人事のプロが答える就職活動

HP「人事のプロが語る就職活動」で管理人に寄せられた質問を取り上げて、回答、解説などしていきます。

面接官の仕掛ける罠

面接官の目的は、「優秀でおかしなところの無い(ここ重要!)学生を採用すること」ですが、当然、やってきた学生と漫然と話をしていただけでは、見極めることができません。

いくつかの質問を出すわけですが、その中には「素直に答えればよいもの」と、「答え方を間違えると、そこで終了(アウト!)するもの」の2つがあります。

ここでは後者を挙げていきます。
大きく2つあります。


①なぜうちの会社なのですか?あなたほど優秀な人であれば、他にも引く手数多でしょう?

これは最終面接に近い段階でよく使われるパターンです。残っているから「あなたは優秀なのに」というわけです。

この質問では大きく3つの要素が引き出せます。「きちんと建前の話ができるか」「うちの会社をきちんと調べているか」「内定を出してから辞退して余所にいかないか」です。

それぞれに引っかからないためには、「こちらの@@社が第一志望です。なぜなら、お会いした方々の人柄や、~~~(理念等)、こちらのメンバーの一員で働くことで、会社の発展と自分の成長を成し遂げることができると思います」といった感じのややカタめの答えをすることです。

一方で陥りがちなNG回答は、「第2志望です」「会った人がいい人だったので(→この他の理由を挙げない)」「実は他も受けてて・・・」といったものです。非常に多いです。



②あなたの弱点は何ですか?

これは極めて難しい、最強の質問です。ミスしようと思えばどこまででもいけます(笑)

テクニックを言うと、「弱点はあるが改善しようとしている」「コントロールするように努めている」ことを盛り込むとうまくいきます。

例えば、「一つのことにのめりこみがちな欠点がありますが、全体像を把握するために手帳に表を書いて対応するようにしています」などです。

ここで、「周囲の人(先輩とかがよい)に指摘されてから、~~な改善を目指し、よくなってきている」といった、「指導を受けて成長する姿」を盛り込むと、なおベターです。

NGは・・・もういいですよね(笑)


<最後に>

こうした引っ掛け質問でNG回答をする人のことをマヌケだと思うかもしれません。

しかしこうした質問は、面接がある程度進み、差しさわりのない質問がいくつか行われ、面接官に気を許し始めたあたりで問いかけられることが多く(もちろん本音を引き出すため、悪く言えば引っ掛けやすくするためです)、頭のいい人でも信じられないミスをやってしまうことが多いんです。特に柔らかい席(リクルーター系面接)などは気をつけましょう。

簿記は役に立つか?

ご存知、超メジャー資格です。

大手企業の総合職であれば、履歴書に書いたときの印象は

1級=とてもマジメだな

2級=まあまあマジメだな

3級=あ、一応書いたんだ

といった感じです。


簿記1級があるなら、面接で自分から言ってよいでしょう。

とはいえ、資格のアピールには鉄則がありますので注意してください。

それは、その資格に依存しすぎずにアピールすることです。

例えば、簿記1級であれば以下の通りです。

(OKな例)
・簿記1級を持っている。マジメにこつこつやる性格なので。(簡潔に。苦労話とかはNG)
・ビジネスを数字で把握する素養がある程度(ひかえめにアピることが重要)ついたと思っている。
・しかし財務経理系の仕事ばかりではなく、営業にも興味がある。(扱いにくい経理バカではない、柔軟な印象

(NGな例)
・簿記1級を持っている。まず勉強しようと思ったきっかけは・・・(←苦労話等をはじめる、長い)
・財務部門でスペシャリストになりたい(スペシャリスト採用でない会社なら扱いにくい印象

2級であれば、話を振られた時に「一応取りました」程度で終わりましょう。誇らしげに話すと残念な人フラグが立ちます。

3級であれば、自分からアピールし始めた時点で残念な人フラグが立ちます・・・



一方で、大手企業の一般職であれば、履歴書に書いたときの印象は

1級=すごいな

2級=とてもマジメだな

3級=まあまあマジメだな

といった感じです。

1級保有者は、「何かスキルをつけておきたいと思い、取得しました。私はマジメにコツコツやるタイプです」と【笑顔で】言いましょう。

笑顔の理由ですが、簿記1級保有者で一般職志望ということで、面接官が「堅い女性」という先入観を持ってしまいがちだからです。

それをいい方向で崩すために、笑顔であったり朗らかな雰囲気をより強く出すことが、有益です。

2級保有者は、上の総合職1級保有者のパターンでやりましょう。

「マジメだけど柔軟」な印象を目指してください。

ちなみに1級で一般職採用であれば、会社はほぼ経理のスペシャリストに育てたいと思うはずですが、2級であればそこまでは考えないでしょう。

そのため、2級の方がより「潰しのきく人材か」という視点で見てきます。



以上のような使い方のできる資格です。

これから就活という人は、少し勉強してみてはいかがでしょうか。






就職浪人の理由

留年と違い、難しいです。

「キャリアの空白期間」というのは、世間の人が思っているよりはるかに重いものです。

面接にいく以外の選択肢も含めて検討したいと思います。



①難関資格or公務員試験の勉強をしていた。

これはかなり無難だと思います。
しかし、「内定を出してもそちらに合格したらこないのか?」という疑問が確実に出ます。

そこは言い方ですが、自分の価値を高く見せるためには「今年は受かりそうだが、内定が出たらこちらにくる」というのがまず定石でしょう。「去年はギリギリで落ちた」などもよいです。
とにかく「他に通用しない学生」というのはとりたくないんです。そちらが大きいです。
なのでNGは「どうせ落ちるので」という回答です。

一方で、「たいしたことないのに自信過剰」と思われるのもリスクです。
自分をアピールする時は、謙虚さを交えるのが基本です。

例えば、以下のような話法はどうでしょうか。

「去年、公務員試験を受験し、合格点の少し下で落ちた。それから受験勉強を続けてきたが、考えてみると自分には役所勤めよりも、民間の仕事の方がむいている気がしている。せっかくなので今年も公務員試験は受験するつもりだが、色々と視野を広げるべく就職活動も始めてみた。」
「御社の業務の~~な点に興味がある。私の***な特性が生かせると考えている」
など。

<余談>



②そもそも、就職浪人しない。


もしまだ可能なのであれば、就職留年してください。
最近は大学側も授業料を大幅に免除したり、制度も手厚くなってきています。
新卒でないことは、やはり大きすぎるハンデです。
そもそもの入口が無くなる事が多いので。


③本当に公務員試験を受ける。

公務員試験の勉強は、就職浪人と非常に相性がよいと思います。
1年間もすることはなかなか無いですし、受かれば公務員になれますし、なにより次回の就活で精神的余裕が出ます(合格できるレベルまで勉強すれば、ですが)。
不安いっぱいでは、なかなかよい結果は出ません。
そして、①のような話法も出せます。


④資格を取る。

これは当然面接でもアピールにもなりますが、だいいち1年あるんです。気合も変わってきますし、ぜひ難易度の高いものに挑戦しましょう。

右の外部リンクなどをご参考にしてください。




就職留年の理由

ここでとりあげるのは、就職留年する「あなたなりの理由」ではありません。

「面接で話す理由」です。

もっといえば、面接官に「問題ない」と思わせるための理由です。

色々なパターンごとで考えていきます。



①「去年1社も内定が出ませんでした」

かなり苦しいです。
正直なのかもしれませんが、例えば「私は食べログで2.0点のラーメン屋です」と言っているのと同じです。
食べログの評価が低くてもおいしいラーメン屋はたくさんあるでしょうが、わざわざ自分から言うことではありません。
まだ嘘でも②↓にしておきましょう。



②「(去年いくつか内定は出たんですがOR去年は志望業界しか受けておらず)去年志望業界に落ちたので~~」

ややリスキーです。
「仕事の選り好みをする人」に思えます。
入社後に「第一志望でない部署に配属されたとき」あるいは「本人のイメージとのギャップが大きいとき」に非常に不安です。
「その不安を取り除く話」を用意しておく必要があります。



③「単位が揃いませんでした」

ややリスキーです。
ルーズな、いいかげんな印象を与えます。
「その反面、ストレス耐性が強い」「一年間色々な経験を積めて結果的には良かった面もあります(ポジティブなオーラ)」「実はすごい資格を持っている」など、マイナスを取り返す話を用意しておく必要があります。



④(留学、資格取得、部活など)やりたいことをやっていました

前向き感があり、一番よいです。基本はこれを選ぶべきです。
リスクとしては、「つまらないことのために1年余計に使ったんだなー」と思われないような理由でないかです。
ここで、つまらないかどうかは主観ですし、言い方で印象も変わってきます。
よくある「バイトのリーダー」「サークルの会長」も、言い方で全く印象が違うんです。
「つまらない」と思われないようなプレゼンの用意が必要です。



4つ挙げた中で、一般的には④→③→②→①の順に望ましいのですが、当然面接はそこで終わりではなく、これを材料に面接官も色々と探ってきますから、結局は原則の「前向き感」「笑顔」「協調性のありそうな雰囲気」「自信ありげながら謙虚」といった要素を抑えて応対すれば、どの選択肢であっても内定はでます。









まずは一社でも内定をもらおう

内定を1社もつことで、全てが好転します。

①自信が出る

まず、当たり前の話ですが、自信を持って面接にいけます。

自信があるとうまく話せますし、しっかりした学生に見えます。

一方、余裕の無い学生は、いくら優秀でも安っぽく見えるものなんです。


②他社からオファーを受けている人材なんだなと思われる

面接で「他社で@@社と**社に内定が出ている」と話せば、採用担当者はどうしても優秀そうに感じてしまいます。

少なくとも、他に内定が出ていない学生よりは、かなり優秀に見えて(悪く言えば「錯覚」)してしまうのです。

これはものすごく大きなアドバンテージです。

このためにも、できるだけはやくから、多くの企業にあたり、ひとつでも内定をえておくことで、本命の企業の内定を勝ち取る基盤ができるわけです。


③裏技「他社で内定出たんですが・・・」

少しテクニック面の話になります。

ズバリ、採用担当者に対して、「他社で内定が出そうで、拘束がかかりそうです。自分は御社が第一志望なので、面接のタイミング等考慮してもらえないでしょうか」と電話で相談するのです。

するとどうなるでしょう?

その採用担当者は、あなたを「他社が高い評価を与えた人材」と考えます。

また、「急がないとその他社にとられてしまう」とも考えます。

ところで、「内定の話が出そう」という話は、内定が出ていなくても、出る見込みが全く無くても、嘘にはなりません。

一言も「内定が出た」とは言っていないでしょう?


・・・あまりマネしないでくださいね。




記事検索
全ての記事を表示(月別)
プロフィール

shushukatsu

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ