岩下俊三のブログ

黄泉の国へは何時でもいける。生きてる限りは、やはり「反帝反スタ」のままなのだ。

蓮舫

風邪引いちゃった

少しばかりの夏風邪?らしきものでここ二〜三日朦朧としていたが、なにより、何のやる気もうせたことで改めてわが加齢“感”なり寂寥感が際立たったタイミングで丁度このニュースが湧き上がりさらに吾が絶望感に拍車をかけてしまった。

なぜなら

もう十年以上前から「年金問題」は破綻しているにも関わらず「百年安心」という国家的”呪文”に騙され続けた結果、このたび金融庁が出した「老後に備えた博打のススメ」について国会で大騒ぎとなっているけれど、もとはといえば、有権者が選挙前に「口当たりのいい」国家詐欺につい騙され続けてきた慣れの果てということも出来る。

QcLH_mUSv_s90AEhBs36hQ==_109951163208747529


だから

もともと愚民だから国家が詐欺るのか、はたまた国家がずっと国民を騙して来たから結果「愚民」となったのかは判断しかねるものの、これが愚民であれ賢民であれ「国民の安寧を旨として富の再配分をはかる」べき政府としての本来の機能を完全に逸脱しているということはいえるのであって、、、、

もし

国会という民主主義の装置をゴジラが壊しているのでなければ、詐欺師たちの「欲」が市民生活とその人生そのものを犠牲にしてまで当面の利益を拡大せんという「悪巧み」が国会を破壊しているのであって、いずれにしてもこの問題は詐欺師たちの「目先の欲」から発生していることは誰もでわかろうというものである。

つまり

かってのゴジラは核が生み出したと想定されていたが現代のゴジラは「変形(捻じ曲がった)資本主義が生んだ”欲”」であった事が明確になってきたということである。

ゆえに

当の金融庁のトップ・ミゾウユウ氏は読んでいないからあずかり知らぬとさらっと逃げ、シンゾーは誤解を与えそうな表現があったかもしれぬというものの、いずれもこの文書を作成した(作成に携わった)メンバーに博打の胴元(金融投資業界)が加わっているのだからこの金融庁金融審議会の報告書が「投資」を勧誘するのは当然のなりゆきというべきであろう。

しかし

元「豪腕」の手下の裏切り者はさすがは海千山千の選挙のベテラン「2000万円の話が一人歩きしている状況だ。国民の皆さんに誤解を与え、不安を招いており、大変憂慮している」と言って党内の引き締めをやっているはいるが、安倍長期政権は野党のただ騒ぐだけの「蹴鞠作戦」に支えられているだけに何があろうと楽勝だろうという与党議員の「緩み」はまったく変わっていない。

もとより

これは何度も強引な法案が国会を通過しても「ほどほど」騒いでそれでおしまいというストーリーを野党のみならずマスコミらが創り上げ、そしてなにより有権者の「諦め」という根拠のない、しかし強い「印象」が安倍長期政権を不動のものとしているのであるから、政府の態度がどうであれ、選挙には影響ないと思えるのであろう。

もとより

「年金問題」は与党の鬼門ともいうべきトラウマとはなっているが、だからと言って政権交代しても「よくはならない」し、かえって悪くなりかねない?のを有権者はすでに学習しており「変革」にたいする「甘い幻想」すら持つことを「諦めて」いるのである。

だから

国民は一時的に「怒り」はするものの現実は金融庁の言うと通りであって、一般人には所詮果たせぬ「夢」である老後を支える2000万円得るのには別なお勤め(盗み)か投資(博打)しかないと考えるのが普通であろう。

ゆえに

庶民に一攫千金を狙って足りない分を補わせようとする博打の胴元の親分衆(金融関連の)が「不安」煽る文書を宦官どもに作らせたのはそれなりに古典的ではあるがその筋書きと意図が分かるけれど、それとは別の厚生労働省という役所が専門の年金問題をすでに「十分」調べてはいるけれど与党に忖度して表に出さないというのは如何なものであろうか。

そんなことすると

よけい年金問題が最悪な事態になっている報告だから参院(同日?)選挙以降でないと出せないのだという類推を呼びかねないと思われるけれど、トランプとの日米交渉の結果「発表」も選挙後に先送りだし、ひょっとして有権者は政治経済そのものに関心がないから「そんなことは」まったく関係ねーと与党はたかをくくっているのかもしれない。

つまり

猫じゃあるまいし、、、、甞められれば甞められるほど有権者の安倍支持が高まることが過去の選挙の経験から与党が学んでおり、何があろうとローカルなレベルでの選挙において野党がいくら建前「一本化」が進んでもばらばらなのに比べるとナンミョウ・自民の結束は固いのだから微動だにしないことを彼らが経験から熟知したということである。

したがって

百年安心な年金制度は完全に安心とは程遠いものになってはいるが「制度」そのものはまったく破綻していないのであるから与党は年金制度は磐石であると強弁しても大丈夫なのである。

ちなみに

中学生にも分かるのが本ブログの趣旨であるからプロからすれば退屈だろうがこの年金制度のシステムについて少し解説すれば、硬直した賦課方式であれば「現役世代と年金受給世代の比率が変わると、保険料負担の増加や年金の削減が必要となる」(厚労省の説明)どおり少子高齢化では「払う」側の働く若い人の支払いが増えて「貰う」側のお年寄りへの支払額が減るということである。

したがって

どうなっても「制度」そのものの破綻はなく為政者は百年安心であるが、国民の生活が破綻するから国民の人生はいっそう不安になるということなのだ。

もっというと、、、

爺ちゃんは年金をもらえる年齢が先延ばしになって、貰ってももらえるゼニまで少なくなって僕が貰うはずのお年玉やお小遣いがなくなるということ、そしてお父さんの給与やお母さんのパートからもたくさんの保険料支払い義務があってお金が足りなくなり、とても僕の買いたいゲームやグローブなんか買えなくなっちゃう、、、ということだ。

すなはち

それでも「保険制度」は破綻せず百年安心なのだから大丈夫!というのはあまりにも有権者を馬鹿にしているというしかない。

それでもなお

そういう現政権を支持したいというのなら、それこそ「愚民」の成れの果て=塗炭の苦しみを「いずれ」あじあうしかないだろう。

えつ、

批判ばかりで岩下俊三には「対案」がないってか?

何っ、

馬鹿言ってんじゃねぇよ〜、おいら達ができるのは政権をいつでも交代させ「られる」ことなんだぜ!

だって

奴らがいつでも首になっちまうと思ったら、もっとまじめに考えるだろうがぃ〜奴らをもっと働かせりゃいいんだよ。

それでも

年金問題はちっとも解決してねぇて?

てやんでぃ

馬鹿野郎!それを考えるのが政治家ってもんだろうがっ!ただ飯食って、、、

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

IT不倶がバカを相手に書くブログ

o0640048010402021832
どうもまじめにブログをやっても意味がないことが最近分かってきたけれど、それでも排除せずあらゆるものを受け入れて天下に恥をさらし晩節を汚さんとする企みに乗ってしまう自分がいるようだ。

それでも

社会正義を掲げ、己が無力を嫌というほど舐めつくされて死ぬのがわが人生にふさわしいと諦めてはいる。

しかるに

世の中にはびこる真正の大ばか者を批判しつつ自分はその上を行くバカとともに人生を送ろうしている。

これこそ

因果応報、好きな人生を送ってきた自分への運命の懲罰であろう。甘んじて受けるしかない。

したがって

いくら悪魔の化身に疎外されても僕は調べて調べて調べ尽くし、取材し取材し検証しつくして考察し、あくまで愚直に「正義」を貫き、あくまで真の自由を獲得したいと思っている。

そして

いくらドンキホーテと笑われても「ならぬことはならん」と言い続けて、いくら誤解に誤解を重ねようとも「僕は」僕の日本語で通訳なしで正論を論じたい。

、、、と論じてきたが

pcの調子が悪く、またブログを展開する気にもなれない。

どうせ

ヤクザな相撲興業しか興味のない国民に何を言っても無駄だし、野党政治家だって自分の主張だけ細かく言って連帯を拒み安倍独裁を側面から支えている現状はあと100年ぐらい変わらないし、もうおいらの出番は完全になくなったのだからやはり老兵は消えゆくのみであろう。

にもかかわらず

さらに晩節を汚し恥を晒すのも俺らしいかと思っているのだ。

ゆえに

誰も来ない、あっても無意味なコメントしかないブログこそが自分の運命であろう。

、、、、といいうことで

今年は残念な年末となったが来年はもっと悲惨で残酷で馬鹿馬鹿しい一年になると思われるがそれもまた平成の終わりにふさわしい。

ただ

分かってはいる、無力であり今更政治家になりたくもない僕が「政治」を語ることの無意味さを知り尽くしてはいるがそれでも壊れそうなpcを使いIT不倶者のメッセージは届けたい。

鳴かぬなら潰してしまえ民進党

7
可愛い真央ちゃんの陰に隠れてこそこそと泥船から逃げ出していくモナ男くんにつづいて民進党一の鉄ちゃんもそろそろであろうと思われるが、いずれにしても泥船自体の崩壊も近いと思われる。むしろまだ崩壊していないほうが世界の七不思議であったのだが、、、。

しかし

もともと泥の中にしか生息できない泥鰌=野豚はさぞや住み心地がよくなると思われているが、優柔不断、、、時には安倍政権を陰から支え、ある時は共産党に秋波を送るというやり方に対して党内(もはや党と言えるかどうか?)では不満が渦巻いているようだ。片岡知恵蔵じゃあるまいし(古い!)片目の運転手ってか?

しかるに

その蕪矢が都議選になるのは火を見るより明らかで、民進党系の都議団などは最終的には誰もいなくなることだってありうるし、来たるべき総選挙にしてもいち早く逃げ出した長嶋君だけでなく次の当選が危うい議員が騒ぎ出してまさに「火のクルマ」状態であり「火車」の宮部みゆきもびっくりと言ったところであろう。

ゆえに

決して嫌いじゃなかった蓮舫君がなぜ野豚に籠絡されたか詳しい事情は知らないが、汚れたことは確かでありなぜ泥に汚れたまで野豚に魅力があるのかが一向に理解できない。

もとより

野豚自身が財務省に汚染されて久しいのだが、お釈迦様じゃあるあるめえし、最後は「かの?」財務官僚だって利用価値がなくなればさっさと逃げ出し、誰も手を差し伸べないというのをまだ知らないらしい。

だって

民進党の基盤であった「連合」ですら逃げ出しているというのに、まだ権謀術数を今まで通り駆使すれば、己だけは生き残れると期待しているらしい。

しかるに

千葉県民がいくら愚民の塊だからと言って八百長プロレスが永遠に続くと思っていたら大間違いである。

この

日本を破滅させるべき長期安倍政権を樹立させた生みの親(張本人ともいう)を自負していまだに裏から権力を支えていてもいつまでも続くはずもなく、その安倍政権自体がすでに役立たずと見なされ見捨てられているというのにである。

しかるに

冥土の松下幸之助もさぞお嘆きの事と推察する。戦後の政界史上最低最悪の男が政経塾の一期生であるとこを、、、。

変革できない奴らを放逐しろ!

yjimage
明治天皇が「神?」と誓約された御誓文に「上下心ヲ一ニシテ盛ニ経綸ヲ行フヘシ」と国家の進むべき途をしめしてあるのを皆忘れているのだろうか。

ちなみに

この国会では今上天皇の退位を巡る課題が挙げられるのが予想されているため、国会自体が何となく控えめに(粛々と?)とあまり議論が盛り上がらないことを良しとする与野党暗黙の了解がなされているらしい。

しかし

たとえ無駄に大騒ぎすることは控えたとしても「盛んに議論する」こと自体は国会議員の義務であり、また活発な議論の積み重ねこそが歴代天皇が真に望まれていることは明らかなのだ。

にも拘らず

代表質問も総理の答弁も百年一日「より」もっと低調なまるでお通夜(野次だけが虚しく響くが)のような与野党間の質疑応答が延々と続けられているのは眞に情けないかぎりである。

もとより

冒頭解散の野望は当初のもくろみが大きく外れ、総理が解散のために慌てて用意した数々の外交イベントがすべて失敗に終わり、基本的な政策のアベノミックス・アドバルーンも「実質」完全に萎んでいるのである。

おそらくは

本国会会期中にもますます状況は悪化するはずで、都知事選を超えてもなお政権与党が解散に踏み切れるだけの「好材料?」も、もう「ない」と思われる。

それでも

安倍内閣の支持率が下がらないのは、巷間言われている飼いならされたマスコミ犬の「せい」だけはなく、まして丁度良いタイミングの「北朝鮮砲」の打ち上げや中国の海洋進出に「ちょっかい」の「せい」でもない。

そんなことよりも

昨日今日も行われている民進党の幹事長と党首の演説を聞いて国民が感じるまたかの「落胆」こそが安倍支持率の維持に最も貢献してると言わざるを得ない。

だって

あの期待を裏切る天才のような稀勢の里だって宿敵をぶん投げて堂々の優勝と横綱の座を確保したというのに、民進党は民主党時代から延々つづく「期待させて裏切る」パターンのショーを飽きもせず「まだ」繰り返しているのだ。

これでは

自民一強が未来永劫続いていくことであろう。あの絶対的一強として君臨した白鵬の時代ですらようやく終わりそうな気配なのに、日本の国会では八百長相撲が今後も継続することになるのだ。

しかるに

トロイの木馬というかトロイの木豚とそのパシリを政界から永久追放しない限り、日本人横綱は生まれることはないと「断言」してもいい!!!!

悪い冗談「強行採決」罷り通る。

6700031823_2150d96c70
6700031823_2150d96c70
なぜ代わり映えのしない国会の画を何度も提示するかといえば、此処こそが「この箱」の実態であり、中身でしかないからだ。

すなはち

百年一日(実際は約80年)のごとく、いつもの国会議事堂の「景色」とかわらぬ年中行事(祭事)を繰り返す場所でしかないと言っているのである。

つまり

威風堂々たる国会の景色は中でおこわわれている馬鹿馬鹿しいから騒ぎの年中「行事」の場でしかしかないのだから、どうせやるならもっと「プロレス興業」をやるのにふさわしい場所を選んでほしいものであるとおもう。

しかも

いくらエンタメとはいえ鍛え抜かれたわかもののパフォーマンスなら見ても損はないだろうが、ふやけた親父たちの酔っぱらいの喧嘩「モドキ(なぜなら「お約束」だから)」を年中行事として「しかも」有料(税金)=木戸銭払って毎回見せられるのだからたまってモノじゃない。

ゆえに

年中行事とか風物詩ならせいぜい「ニュース枠」では酉の市とか「エンタメ枠」なら年末の紅白だとか程度にとどめてほしいものであるが狗Hkも意地悪だ。オジサン(爺さん)たちのつまらない恒例「国会」出来レースなど吐き気こそすれエンタメにもなっていないではないか。

いいか

伝統芸ってのは能や歌舞伎を指すのであって国会乱闘を指すのではない。

まして、

毎度お馴染みの「強行採決」やって何が面白い?

それとも

目新しくもないことを「祭事」として年に一度ぐらいはやらないと「毎度お馴染み」ではないと言うのならどこかの寄席でも探してやるといいではないか。

もっとも

そんなつまらない「芸」をやっても客を呼べないから寄席の会場からも断られるだろうけれど。

だから

国会でやっているのか、、、。

それこそ

蓮舫いうところの「悪い冗談」である!!



悪い冗談と言えば安倍が企て野田豚が援護射撃しているTPPの早期成立を「失言」とかそれこそ「冗談」で成立しそうな絶妙のタイミングで巧妙に遅らせているのは「実は」石破茂の命で送り込まれた外様大名・山本大臣
自身の自爆攻撃ではないか、、、、とも「永田町」では言われ始めている。

なるほど

「悪い冗談?」の連鎖は続くものである。権力闘争の嫉妬はいかにも永田町らしいといえば永田町らしい。
記事検索
最新トラックバック
livedoor プロフィール

shunzo

最新トラックバック
  • ライブドアブログ