2017年07月22日

夏期講習開始!

本当に暑いですね。

午前中鵜の木校舎で授業をしてから御嶽山校舎へと移動したのですが、この移動がまぁ、つらい!!

生徒みんなも大変な思いして塾に来てくれているのだなと再認識しました。^^;

まだ、二日目なのに、なんだかぐったりしております。

ダメだダメだこんなことでは!ということで、甘いものを食べてチャージ!!

いただいたくずもちを!!

2017-07-22-18-22-17


くずもちを食べて20分後、、、、すさまじい睡魔が!!

ダメだダメだこんなことでは!

2017-07-22-18-19-10


ブラックコーヒー、2年前まで苦くて飲めませんでした。笑

今は美味しくいただいております。^^

さて、目が覚めました。

頑張りましょう!

shushin_net at 18:29|Permalinkclip!

2017年06月24日

旅行記 イタリア編 5日目後半 ローマ

5日目後半!
さて、ひとしきり観光をしたら、タクシーを使って、カンポテイフィオーリ広場へと向かいます。ここでお土産用のパスタを買い、すぐそばの高級食材が並ぶお店へ。いろんな材料をふーんと眺めたのでありました。ハムとか買って帰れないですからねぇ。T_T

そろそろ、おなかがすくのです。その姉妹店のピザの切り売りしているお店へ。指でサイズを伝え、切ってもらいます。パリパリのものと、ちょっと厚みがあるものをサイズ小さくいただきます。おいしゅうございました。

でもね、やっぱりローマでもちゃんとしたピザをということで、Dar Poetaへ。人がいっぱいいました。^^;

ブッフォラのピザを注文。さすがのモッチリとサクのバランスが大変良いです。チーズうまーい!
これで終わっておけばいいのに、調子に乗ってあまーーーーーいデザートピザを。甘すぎて死ぬかと思ったのは久々です。チョコレートソースが甘すぎます。リコッタチーズで緩和しきれてなーい!笑

おなか一杯になり、最後に真実の口へ。やっぱりこれに手は突っ込んでおくべきなのかなと移動しました。並ぶ時間は20分くらいかな。思ったよりも短いです。あ、無事噛まれませんでした。

この日は時間もあったので、ほかにもウロチョロとしていました。観光客向けではない教会に入ってみても、それらもすべてとても立派です。キリスト教が根付いていることはそんな日常風景からも感じられますね。

飛行場に行く直前に最後の町中イタリアンをぱくつき、空港から羽田へと帰路に就いたのでした。「帰りの飛行機はほとんど食べずに帰ってきたから許されるはず!」と体重計に乗ると、ちゃんと2kgの増量に成功していました。

イタリア旅行記、無事完結!駄文・雑文失礼いたしました!
jjk001
jjk002
jjk003
jjk004
jjk005
jjk006
jjk007
jjk008
jjk009
jjk010
jjk011
jjk012
jjk013
jjk014
jjk015
jjk016
jjk017
jjk018
jjk019
jjk020
jjk021
jjk022


shushin_net at 18:46|Permalinkclip!

2017年06月19日

旅行記 イタリア編 5日目前半 ローマ

久しぶりの再開。最終日編でございます。

最終日前半。

ローマ散策は続きます。朝からこの日向かったのは、コロッセオとパラティーノの丘、フォロロマーノ。タクシーでぴゅーっとな。どんどん楽を覚えていくのが旅です(笑)。

ローマの古代遺跡が見られます。この施設を見て思うことは絶対王政な印象と富の不平等さ。今も貧富の差などと言いますが、全く違ったのではないかなと思います。パラティーノの丘から回ったためか、ほとんど混雑もなく回ることができました。午前中にひとしきり見学をし、ローマに思いをはせたのでありました。

正直に言えば、そんなに興味がないのは内緒です。世界史はとてつもなく嫌いです。カタカナで覚えるの苦手!!世界史の先生と、やる意味がないと授業を一時間つぶした高校生時代を思い出します。……ごめんなさい。でもやっぱり、興味はありません。

お酒のことを教えてくれるほうがその国の人と仲良くなれますよ♪(高校生には、ダメ絶対。)
jjk016
jjk002
jjk003
jjk004
jjk005
jjk006
jjk007
jjk008
jjk009
jjk010
jjk011
jjk012
jjk013
jjk014
jjk015
jjk016
jjk017
jjk018
jjk019
jjk020
jjk021
jjk022
jjk023
jjk024
jjk025
jjk026
jjk027
jjk028
jjk029
jjk001


shushin_net at 22:30|Permalinkclip!

2017年06月12日

旅行記 イタリア編 4日目終盤 ローマ

では、4日目の夕食のお話とまいりましょう。

イタリアン大好きです。やはり、ガッツリとコース料理も食べておくことにいたしました。いろいろ店を悩んだのですが、知り合いのイタリアに詳しいから伺った、パンテオンソバのお店2件が候補に上がりました。

一軒目が夕食営業開始時間に入ったのですが、なんと、予約のみで今日はフルだとのこと。(写真1枚目)

悲しみに暮れながらトボトボと次のお店へ向かいます。「レトロボッテガ」です。こちらは2名と希望を伝えるとすぐに入れました! ただ、これタイミングが良かっただけで、あと20分ほどですべて席が埋まり、多くの人が帰っておりました。早く行って、良かった! 

さて、料理ですが、前菜・1皿目・2皿目・ドルチェをお酒と共に順番に参ります。非常にしゃれたお店で、カウンター席に座ったこともあり、全部の調理工程を見ることもできました。

メニューは下の写真をご覧ください。こちらのイタリアンですが、コンビネーションや盛り付けで楽しませる要素はふんだんに感じられましたが、結構出来合いのものを使っているのも見られ、日本との違いをいろいろと感じました。

ワインは白・赤・泡などをグラスで希望のタイプを伝えて出していただきました。ランブルスコはなかったものの、皮の色合いが少し出た、重めの泡などをセレクトしていただき、嬉しゅうございました。ボリュームはちょうどよいくらいだったかなと。ウサギや鳩、牛のタルタルなどもおいしくいただきました。

デザートは真っ黒の塊を割るとマンゴーソースが出てきました。

ひとしきり頂いて、1人60ユーロから70ユーロ位。十分満足できる内容でした♪

ごちそうさまでした!

g-083
g-084
g-085
g-086
g-087
g-088
g-089
g-090
g-091
g-092
g-093
g-095
g-096
g-094
g-097
g-093
g-100
g-101


shushin_net at 19:53|Permalinkclip!

2017年06月11日

旅行記 イタリア編 4日目中盤 ローマ

バチカン博物館後は、横のサンピエトロ大聖堂へ向かいます。

暑かったので、ジェラート食いながら。ちなみに、このでかさで2ユーロという現地価格。物価は、安いのか高いのかよくわからないことが多かったです。結構普通にサラリーマンがジェラートとか食べている姿をよく見かけます。

溶けそうなジェラートを早く頬張り、サンピエトロ大聖堂に11時に到着するも、なんだかよくわからないけど入場規制中。13時まで再開しないとのことでした。こりゃだめだと、スペイン広場に電車で移動しました。スペイン広場は、ローマの休日でのスポットですな。って、ちゃんと見たことありませんが。革の手袋を買うかどうかなんぞ悩みましたが、結局買わずでした。暑くって冬のことを考えるのは無理でした……。

さて、ジェラートは食べたものの、ここで、パスタを買ってぱくつきます。2種類のパスタ、どちらもそれぞれ4ユーロ。パスタの製麺所で売られていましたが、大変麺の味がおいしく満足でございました。

革の財布も悩みながら結局買うことなく終わりました。僕らしいと言えば僕らしい。(貧乏性)

その後、スペイン広場⇒トレビの泉⇒パンテオンと散策をいたしました。パンテオンの穴が時間を図るためとか、面白いですよ。あ、世界史は1ミリも興味がなかったですし、もし興味があったら楽しかったのだとは思いますが、敢えて言うならば、理科的な視点から見る世界の史跡も面白いものですよ♪ 途中にガイドブックに載っていないような教会も見ましたが、知られてないだけで、いろんな歴史があったのだろうなと思いました。

パンテオン見てもまだまだ晩御飯まで時間があったので、ウォーキング再開。結構足は疲れてましたが、ナヴォーナ広場⇒サンピエトロ大聖堂と戻ったのでありました。美しく、雅な世界になんともいろいろ感じさせられつつも、、、、もっとも思ったことは、僕は自然遺産のほうが楽しいということでした。頭の上を飛ぶ鳥を写せた時が一番うれしかったもの。笑

g-041
g-042
g-043
g-044
g-045
g-046
g-047
g-048
g-049
g-050
g-051
g-052
g-053
g-054
g-055
g-056
g-057
g-058
g-059
g-060
g-061
g-062
g-063
g-064
g-065
g-066
g-067
g-068
g-069
g-070
g-071
g-072
g-073
g-074
g-075
g-076
g-077
g-078
g-079
g-080
g-081
g-082


shushin_net at 00:28|Permalinkclip!

2017年06月06日

旅行記 イタリア編 4日目序盤 ローマ

さて、少々間があきましたが、まだ文章を書く気持ちは残っております。(笑)

ローマ到着翌朝は、早く起きてバチカンに向かいます。ホテルからてくてくと歩き、最寄りの駅まで。そっから電車で参りました。行列があるものの、ここは予約手配もあり、とてもスムーズにするするっと見学へ。8時半に入りました。

しかし、こちら、また、すさまじく広い。普通に見ていると7時間かかるとか。主要な作品たちを見て回ったのでありました。

システィーナ礼拝堂は別格だったかなぁ。写真撮影禁止なので、画像はありませんが、ここはぜひ訪れていただきたい場所でした。15分くらい座っていると、すべてのものが立体的に見えてきて、まぁ、なんとも不思議な感じでした。

ダビンチ作品も何とも言えない空気でしたぞ。ダビンチ・ラファエロ・ミケランジェロとまぁ、なんとも眼福な時間でございました。約2時間で駆け足見学をいたしました。

g-001
g-002
g-003
g-004
g-005
g-006
g-007
g-008
g-009
g-010
g-011
g-012
g-013
g-014
g-015
g-016
g-017
g-018
g-019
g-020
g-021
g-022
g-023
g-024
g-025
g-026
g-027
g-028
g-029
g-030
g-031
g-032
g-033
g-034
g-035
g-036
g-037
g-038
g-039
g-040


shushin_net at 14:00|Permalinkclip!

2017年06月03日

高校3年生で後悔する

ちょっと旅行記残り二日分あるのですが、その前に教育関係の思ったことを。^^

高校1年生・2年生で勉強しておかないと、確実に大学受験を考える高校生は高校3年生で後悔する。

これは間違いないのですが、なかなかイメージつかないですよね。

高校受験が中学3年だけがんばったら何とかなるイメージだから。

高校受験 → 地区予選

大学受験 → 全国大会

これくらいの差はあるのですけどねぇ。

良い高校に受かれば、なんとなく良い大学に行けるイメージがあるのでしょう。

でもちょっと立ち止まって考えたらわかるはず。

合格実績は、どう考えても上位3分の1くらいににいる人たちの中で結果を出しています。

ちゃんと偏差値ベースで上位3分の1にいますか?

学校によってはクラストップくらいとっとかないとダメな場合も多々あります。

高校1年からの戦略的学習が大事です。

戦略立てましょ♪

特に英語は絶対ですな。

以下はググったときに出てきた画像一覧。

後悔。

早めの対策がオススメ♪
koukai


shushin_net at 17:19|Permalinkclip!

2017年06月01日

旅行記 イタリア編 3日目後半 フィレンツェ〜ローマ

3日目後半を書いてまいりましょう。

アカデミア美術館⇒メディチ家と見て、ドゥオモへ戻るもすごい列。

心が折れてプラプラとしていました。そんなことしていたら、3体目のダビデ像も見れちゃいました。

フィレンツェですが、本当に多くの自動小銃を持っている兵隊さんがいます。なかなか、自動小銃を目の当たりにすることないので、なんだかこの辺りは怖いですね。テロなども起こる怖さがあるのだと再認識しました。

グッチの前あたりではなんだか人だかりが。出てきた人に見た記憶はあったのですが名前が出てこず。(笑)とてつもなく有名なエルトンジョン氏でございました。プラプラしてみるものですね。

さて、昼ごはんは地元の人が多く利用するトラットリアのマリオーネへ12時ちょうどに突撃。予約はなくても入れました。ランチだからなのだと思います。地元の会社の方がどんどんいらっしゃっておりました。

ここは、レギュラーメニューは英語があるものの日替わりメニューはまぁわからない!(笑)旅行本片手に頑張ります。色々頂きましたが、パスタだなあ。ここまで、バジルのみのパスタはなかなか見かけません。チーズと相まってこれはとてもボーノでありました。赤とか白とかいろいろ合わせて楽しみました。(ランチだけど)ランプレドット、豚肉といろいろな調理法があるものだと堪能したのでありました。一人30ユーロ位でしたかね。料理内容に対してのお値段はとても安い印象でした♪

さて、食後改めてドゥオモ前を通ると、「お、行ける!!」15分ほどの行列で中に入れました。朝の2時間に比べてなんと早い。中の荘厳な雰囲気はさすが。食事でのワインも相まって、とても心地よく教会内を見学させていただきました。そんなこんなで14時を回ったので、ホテルに戻りローマ行きの電車へと向かいます。

ローマまでは、1時間半くらいだったかなと。定時出発し、向かいます。ホテルがテルミニ駅から地図で見る限りは近そうに見えたので、歩いたのですが20分くらいかかって汗だくに。距離を見誤りました。

ホテルそばのおいしそうな料理を探し、突撃。味は基本的にとっても良かったですが、英訳の間違いが。鳥の胸肉を注文したのですが、出てきたのは仔牛のカツレツ。これ鶏かと聞いて見るも返事は鳥だよと。んなわけあるかーい!というツッコミを心の中で入れたのでありました。心の中の声はほかにも「おい、カルボナーラは生クリームも牛乳も使ってないぞ」でしょうかね。日本のそれとはまったく違うものなのでありました。ルッコラとサーモンのサラダがおいしかったのは、野菜を求めていたからだと思われます。あ、生ハムメロンがあったのでやってみたけど、これはやっぱり合うとは思わないです。特に赤肉メロンだと。(個人的な感覚です。お好きな方すみません。)

明るい中飲むお酒はとてつもなくおいしく感じるのでした。歩き疲れとワインの合わせ技にて、ホテルでこてっと落ちるのでした。

以上3日目終了!
d-040
d-041
d-043
d-044
d-045
d-046
d-047
d-048
d-049
d-050
d-051
d-052
d-053
d-054
d-055
d-056
d-057
d-058
d-059
d-060
d-061
d-062
d-063
d-064
d-065
d-066
d-067
d-068
d-069
d-070
d-071
d-072
d-073
d-074
d-075
d-076
d-077
d-078
d-079


shushin_net at 14:18|Permalinkclip!

旅行記 イタリア編 3日目前半 フィレンツェ

一日たまってまいりました。ヤヴァイですね。多分帰りの飛行機で何とかなるのではないかと思っておりますが。

さて、三日目朝、ホテルで軽い朝食を摂って出発です。

イタリアのホテルの朝食は基本どこでもいっしょなのかな。(よほど高級を除き)コーヒーとパン、ハムとチーズくらいまでです。野菜サラダが無しなのがとっても寂しく思います。甘いパンこんなに並べられても食べられないです。^^:

8時にチェックアウトして荷物はホテルフロントに預けて出発! 向かった先はドゥーモの大聖堂だったのですが、8時半に着くも、10時から開くとのことで、先にアカデミア美術館に向かいます。これがミスだった、、、アカデミア美術館は時間に余裕ありそうだから行くことにしたので事前手配をしていなかったのです。結果、美術館前で約2時間待ち。おい、ネズミーランドなみやないかと思ったとか、思わなかったとか。Wi−Fi捕まえていたし、日影だったのでのんびりと待てましたし、ましだったとは思いますが、思わぬ時間ロス。ここは予約しておくほうがいい場所でした。

ダビデ像の本物は見ておいて本当によかった! でかさも迫力もすごいですなぁ。男子裸体像をこんなに撮影することは今後も二度とないことでしょう(笑)。後ろからの写真は見たことない人も多いのではないでしょうか。下の写真でお楽しみください。

さて、このあと向かったのはメディチ家の礼拝堂。メディチ家の富のすさまじさを感じられます。写真は自動補正で明るくなりすぎるので、あえて暗めな写真も撮ってみましたが、この暗めの写真がイメージとは一致します。オートで撮影するとなかなか難しいものですね。

こんな感じで3日目前半が終わります。
d-012
d-001
d-002
d-003
d-003
d-004
d-005
d-006
d-007
d-008
d-009
d-010
d-010
d-011
d-012
d-013
d-014
d-015
d-016
d-017
d-018
d-019
d-020
d-021
d-022

d-023
d-024
d-025
d-026
d-027
d-028
d-029
d-030
d-031
d-032
d-033
d-034
d-036
d-037
d-038
d-039


shushin_net at 06:34|Permalinkclip!

2017年05月31日

旅行記 イタリア編 2日目後半 フィレンツェ

ミケランジェロ広場到着後も日影が少なく、暑い暑い。帰りはサクッとバスで。1.2ユーロの快適な駅に戻る旅となりました。駅まで戻り後、やはり小腹がすいていたのでちょっとワインバーへ。赤ワインとトリッパのフィレンツェ風を頂きました。フィレンツェのパンは塩分がないに等しいお味です。そのため、トリッパ自体は塩分しっかり。トマトで煮込まれたトリッパとヴィノロッソ(赤ワイン)の相性はさすが。安いハウスワインで楽しめる安い男なのでありました(笑)。

軽く気持ちよくなったところで、駅横のサンタ・マリア・ノヴェッラ教会を見学。1時間くらい、ステンドグラスと壁画の取り合わせを楽しみました。フィレンツェ・ゴシックの典型とのことで荘厳かつ彩色の細かさが素晴らしく、圧倒されました。

この後は軽くショッピング。革小物でワインボトル運ぶものにちょいと感動し、「あ、日本酒4合瓶も持てるな。おしゃれ♪」と購入します。20ユーロ。そして、ホテルでちょっと休憩した後、晩御飯へと旅立ちます。

中央卸売市場2階が完全に食のテーマパーク化されており、そちらへ。リストランテの肉も興味はあるのですが、そこまでおなかすいておらずでした(笑)。とりあえずハム盛り合わせ(11ユーロ)とビール。ラードの塊はあまり日本では出さないですね。唐揚げのウサギ(9ユーロ)も頂きました。たんぱくで鶏肉と言って出されたらわからないですな。ビールが進みました。「あ、トリッパの唐揚げも興味あるのだけど、二つも食べられないよね。」と英語で言うと少し混ぜてくれました。これを確信犯と言います。

ほんのり酔ったところで、スーパーに。21時前までしかアルコール購入できないとせかされながらレッドビールとレモンチェレを購入。寝酒しながら、2日目を終えたのでありました。

d-036
d-035
d-037
d-038
d-039
d-040
d-041
d-042
d-043
d-044
d-045
d-046
d-047
d-048
d-049
d-050
d-051
d-052
d-053
d-054
d-054
d-055
d-056
d-057
d-058
d-059
d-060
d-061
d-062
d-063
d-064
d-065
d-066
d-067
d-068
d-069
d-070
d-071
d-072
d-073
d-074
d-075
d-076

shushin_net at 04:53|Permalinkclip!

2017年05月30日

旅行記 イタリア編 2日目前半 フィレンツェ

本気を出した時のタイピングはかなり早いほうです。旅の最中の思いを書くときはこんなに早く打つことができるのは、やはり楽しむことが大切だなと思わせられます。

さて二日目。ベネチアの島からは郊外の町中にあるホテルで8時に起き、朝食を摂ってから移動。9時36分発の電車に乗って11時半にフィレンツェに到着しました。新幹線みたいな感じでしょうか。とはいえ、到着が少し遅れるのはデフォルトの予感です。フィレンツェの乗り場のごたごた感がありました。出発はオンタイムでしたし、快適な電車移動です。

さて、フィレンツェ到着後向かったのはホテル。荷物預かってもらおうと、行ったら12時でチェックインさせてくれました。駅から徒歩5分くらいだったので、これはとてもラッキーでした。

荷物を置いた後はランチ。中央卸市場内にあるパニーニで挟んだトリッパ(第二胃)とパニーニで挟んだランプレドット(第四胃)を頂きます。おまけにパスタも頼みました。値段はパニーニが3.5ユーロでパスタが4ユーロ。安くてボリュームたっぷり。トリッパは唐辛子の辛さとオリーブオイルとハーブが相まって、さわやかなお味。ランプレドットはしっかりとした重さを感じさせてくれるモツでした。おじいちゃんのガツガツ適当に切る感じはとても面白いです。実は一番おいしいと思ったのがパスタ。ラグーソースが絡んだパスタ。高級なお味ではないですが、なんとも肉肉しいパスタでした。ひっきりなしに混むこのお店「ダ・ネルボーネ」は昼間しか営業しておりません。

その後中央卸市場を見学。普段仕入れも行くのですが、通貨が変わると相場観がまったくわかりません。理解しようとはしていないといったほうが正確ですかね。数字がざっくりモードに変更されます(笑)。歩くときにお供に一ユーロでビール缶を持ち歩くのはご愛敬ということで。

さて、おなかも膨らんだところで、ドゥーモへ行ってみました。共通券15ユーロを買おうと思ってブースに行くと、塔に上る予約が明日の16時以降になると言われます。ふむ。ダメです。明日の電車の出発時刻が15時です(笑)。無料で入れる場所にだけ明朝来ようかと考え、移動。

途中、マーブル紙や革小物のお店を回りながら散策でそのままミケランジェロ広場まで1時間半ほどのウォーキング。あ、ジェラートも食べました。

すごい暑さと日光の照りつけ、そして坂道に体力を持って行かれました。ただ、その見渡す景色は大変素晴らしいものでした♪レプリカのダビデ像も青空の下、映えておりました。

さて、二日目後半へ続く。
d-031
d-001
d-002
d-003
d-004
d-005
d-006
d-007
d-008
d-009
d-010
d-011
d-012
d-013
d-014
d-015
d-016
d-017
d-018
d-019
d-020
d-021
d-022
d-023
d-024
d-025
d-026
d-027
d-028
d-032


shushin_net at 14:45|Permalinkclip!

2017年05月29日

旅行記 イタリア編 1日目 ベネチア

イタリアに来ております。

イタリア語?? まーったく分かりません。

ただの観光ですが、旅はいろいろな気付きをくれます。お目汚しではありますが、ちょっと旅行記を書いてまいります。

まずは、1日目を振り返ってみます。

土曜の深夜、日曜の夜中に出発しました。経由地はドーハで約20時間。日曜日の朝に到着しました。飛行機で20時間居ても7時間の時差で13時間で到着したことになります。

実はベネチアはそんなにのんびりする時間はなく、明日の朝もう次の都市に動くため、この日の午後しか時間はありません。飛行場からバス。8ユーロで25分くらいかけてベネチアの市街地に行きます。

荷物をサンタ・ルチア駅で預け、身軽になってから観光開始。最初にサンタ・ルチア駅から海上バスにのり小一時間かけてサンマルク広場へと向かいます。

制限速度も遅いためゆ〜ったりとした動きです。船酔いがデフォルトの僕が酔わない優しい揺れ方でした。笑

サンマルク広場に到着後、まずは腹ごしらえとバーカラというシンプルな居酒屋へ。裏通りにある適当に入ったお店ですが、ナカナカ楽しめたのであります。白ワインを片手にいくつかのつまみを指定していただきました。1人14ユーロくらいですね。

さて、腹ごしらえも済んだら戻りましょう。船も1時間、歩いても1時間とのことだったので歩いて街並みを楽しみました。けど、結構入りくんでいて、地図を持たずに歩くと、「あれ?こっちだと思ったら違った。」みたいになります。笑

結構歩きました。水分補給(にならないのはわかっている)はビールで!笑 COOP産イタリアビール0.69ユーロ。安いなオイ。

ベネチアグラス見たり、仮面の表情楽しんだりと、散策が大変楽しいですな。車は入れないため、すべて船と人力。船が生活の中心であったことがよくわかります。橋はスロープ状にはなっておらず、常に階段。キャリーバッグ旅行者には優しくない街ですが、それを楽しんでいる印象もありました。

ぐだぐだと歩き回り、6時間くらい滞在して、ホテルへ向かいます。ホテルは明日向かう電車のセンター駅で島の外。20分くらいかけて移動しました。

夕食はホテルそばにあった安そうなレストランへ。ピザは普通にすさまじく美味い。笑 さすがイタリアとうれしくなったのであります。白ワインがカラフェで500㎖くらい入って5ユーロ。そして、これがガス感もあっておいしかったのでありました。税込み表示なのでわかりやすくていいですな。

移動と歩き回った疲れと、アルコールの影響でホテルに帰ったらすぐに寝落ちし、深夜3時半に目が覚め、この文章を書いている次第です。以上、一日目回想終了!
c-400
c-401
c-402
c-403
c-404
c-405
c-406
c-407
c-408
c-409
c-410
c-411
c-412
c-413
c-414
c-415
c-416
c-417
c-418
c-419
c-420
c-421
c-422
c-423
c-424
c-425
c-426
c-427
c-428
c-429
c-430
c-431
c-432
c-433
c-434
c-435
c-436
c-437
c-438
c-439
c-440


shushin_net at 12:23|Permalinkclip!

2017年05月18日

お見舞い

先だってお伝えした堤先生の怪我ですが、かなり重症です。

18581467_1443596712364873_4248606030314723205_n


入院もまだ続きそうです。

ということで、お見舞いへ、大貫先生と行ってきました。

まぁ、元気そうだったので一安心。

食事をのんびり楽しんで帰ったのであります。

サラダバーが充実していておいしかった♪

18485273_1443596049031606_2481062812651377505_n

18485879_1443596079031603_9066298766192290545_n

って、のんびりしていたらすさまじい雨が降るではありませんか。

下着までビッチャンコ。T_T

とりあえず乾かそうにもなかなか時間がかかりそうなので、、、

サーキュレーターにかぶせてみました!

これは早く乾きました。笑

18581529_1443596085698269_7288842176633049496_n


さて、本日も一日まだまだ頑張りましょう!

shushin_net at 16:09|Permalinkclip!

2017年05月15日

自転車事故には気を付けましょう!

気を付けても気を付けきれないものなのかもしれませんが、自転車は気を付けて乗りましょうね。

当塾で4月から指導に入っている堤先生ですが、交通事故に会いました。

自転車に乗っているときにトラックとぶつかったためです。

命に別状はありませんが、肋骨・肘・膝を骨折しています。

復帰までしばらく時間がかかりそうです。

ちなみに、指導上はご迷惑はおかけせずに対応可能です。

北山がバックアップ要員としておりましたので、北山が指導に入ります。

どうぞよろしくお願いいたします。

ケガの写真もありますが決して見ていて楽しいものではないので、そこは新規開校の秀進スタディ矢口渡校舎内部の写真を掲載します。^^

自習用の机のため、横が遮断された机を採用しました。

ただ、なんか物足りないので、そのあたりをどう調整しようかと思案中です。^^

001
002

shushin_net at 20:09|Permalinkclip!

2017年05月12日

茨城日帰り旅行 その5

つつじ祭まで見て時間をつぶしていた一番の理由が実は陶芸でした。

茨城県の笠間市。

ここは陶芸で有名な都市で

事前に予約して行ったのです。

http://www.kasama-crafthills.co.jp/tougei/

挑戦したのは、ろくろ!

回したかったんです。笑

大昔、小学生か中学生くらいに、てびねりでの陶芸体験はありましたがろくろは全くの初めてです。

先生の説明を15分くらい聞いた後は、ひたすら土を触っている感じです。

1時間半ほどかけてじっくりやってまいりました。

いや、難しや難しや。

途中ぐわっと壊れるものももちろん出ました。

で、終わった後、焼くものを決めるわけですが……。

開き直って全部焼いてもらうことにしました。

一個につきいくらと決まっているので、ちょっと高くはなっちゃいましたが、せっかくだと思ったので。(汗)

さて、どのような出来になりますやら。

2か月後、送ってもらうことも可能ですが、取りに行きもう一回やったろうかなとも考えてみたりしております。

これを終えて、東京の自宅まで車で2時間ほどかけて帰りましたとさ。

帰りも渋滞ゼロ。

朝6時に出発して、自宅に19時半くらいには到着していました。

とっても快適な、GW最終日日帰り旅行でございました。

茨城県、とてもとても、素敵やん♪

以上、5回に分けた回想録でございました。

乗りと勢いで書いた稚拙な文章、読みづらいことも多かったかと思います。

珍しく、最近ちゃんとブログ書いております!笑

これを続けなきゃなぁ。
DSC09629
DSC09618
DSC09619
DSC09620
DSC09621
DSC09622
DSC09625
DSC09626

shushin_net at 22:41|Permalinkclip!