岩下俊三のブログ

黄泉の国へは何時でもいける。生きてる限りは、やはり「反帝反スタ」のままなのだ。

自民党

平成の「ねずみ男」・舛添要一の空回り「野望」

漫画家6ab46b9edbcb0f28水木しげるが、「ねずみ男」というキャラクターを考えて、世の中で大うけしたが、このトリックスターを地で行く男が後世に現れた。当初水木は予想もしなかっただろうが、容貌だけでなく、金と女に異常な執着があるため、これが絡むと、容易に仲間の「ゲゲゲの鬼太郎」(別名:自民党)ですら、裏切る性格もにている。それでいてドジで間抜けなところまでがそっくりである。禿頭かどうかは本家「ねずみ男」がローブを頭から被っているので不明だが、360歳という設定だから、多分同じだろう。それはなによりその「せこい」ありさまが、舛添要一が「ねずみ男」といわれている最大の要因である。しかし半妖怪「ねずみ男」と政治家「舛添要一」はなぜか、ふしぎと人気がある。

舛添が教職を頸になったあと、田原総一朗に拾われ、バライティ番組もところ構わず出演しまくっていたころ、チーフ・ディレクターだった僕は、いつも生意気?な女と一緒に局入りしていた舛添の下卑た、すぐムキになる性格になんども遭遇した。このブログにコメントをよせてくれる某君も、昔一緒に仕事をしていたから、今ほど売れていない舛添のことを覚えでいるはずだ。

片山さつきとの「割れ鍋に綴じ蓋」関係など知りたくもないが、さすがにかって夫婦だけあって、名誉欲と根拠のないプライドの高いところは、そっくりだ。こういう手合い、つまり学歴至上主義で高度成長したけど、根が軽薄な戦後の申し子の典型が、政治家になり、自民党総裁や新党結成をねらうとは、チャンチャラ可笑しい。自民党のわりとましな政治家・茂木敏充が舛添を称して「オオカミ中年」とはよく言ったものである。党内でも彼を利用しようとする輩はいるが、人望は皆無である。出自を言うと差別になるけど、舛添はもとは九州・八幡の貧民であり、その反動で湧き出る異様な出世欲がボンボンの多い政界では、なんとなくひとを遠ざける原因となっている。

lcl0804091103003-p1おなじテレビタレント仲間・そのまんま東にも敬遠されているにも拘らず、忘れられないように話題作りとして、さまざまなパフォーマンスをする姿勢は、さすがに使い捨ての多いテレビ業界で飯を食ってきただけのことはある。タレントとしては見上げたもんだが、この「ねずみ男」に一国の舵取りを委ねたいという国民の「総意」を聞くと、未来に絶望するしかない。ついにテレビという浮薄見世物小屋が、政治を司り、国家を滅ぼすことになろうとは、、、、。歌い踊ったジュリアナ東京から20年、今度はテレビ俺俺詐欺に騙されることになった。余生短い自分は諦めがつくが、政治的無関心が増大し、「ねずみ男」という妖怪が跳梁跋扈する未来を、若いひとは許容しているのであろうか。

どうせ下品ならこう言おう。「舛添要一・見上げたもんだ、カラスの小便」

与謝野馨の脱党でも「公平公正な税」にはならない

6ec170e1c1dcba96自民党に離党届を提出した与謝野馨元財務相と、離党組の平沼赳夫元経済産業相が早ければ8日にも新党を旗揚げする方針で合意していたことが3日、分かった。新党の代表(党首)は与謝野、平沼両氏が共同で務める。新党の規模について両氏周辺は「結党時は5人」と言明、政党要件の国会議員5人は確保したとしている。元議員を含め最終的には10人規模になるとの見方もある。

 新党は「反民主、親自民」を掲げ、夏の参院選に候補者を擁立するが、自民党との違いが明確でなくベテラン議員が多いため、有権者の支持が得られるかは定かではない。一方、離党が相次ぐ自民党は参院選戦略の見直しを迫られそうだ。

 新党メンバーは、与謝野氏に同調して週明けに離党届を提出する元幹事長代理の園田博之衆院議員のほか、元運輸相の藤井孝男参院議員も参加するとみられる。保守色が強く平沼氏と立場が近い中川義雄参院議員や、平沼氏と一緒に衆院会派を組む自民離党組の小泉龍司、城内実両衆院議員にも参加を求めている。 (共同)

photo167348自民党本部では、与謝野の離党は織り込み済みとして、動揺していない風に装っているが、内心穏やかではない。「反民主」「受け皿・第三局」であっても、自民党の「歯抜け」現象は、若林のような「まぬけ」現象とともに、止まらない。
しかし、与謝野ともあろうものが、自民党を飛び出して、あたらしい「保守の風」に乗ろうとしている軽薄な行為を、なぜ取ったのか、解せない。財政健全化を旗印に、消費税に切り込む「姿勢」だけは頷けるものの、ちょっとやり方が違うのではないかと思う。

なぜなら二つの懸念が想定されるからだ。一つは彼は政策学問型で、もともと政治とくに政局の賭けに弱く(もともと博徒である小泉とちがって)、容易に平沼達の権謀術数にとりこまれそうだからであり、もう一つは、財務官僚と同じ頭脳構造のため、税金は取りやすいところからとるという大蔵省時代からの悪習に、染まっているということである。すなはち、間接税しか考えてない欠陥があるのだ。

税の基本は、租税とは各人の担税力(租税負担能力)に応じて公平に負担されるべきという原則と、租税に関して全ての国民は平等に扱われるべきだという原則があり、これを読み違えている。なぜ与謝野が大胆に直接税に切り込まず、金持ちを庇護しているにか。一般的には金持ちや大企業に厳しすぎると、資産が海外に逃げていくという神話があるが、これは根拠が薄い。理論的に間違っているのに、与謝野のような頭のいい人が、それを追求せず、財政健全化のために、なぜ消費税ばかり言っているのか。それには訳がありそうだ。

私のような貧乏人の僻みだとおもわれそうだが、実際、与謝野のような名門旧家に生まれた人間は、たしかに国を憂う崇高な意志を持ってはいるが、保守的なシステムを変えることはしない。失うものがないのが庶民なのに、庶民にたいする憐憫の情はあっても、自らを無にすることは考えられないようだ。実際会ってみて加藤紘一にも似たような感触があったが、紳士的で人道的だが、それがかえって、革命的エネルギーを懐柔している。それでは永久に貧富の差を「改善」できない。

歴史的に暴君ならギロチンしやすいが、名君は大衆の怨嗟をまぬがれてきた。しかしあくまで既得権益をもったままで、「善政」を施そうという手合い(保守リベラル)に、もう国民は騙されない。

本人は善意だろうが、与謝野馨の新党結成は、間違っていると思う。税制全体を革命的に改善する気はなさそうだから。新党をつくっても、保守のままであれば、元の木阿弥、自民党「長老支配」を飛び出した意味がないといわざるをえない。

毛並みだけでは、だれも支持しない。晶子が草葉の陰で泣いている。
「嗚呼、君はやまる事なかれ」

小沢一郎が馬鹿に妥協してまで、幹事長辞任できない理由

166075_c450生方を呼び戻してまで、なぜ小沢一郎は政治権力を維持したいのか。マスコミの世論調査など知らないと言い張り、一方で農協や医師会、全土連などかっての自民党の牙城だった外堀を確実に埋め、検察にもこれ見よがしの力を誇示しているののはなぜか。利権政治の象徴であった箇所づけをしてまで、行政を動かしているのは政権与党でしかないことを、思い知らせているのか。政治と金でイメージをダウンさせ、前原、枝野たちに自らを批判され、それでもなぜ幹事長にとどまるのか。不思議ではないだろうか。

gijidou01これはマスコミの陰謀だとか、検察の陰謀だとかいわれるが、はたしてそれだけだろうか。じつは「風」で当選してきた議員はもとより、七奉行やボケがつよくなった渡辺恒三ですら、権力に無知であることに起因している。自民党が野党なれしていないのはご愛嬌だが、民主党が権力を知らないのも考えものである。ご存知のようにすべては国会の議決多数で決まるというあたりまえのことが、意外と知られていない。税金で集めた金をどう使うか決めることができ、決まったことは実行され、下手に逆らえば公務をさまたげた罪に問われ、強制的に拘束される。極端にいえば、警察や軍隊だって、国会で多数を占めた党のおもうがままであるともいえる。官僚組織がいかに絶大だとはいえ、政治権力の指揮権下にあるのだ。

はっきりいおう。権力の実権さえあれば、安泰なのだ。逆に権力の実権がなければ容易に拘束され、殺されることだってあるのだ。

民主党にあって、こうした権力の本質と恐怖を実感として知っているのは
残念ながら小沢一郎しかいないのだ。闇将軍などというマスコミの造語にごまかされ、彼の師・角栄も金丸も結果獄に繋がれ非業の死を遂げたことを彼は学習している。

だから幹事長を辞めるわけにはいかない。イメージ戦略や「風」を計算して小沢一郎が一旦幹事長をやめて、闇将軍になるなどというデマロギーを流布しているマスコミや反対勢力(自民党だけでなく民主党内にもいる)
に断固として乗るわけにはいかないのだ。

権力にあるものが、一旦その地位を降りたとたん、やられるのは政界のみならず、世界の歴史である。そしてそれを熟知している小沢一郎は検察への抑止力としても、辞めるわけにはいかないのである。

政権交代という奇跡で生命が維持されている男の、生命維持装置をはずすという輩の馬鹿さかげんがこの二、三日つづいている。

政治家の劣化もここまできたか。

園田博之では与謝野馨を担ぎ出せない

YRYA43004001K_1園田博之は当選7回にも関わらず閣僚経験がなく、折角付いていた党の役職・副幹事長も辞めた。もともと「新党・さきがけ」系?の人物であり、前原や枝野とは党を超えたつながりが強い。その一方で亀井や平沼といった連中とも親しい。自民党では、なぜか余り目立たないようにしているが、与謝野の側近として、政界再編のキーマンとされている。不思議な人物である。

個人的には、さきがけにいた頃から顔は、知っていたがまったく注目していなかった。ただ、親父の園田直も同じ熊本県であり、直の複雑な関係の落とし子がいることは、子供の時から聞かされてはいた。


sonodasunaosonodatenkoukou









子供のころから、園田博之は父・直(写真左)と松谷天光光(写真右)との「白亜の恋」の犠牲者だと、地元では聞かされてきた。つまり父の不倫に始まり、結婚にいったため、前妻の子である博之は、継母・天光光を恨みながら育ったことになるというのだ。長じても最初はただのサラリーマンをしていたが、父の急逝で、結果、父の地盤を継母と争うことになったのである。

いまでこそ、女性議員の活躍は目覚しいが、当時、進歩的な女代議士でしかも、不倫の末保守系代議士・直とむすばれた天光光は、議席を失っていた。しかし政治意欲は衰えず1986年、「骨肉の争」を演じたが、結局息子にあたる博之に破れて政界を事実上引退した。東京生まれで、地盤も東京であり、進歩的な彼女と保守的な熊本での戦いには最初から、当選はむずかしかったのかもしれない。

ちょうどその頃、僕はニュースステーションという番組で、選挙報道をやっていたので、裏話も随分聞かされたが、所詮世襲だと思って、関心は薄かった。しかも、僕の地元熊本県でも、園田家の地盤は天草が中心で、岩下家の本拠地、菊池や阿蘇とは言葉も風習も微妙に違っており、接触はなかった。田舎の選挙は狭い範囲での地縁血縁が重要なのだ。

ゆえに園田博之は知らない。しかし園田が自民党を動かしたり、新党を結成したり出来るとは、想像できない。与謝野馨もそうだが、先祖のストーリーが大きすぎると、理論はよくても大胆な行動は、えてしてできないものだ。

鳩山邦夫脱藩劇、大山鳴動鼠一匹というところか。

鳩山御殿の兄弟は党に義理があるはずもない

plc0809242252029-p1鳩山邦夫のパフォーマンスや思わせぶりな発言は癖であろう。胡散臭いのは顔だけにして欲しいのだが、新党結成に重大な決意があるようなことを、ほのめかし、与謝野馨や舛添ブームに便乗しようするなど、戯れが酷すぎる。政治家だから真意がないことは、承知しているが、自らの趣味と同様、蝶のように舞いすぎるのはいかがなものか。角栄が秘書にしたのは、自分に能力があるからだと勘違いしている。角栄は鳩山家の人間だから子分にしただけのことで、目白の庭の池に錦鯉を飼うことと、なんら変わらなかったのだと思える。その邦夫も年数が経ち、苔が生えて来た割には、後から政界入りした兄に先をこされ、面白くないのであろう。でもまた自民党を飛び出して、展開が開けるとは思えない。出戻りがまた出て、どうしようというのか。
                                                                             
                                              
originalでも、ママから何億円もお小遣いをもらう、この兄弟には何を言っても無駄かもしれない。自民党だろうと民主党だろうと自分が金を出すのだから、党にはなんの義理もない。好きなように飛び回ればいいのだろう。趣味で政治家になっているのだから、地位や名誉に恋々としないのは、この兄弟ならではである。ただ自分たちは何にも困らないからいいが、国民はたまったものではない。鳩山御殿でなく、狭い団地に住んで、「痛勤」して安い飯を食べている人間を彼らに想像せよというのも、無理だろう。しかし、政治的決定が行政を操り、そのなかで生活している庶民がいるのに、マジックや揺らぎの気まぐれで、やっては無責任だ。お爺さんや親父は「ノーブレス・オブリージュ」を教えなかったのだろうか。

鳩山邦夫も由起夫とおなじく、浮世離れしているのは、欲に目がくらまないだけ、他の政治家よりましだというひともいる。しかしそれは他の政治家が酷すぎるのであって、彼らがいいとか、悪いとか言う問題とは別である。

それでも邦夫は、わが道をを往く。自慢の手料理で、太ってはきたが、豪放磊落、成績優秀、多趣味に文句はなくいが、もうすこし真剣に政治をやって欲しい。政治は実生活に直結しているのだから、邦夫には関係ないけれど。

記事検索
最新トラックバック
livedoor プロフィール

shunzo

最新トラックバック
  • ライブドアブログ