岩下俊三のブログ

黄泉の国へは何時でもいける。生きてる限りは、やはり「反帝反スタ」のままなのだ。

藤井裕久

「増税」ってなんだろう?実態を具体的に

とくかく腹が立つのは増税を前提にした論議である。

結局わかって意図的にわいわいやらせているだけで結論は決まっていると知っていて、いかにも議論されていることを始めから知っているのはおそらく藤井と古川ぐらいであとは、本気で侃々諤々、屑政治家の馬鹿さを競い合っているようにしかみえない。馬鹿の証明書でも発行するつもりか。

やはり国民と同じように目明き半分めくら半分は国会議員も比率はおなじ、民主主義の成果といえば成果でもあるが、蛙の子はカエル、愚民のえらんだ議員は愚議員であるから、マッカーサーはさぞ草場の影で喜んでいることだろう。
「一億総白痴化大成功」。

今永田町でされていることは、普通、議論とは呼べないが、議院内閣制を維持している建前上、「税制に関する議論が活発に行われ、、、」とマスコミがちょうちん記事を書いてお仕舞いという段取りであろう。

国民を騙す為の合言葉「財政健全化」がどうして「増税」が前提とならねばならないのか、どうも合点がいかない。

誤解無いようにあらかじめいうと僕とか財務省とかの考えている増税とはすなはち「消費税」のことであり、僕は断固反対し財務省は是非やりたいというだけである。

法人税を上げると産業が空洞化する?
所得税を上げると働きたくなくなる?

なにを言っているのか僕にはぜんぜん理解できない。おそらく財務省の台本をそのまま棒読みしているマスコミの情報を鵜呑みにしているひとしか、そんな単純なレトリックの騙されることはないと思う。

さらに不可思議なのは「増税するまえにやることがあるだろう」といってる行革ラッパ集団である。行政改革を公務員改革さらには公務員の人件費一律2割削減とか言っているミッチーの馬鹿息子である。

一律に公務員の人件費を下げたらインセンティブがなくなり益々行政の質が落ちるだけであろう。働かないひとや能力のないひとの高給優遇はやめるべきだが、国民のために働いているひとにはむしろ賃金を上げるべきだと思う。

無駄な天下り先の為の法人は無くすべきだが、必要な公共サービスは予算を増加すべきである。


そんなことをしたら国の借金が増える?

これも僕には理解できない。どこにその借金があるのだろうか、だれがだれに借りているのか、さっぱり分からない。まして借金だらけの国の通貨なら紙切れになるはずなのに逆に円高になっているのだから、「僕」には理解不能なのである。これもマスコミのたわごとであろうが、シナリオライターは記者ではなくて官僚だというから一層笑えるではないか。

国民だますにゃ刃物はいらぬ。テレビ新聞見せりゃいい。(財務省狂歌)

いずれお世話になるだろう財界に弓引く馬鹿が何処にいる。いずれ自分を引き上げてくれる先輩のやったことに反対する馬鹿が何処にいる。国民を目を向けて自分の省庁の省益に逆らう馬鹿が何処にいる。

取り易いところから取るのが税金の鉄則。法人税、所得税で苦労している庶民がいたら見てみたい、そんなものではなく具体的には貧乏人に実感がある消費税を上げるのだ。

税金が高いと泣いているのは、実は消費税と他の「税のようなもの」であって、法人税、所得税ではない!

「国税」と勘違いしているのは「健康保険料」「年金」「NHK新聞代」「電気料」「その他公共料金」「住民税」などのトータルであって、国税を具体的にいくら払っているか考えることである。

おそらく貧乏人には所得税論議は「それほど」関係ないはずだ。「増税」によっていままで払っていた税金が年間一万円以上上がるような金持ちがいたら申し出て欲しい。

たぶんいないと思う。だから机上の空論はやめよう。マスコミ広報に盲従しったって何もいいことはない。

取り易い「消費税」を際限なく上げる陰謀に反対しよう。偽者「増税」論議に嵌らないよう気をつけよう。お互い貧乏人同士ではないか。

三顧の礼で今様孔明・藤井裕久に頼んだというが、、、

minshu前回余りにも野田ブタが目障りで興奮してしまい、肝心の民主党党首選の佳境に入った情況をエントリーするのを忘れてしまった。これでは政治ブログになっていない。反省!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

余りにもばらばらと見知らぬ顔が候補者になるので、嫌気がさしている方も多いと思われるが、実は「某座敷牢関係者」による「斟酌」によると、これが好都合なんだという。それも声を挙げる人物の下馬評の数ではなくて、実際に立つ候補者の人数が多いほど、「御大」の力量を誇示することが出来るというのだ。

具体的に話をすると、「経験豊富で命がけで」この難局を乗り切れる人、すなはち裁判中(たとえ推定無罪であっても)の小沢一郎自身の代理が出来る者は他にいないとされており、かなり前からの意中の人がだったのである。

ところが小沢本人がその意中のひとに直接電話したにもかかわらず強く固辞されたので、それであっさり独自候補を立てる主戦論を諦め、あとはかってに党首選の成り行きに任せるということになったらしい。

もちろん電話の相手は藤井裕久であったことはすでに、終わったことだから関係者ならだれでも知っている。藤井についてはなんどかこのブログにも登場しているので詳細なプロフールは繰り返さないが、あの小沢一郎が唯一、尊敬し、かつその有能さに嫉妬すらした人物である。

そのことを機に民主党総裁選にほとんど「御大は」興味をしめさなくなったと「斟酌」氏は言うのである。もちろん豪腕は豪腕であることを誇示した上で、雑魚の背比べはどうでもよくなったのであろう。

ということは、野田豚につながる「反小沢」勢力に対して、「親小沢色」が「それほど鮮明ではない」候補がなることで、党内力学を維持したまま党内亀裂を避け、選ばれた新総理にワンポンイントリリーフだけををさせると言うことである。その為には小沢の党内基盤で総理になったという「恩義」を新総理に骨身に染みて分からせておくことが肝要である。菅にような居直りにさせないために。

以上。、、、これだと、ちょっと、あいまいかな?


どうも毎日歯を磨いているワリに奥歯に物が挟まった物言いでまったく切れ味がなくなってきたと自分でも思う。だからと言って歯が悪いわけじゃないと思うから、いつものようにハッキリいうと、、、

小沢鋭仁とか馬渕とか鹿野とか海江田とか○○とか所謂菅内閣の閣僚であって小沢色の強くない(たとば松木けんこうとか森ゆうこじゃ強烈すぎるから)候補に決定的な場面で肩入れしておこうという作戦である。

もっと言えばおそらく阿波狸系が(つまり野田か前原かその他)一位になっても(もちろん非阿波狸系がなることもあるが)これだけ乱立すると一回目の党員投票では過半数には達しないだろう。そうしたら二位三位もしくは二位四位でもいいが、とりあえず二位以下連合を組ませて小沢の数の力だけを実感させると、中間派もそれほど小沢アレルギーを感じずに「二位以下連合」になだれを打つだろうという読みである。

なんで小沢アレルギーを気にするかというと、中間派ではあるが小沢の子飼いでない奴、たとえば鹿野道彦グループにはあの生方といった小沢アレルギーの強いハゲ男君も存在するからである。

だからもう藤井がだめならもう「だれでもいい」という投げやりな態度ではあるが、豪腕神話だけは維持させておくために、中間派に恩を売っておく必要があるのだ。また鹿野たちも多く挨拶に訪れ、それぞれ適当に「がんばれよ」といって候補者をわざと絞らない作戦でもあるというのだ。

一部マスコミにもこの情報がもれているほか、とんでもない筋からやれ松野だ、やれ党外から、とかいう「隠し玉説」の噂が聞こえているが、所詮ガセか意識的アドバルーンのたぐいだろう。また「斟酌」氏の本音も分からないが、おそらく小沢のターゲットが一年後の本格政権であることだけは、みな大体一致した見解である。

これでは、ただ漏れ放射能も瓦礫の処理も景気回復も遅れるだけである。過去を水に流して、藤井の再考を乞う。財務省を統べられるのアンタしかいない。高齢など気にするな!

改造内閣の老人「二人組」よ。財務官僚に身をけずらせろ、これ以上太らせすぎてはならん

6ec170e1c1dcba96おそらく与謝野馨の本質は「過去において最も罪深く、将来においても最も危険な人であるだろう」と後世評されたフーシェ(フランス18〜19世紀)ではないかと思われる。

なにがそうかといえば情報収集能力が人並み外れており、日本に秘密警察でも出来れば多分彼が長官になるであろうと思うからである。

ある意味で彼は情報オタクでもあって歳の割にはITに精通し、もともと通訳として中曽根の秘書になったぐらい語学に堪能である。それに、言うまでもなく党派を渡りあるくことを当然だと思い込む「渡り職人」であると彼自身が認めて迷わないところである。

その東大野球部の先輩藤井裕久も処理能力だけは高い「インテルはいっている」(#^.^#)元宦官であるが、ただ二人に共通しているのは人徳がないこと、これが欠陥である。imageしかし藤井の古巣財務省にだけは例外的に二人とも受けがいいところも共通しているのである。

この高齢者コンビが菅内閣の具体的政策を実現していくであろう改造内閣の目玉であることが、日本の高齢化社会に相応しいといえば言えなくもない。でもそれは、まことに皮肉なことであり、悲惨なことでもある。彼らはなん百年もいきているヨーダではないのだから。

つまりこの老人達に頼るしかないということは、官僚とうまくやっていかなければなにもできないことが、今頃、菅「仮免許」内閣は気がつき官僚に白旗を掲げたということである。

台所はもっぱらこの「老人二人組」に丸投げして、自分は政敵追放に専念するらしい。ところが肝心な相手は、菅を政敵であるとも思っておらずむしろ心配して理不尽な要求にも答えているというのに、、、である。

つまり政策はスーパー「老人組」に預け、政局は相変わらず「阿波狸」に任せようというのである。

菅自身は嫉妬と恐怖にかられ、政治家という本来の仕事を放逐し、連日己は美食に溺れ、○○費をマスコミにばら撒いてさえいれば政権は維持できると勘違いしているらしい。じつはそのマスコミが裏切を策動していることもしらずして。

裏切者は自分も裏切られる運命なのだ。

天に向かって唾を吐けば己の頭上に落ちてくる。天に向かって御天道様に恥じない正義を信じている人間との違いは、此処に来て歴然としてきたのである。

いくら立ち枯れそうな草を引っこ抜いたり、病弱高齢者を再登板させても、その先の実働部隊(財務省)が太るだけである。ダイエットなんだからダイエットしなさい。(^_^;)え、発音とイントネーションが違うってか、、、

そんなことはそこの老人達にきいてくれ、わしにゃ大文字も小文字も関係ないので、よく知らんのじゃ。

アジっても無駄と知りつつまたアジる。脳梗塞の財務省批判

財務省~1官僚批判は多く眼にするが、とりわけその象徴たる旧大蔵省、つまり財務省は日本の政策の殆どを掌握していると言っていい。昭和13年に建てられた財務省のビルは、今では相対的に高層とはいえないが、威風堂々として長くこの国に事実上君臨してきたことを物語っているようである。もともと大蔵官僚であった藤井は別として、菅ごときがいくら議論をしても、蟻地獄のように深みに嵌り、いつか懐柔されている一種の魔界でもある。菅がこの省の大臣であった数ヶ月間、連日勝栄二郎主計局長はじめ、時には丹呉泰健事務次官のレクチャーという洗脳装置で、また慇懃無礼ともおもえる彼らの丁寧な語り口で、篭絡されたことは想像に難くない。

rouka1この財務省に足を踏み込むと、廊下は古く雑然としている。古くお世辞にも近代的とは言いがたい室内で日本の超エリート(かってはそうだった)が長く日本という国家の財布を握って来たのである。政治家の答弁のみならず殆どの原稿もここで練られ、予算も実質的には此処で積み上げれて来たのだ。そこで大事なことは自分たちの都合で積み上げられた予算を政治家の口を通して、国民に納得させているということである。

もっとストレートに言えば管理している部門やその下請け、天下り先各種法人など巨大な税金食い機構に手をつけず、積み上げた国債の負債や将来の社会福祉の原資を国民に負担してもらいたいと言うことである。この官僚の口車もしくは詐術に多くの政治家と国民が洗脳され、さもありなんと半分納得しつつある。実はこれは由々しきことなのだ。

事業仕分けという財務省のシナリオで、申し訳程度の予算を削減しているが、膨大な国有財産、膨大な関連法人、膨大な官僚の人件費の中枢には全く手をつけられていないのだ。物を生産せず管理するという名目で糊口を忍んでいるひとには申し訳ないが、本当は「不要」なものを清算すれば約400兆あり、本当に身を削るつもりなら10年以内にプライマリーバランスは健全化するのだ。

これを過激と笑う人は笑えばいいが、当の財務官僚達のマル秘の試算によれば、そうである(実名は守秘約束であるからいえないが)。しかしこれはタブーであり、政治家は誰一人公言できない。まして権力の走狗マスコミは機密費(税金)は貰っても真実を暴露するなどということはありえない。

つまり革命で首謀者をギロチンにしない限り、未来永劫財務省間接支配は続き、国民の資産はタックス・イーターに食い潰されていくことであろう。

地球温暖化が早いか、国家の根腐れが早いか、いずれにしても滅亡に向かって進んでいることに間違いはない。これも畢竟国民の総意ならば仕方あるまい。

せいぜい財務省名物tokiwa03である「お札サブレー」でもたべて、泣き寝入りするしかない。せんべいも印刷した紙切れも財務官僚の匙加減ひとつなのだ。

「いつまでもあると思うな親と金」
記事検索
最新トラックバック
livedoor プロフィール

shunzo

最新トラックバック
  • ライブドアブログ