も低級なものと見ている上、この作者の鋭敏げな時代感覚もジャナリストや興行者の域を出ず、決して文学者のものではないと思ったし、またこの作品から作者の美的節度の欠如を見て最も嫌悪を禁じ得なかった」とか「これでもかこれでもかと厚かましく押しつけ説き立てる作者の態度を卑しいと思ったものである。そうして僕は芸術にあっては巧拙よりも作品の品格の高下を重大視している。僕にとって何の取柄もない『太陽の季節』を人々が当選させるという多数決に対して、僕にはそれに反対する多くの理由はあってもこれを阻止する権限も能力もない」、

、、、、、などと皮肉っている。

じっさい

僕も高校生の時たまさか彼を見る機会があったがその時の主賓・今東光には「作家」のオ〜ラを感じたけれども隣にいた神経質な目線の定まらぬ木偶の坊・慎太郎にはまったく「芸術性」のようなものは感じられなかった覚えがある。

さらに

其の後も政治家ともしても期待していなかったし、都知事時代には番組で仕方なくスタジオで彼に遭遇したことは何度かあったが「ハッタリ」の強いオッサンという印象しかなく、ただのハッタリなら割と親しかったハマコーの方が上だな〜などと「密かに」思ったりしていた。

しかし

彼の都知事時代にふと僕に「俺はどっちかというと革新的つまり「左」だと思っているんだが、、」とよく言ってスタッフ(左気味の局だったから?)を嗤わかせていたが、実は彼は戦後の若者の代表として無秩序無道徳の代表として称賛を浴びており実際天皇制廃止論者としても知られているから「革新的」ではあると「僕も」思う。

そう思うけれど

余りに気が弱く周囲を気にしすぎ結果的に右翼の親玉として君臨している「都合上」青年期と同じように突っ張って見せる癖がいまだに治っていないところが欠点である。

昨日も

武士だとかなんじゃらとか言わなくてもいいことを「つい」言ってしまうから呆けてるとか古いとかいわれていまうのだ。

ゆえに

ヒトのことを言える立場ではないが、

「老兵は只消え去るのみ」
                 
 、、、というのは名言であるな~としみじみ想うのである。

やはり極右ぼけ老人の惣領の甚六はできそこない??

daacc4484e8509da9fca3882a66be8f3
過去、伸晃とは何度も出くわしていたがもともと業界の出身だから根が「ポン助」のくせにとっさの反応がじつに的を得ている、つまり刹那的には「気が利いている」という印象が強かった。

かってスタジオがアークヒルズにあったのでANAホテル内で打ち合わせや食事をすることが多かったのでたいてい仕事の関係で大物プロデューサーとか狸のような政治家、有名な評論家など比較的年配者と一緒だった。

そこでしばしば伸晃と出くわすのだが、その時の彼の反応は早く、しかも相手が考えているだろうことを愛想よく短く「軽く」言い放ち、しかも腰が低いのでベテラン業界人にはすこぶる評判が良かったことを覚えている。

伸晃はつねに抜け目なく、はしこく、政治家の重鎮にも覚えめでたかった。


この対面している相手の意向に合わせてプロが喜びそうな「業界語」を一言加えるのは彼の長所でもあり弱点でもあるだろうと思われる。

彼の人生の軌跡からすればこれは当然のことだろう。そしてそれは強烈な親父のスパルタ教育によって培われた成果でもあり欠点でもある。長男が親父のいうとおりの優等生になることは決して珍しいことではあるまい。しかし「小者」感がどうしてもぬぐえないのはなぜだろう。


今回、おそらくは、

政治家同士の阿吽の呼吸でつい「金目」という仲間内の「隠語」に近い表現をしてしまったのであろう。しかし、その言葉は下品ではあっても、思わくそのものは「正確無比」と言わざるを得ない。政治家の原発関連の基本的姿勢はいかにして行政に「金で現地住民の頬をひっぱたかせるか」であるのだから、住民の説得のポイントは「銭の嵩」すなはち「金目」であり、まことにわかりやすいのだ。

だから彼にしてみれば

つまり一般国民=貧民は最終的には「金」で操るしかないという、保守政治家同志の「暗黙の了解事項」を再確認しただけのことだろう。


問題はこれに切り込まないマスコミの遠慮とこれだけバカにされてもなお「かね」にに期待する国民の拝金主義の蔓延であろう。

そこで、僕はなんどでもいいたい。

ただ「喰う」だけのわずかな銭以上の銭をなんで欲しがるのか僕にはまったく理解できない。自分の矜持を棄ててまで、、、。


なぜ暴動が起きないのか?不思議で仕方がない。

おとなしくしていれば伸晃さまが天から金の雨を降らしてくれるのを期待しているから?


てやんでぃ!バカ野郎なめんじゃねぇぞ、このできそこないがっ

四の五の言うな!うるせーんだよ。

20130515k0000m010038000p
嫌いな政治家を挙げろと言われれば真っ先に思い出すのが橋下徹である。所詮大都市での選挙はテレビタレントの人気投票であるのがアタマでは理解できていても、彼は横山ノックやそのまんま東よりもっと許せない。なぜなら橋下徹はお笑い系のタレントでありながら、ほかのお笑いよりも知性があると選挙民に思わせている「詐欺」的要素が強いからである。

そのくそテレビタレントが旬を過ぎた一発屋であるのもかかわらず、まだ自分の人気を過信しているから驚きだ。

がしかし、、、今回の選挙民を嘗めきったような彼の暴挙には加勢してやってもいいと「内心」おもっている。


なぜなら


今彼は、間接民主主義を否定して疑似国民投票(大阪市民の住民投票=市長選)をしようとする意図が強いからである。

大阪都構想こそが彼の命題であったので、前回の選挙では公明党と裏取引していたにも拘わらず、今回「創価に裏切られた」と感じたのでどうやら頭に血が上ったらしいが、結果的に動機が何であれ重要なことは直接住民の意思で決めようとしているところが面白く「やれやれ」という気持ちにさせるのだ。変革を求める政治家は常に直近の民意に従うと言う姿勢がいいと思うからである。この際姑息な裏読みなんか関係ない。東京での都知事選でも細川が望んでるのは原発を巡る直接の住民投票なのだから。

そして、これは保守政権にとって最も忌み嫌われる政治手法なのである。

なぜなら、民意がストレートに問われるから、困るのである。間接民主主義での議会運営テクニックやマスコミコントロールが及ばないから独裁的な政策ができないからなのだ。いま、東京と大阪で突然降って湧いた予定外の政治的な動きは「実は」それ(住民投票)を前提とした都知事選であり、市長選なのである。だから本音を言えば政権としては当分民意を問う予定がないとして強引にフリーハンドでやってきたことが危うくなる困った事態なのである。

時事は橋下の辞任をこう伝えている、、、
「市長大阪維新の会が目指していた「大阪都」構想の2015年4月の実現が難しくなったため、「市民に信を問う」との理由だが、仮に橋下氏が再選されても、同構想に関する議論が進展する保証はない。
 大阪維新の会は、大阪府議会、大阪市議会でいずれも第1会派ではあるが、過半数を占めていない。都構想の制度設計などを議論する、府議、市議らで構成する協議会も同様の状況で、市議からは、議会の構成が変わらない以上、「再任されたからといって議論が進むわけではない」との声が漏れる。
 橋下氏が、協議会での審議を打ち切る形で辞職を表明したことに対し各会派からは、怒りや戸惑いの声が上がる。民主系会派の市議は「協議会での議論を放棄することになる」と非難。公明党市議団幹部は「今まで協力してやってきたのに…」と困惑気味。自民党府議は「都構想を実現したければゆっくりやったらいい」と議論継続の必要性を強調する。
 再選を果たした場合、橋下氏は改めて各会派に協力を求めざるを得ないが、反発を招く形での辞職表明だけに、難しい対応を迫られることになりそうだ」、、、と否定的にとらえているということは、逆に政府にとって別動隊
としてあった維新の会の西の代表が反旗を翻したことによほど動揺しているのだろう。

でも考えてみれば同じ維新の東の代表慎太郎だって創価学会はもともと嫌いだし選挙地盤も異にしている。維新の会は右翼政党だが自民とは違い創価学会をそもそも快く思ってはいないのだ。

それはともかく、、、

重要な課題は本来直接住民や国民が決めるべきである

原発エネルギー問題だって、地方自治の独立その鏑矢となるであろう大阪都構想だって、議会で邪魔するのではなく堂々と直接の民意によって是非を問えばいいのだとおもう。そしてたとえそれが自分にとって気に食わないモノであっても受け入れるしかないのである。勝てば官軍負ければ賊軍、政治とはそんなものである。

その意味でいままで政敵であった小泉純一郎だろうが軽蔑の対象だった橋下徹だろうが構わず応援したいのだ。現政権を倒すために、、、というより、、、

どんよりした不動の既得権、古く愚鈍な腐った体質、を除去するためには毒を以て毒を制することだってやるしかないのだ。無駄に肥ったシンキロウとか女性の敵禿添を壊すのなら、なんでもあり、敵の敵は味方、この際田母神と橋下に多くの票を集めようではないか。

もとより、

新自由主義の軍門に下るつもりはさらさらないが、澱んだ空気の破壊者(デストロイヤー)には左右関係なく拍手を惜しまない。もう細かい評論や、指摘など聞きたくもない。

ハッキリ言って共産党や創価のお題目、空念仏は聞き飽きたのだ。出来もしないみずほちゃんの乙女の祈りに付き合っている暇はない。僕の人生の納期がもうそれほど残ってはいないのだから。

殿はご乱心ではない!これでいいのだ、これがいいのだ。

これで決まった。細川護煕は悩んだし迷ったが決断したのである。いかにも殿さま自体は正直であり誠実そのものだが殿に付きまとう「悪家老」「悪代官」が多いのは仕方あるまい。それでもやむに止まれず出馬するしかなかったのである。彼自身にとって都知事になってもならなくても、よいことはなに一つもなく晩節を汚すだけでしかないが、なぜか殿の義務感のようなものにつき動かされたに違いないのだ。

周辺の海千山千達にはそれなりのメリットも推測できるが、細川護煕自身にはデメリットしかない。それでも出馬するのは原発を止める千載一遇のチャンスは「今しか」ないからである。

純粋真っ直ぐクンとお花畑嬢そして党勢拡大に利用しようとしている自民補完勢力(ハッキリ言って民青=共産党)は論外としても宇都宮先輩(僕の高校時代の)を推す「あるグループ」の正しく筋の通った理屈はよ~くわかる。日本の次の時代の政治を担うであろう人たち、とりわけ三宅洋平君のところに細川グループの某文化人が一本化のために宇都宮さんを止めさせるように要請に行ったとき、その申し出をただちに断った君の言い分は全く正しかった(と聞き及ぶ)。洋平君の言うとおり細川も小泉もその過去の経緯からして決して許せないと僕ですら思っているのだから。

しかしそれでも、君は間違っている。(今回だけは、、、)、、、とても残念だけれど。


今回の都知事選はもうしばらくは国政選挙がないとされる今日、安倍の暴走を止める手立てがほかになく、原発推進か反原発を決める「最終的な手段」なのだ。そうしないと間に合わないのである。

今現在でも寸暇も休まずどくどくと放射能は太平洋に流れ、大気中にまき散らされ続けているのは誰もが知っているまぎれもない「事実」である。そして「地球儀外交」という名の原発の輸出=途上国へのばら撒きは止まらず、さらに今年中にも再稼働、あわよくば新設すら画策されているのだ。

清く正しく一点の曇りもない「反原発」がただちにデモや次の国政選挙で実現されるとは考えにくい。よしんばその祈りが数年後に実現されたとしても、すでに全てが腐海となった地上には物語のような「風の谷も」なく「ナウシカ」も現実にはいないのである。

宇都宮さんも彼を支持している善良な人達も昔から知っている。彼らにしてみれば、ブログで怪気炎を吐く僕を見ておそらく岩下はついに頭がいかれたと思っていることだろう。ブロガー仲間には所詮閻魔と気取ってもただの小沢教信者だったのかと蔑まれているだろう。

それでなお、

今度ばかりは盗賊、野党の手を借りてでも殿を擁立するしかないのである。

このまま小泉らの権謀術数に嵌って滅茶苦茶になり結果自民党を生き延びさせたとしても、

それでもなお、日本をいや世界を「腐海」にするよりましなのだ。濁った澱みを浄化することは可能でも、放射能に犯された腐海を回復することは何十万年もかかるのだ。それまで人類が存在しているという保証はないが、、、。

くれぐれも間違わないでほしい。今回の都知事選は反原発票を割るとか割らないとかいうセコイ問題ではなくて国民の約一割の国民による事実上の「国民投票」そのものであるのだ。

くれくれも間違わないでほしい。都知事府知事はどんな「ポン介」でも出来る仕事なのだ。そんなことは問題ではない。まことしやかなマスコミの嘘に惑わされないでほしい。

泣くな真央ちゃん!!君は全然わるくない。悪いのは、、、

OSK201002260103石原慎太郎は、バンクーバーの結果について
 「もうかわいそうで見てられないよ。あれが日本の実力なんだよ」 
注目の浅田真央銀メダルについてコメント。 「ない。残念だから」

彼の悔しさの本音の発露だろう。また前日の都知事の会見でも
「わたしね、やっぱり選手たちがね、思ったより高く飛べない、思ったほど速く走れないのはね、重いものを背負ってないからなんだよ。国家ってものを背負ってないからね、結局高く飛べない、速く走れないと私は思いますね」
また、高橋の銅メダルに関して
「いいんじゃないんですか、それは。一歩一歩。金メダルじゃないんだろ?」 「まあ、銅から始めようだな、まさに。別にそれは、わたし否定もしませんよ。しかし快挙かね、それは。それほど」

lcl0712211846000-p1慎太郎の問題発言といえば、問題だろうが、マスコミが一日中オリンピック放送をして、メダル、メダルと大騒ぎしていることへの皮肉でもあろう。毎日ほとんど全局で、低調な冬季オリンピックを空騒ぎするのは、高い放映権を買っている割りに盛り上がらなくて、コストわれしないように、視聴率稼ぎに血眼になっているからだ。東京や札幌でのオリンピックの時のように、いまさら高度成長期でもなく、国威発揚でもないから、テレビの収益はそれほど上がらない。しかしオリンピック放送権料はとてつもなく跳ね上がっている。だからテレビだけの空騒ぎとなって、見ているひとがしらけているのは事実だ。苦戦といわれるけれど、これが日本のオリンピックの平均的実力である。たんにマスコミが騒いでるだけなのだ。

サッカーもそうだけど、韓国にはもう勝てない。というより、これから発展していこうという国にスポーツで勝とうとするのが、ムリなのだ。国技である大相撲ですらモンゴルはじめ外国人に上位をしめられており、覆すエネルギーはもうない。大鵬も玉子焼きも飽食の時代には不要なのだ。根性も克己心も空腹からしか生まれない。慎太郎の人権無視発言は毎度おなじみ右翼的で、いけすかないが、だれもいわない一面の事実をいいあてている。マスコミがスポーツをだめにしているのだ。

一番の被害者はアスリートである。低開発国では国威発揚の道具とされ、日本のような先進国ではマスコミの宣伝財に使われる。浅田真央なんてまだ19のいたいけな少女である。そんな可憐な少女を泣かせているのは、彼女に金メダルを強要し、煽ってきた強欲なマスコミでしかない。堂々2位にも関わらず、ミスした自分を責めて泣いている。己の欲望のために、年端もいかない少女を泣せる大人達は許せない。

時代劇なら、こどもに曲芸をさせて金をかせぐ悪い親方でであり、鞍馬天狗に斬られて当然の役どころであるが、現代ではその悪い親方をプロデューサーとよび、いくら呼んでも、天狗の叔父さんはやってこない。

ヨナちゃんも真央ちゃんも、真面目に努力してきた純粋な「いい子」である。しかしメダルの重圧を彼女達に背負わせてきた大人達の、どろどろとした欲望は醜い。

石原慎太郎のナショナリズムはオリンピック精神とは、まるでかけ離れている。しかしスポーツをビジネスにしていることへの彼の嫌悪感には、つい頷いてしまう。マスコミはオリンピックしか伝えることがないのか!
記事検索
最新トラックバック
livedoor プロフィール

shunzo

最新トラックバック
  • ライブドアブログ