2018年08月17日

映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」の感想

上映前の予告で今度は何のマンガ?の実写かな?って映像流れたんですよ〜 皆、声に出して言いたかったはず「ニセコイかよ!!」まだこの予告は、ネットでは流れてませんな

※映像は、それとは違う予告です。(笑)

さてさて原作は、こんな唐突にパロぶっこんでくる作品だったっけか?そう感じるのは、きっと実写映画だからだ 自虐的ネタもあったしな ギリギリOKなところまでなんでもできるのは銀魂という作品だからこそだと思います(*_ _)ウンウン 上映前のカメラマンパロも含め

熱くてかっこよかったよ うん

とりあえずシリアスにまとめときゃ、それっぽくなるだろってのがひしひしと伝わってきたよ うん

先行したエンディング派だわー 銀魂だぜ?このままでいいのに、エンディング途中から変えて、後からのエンディングで、全然出てきてないカット使ってくんのめっちゃ期待したわー かっこいいカットばかりでなくコメディ部分のカット多くなってったけど、確かに前半はコメディやってたんだけどね 確かに映画の最後もコメディだったんだけどね
そりゃ山崎出てきたのはよかったよ佐藤二朗も出てきたのもよかったよ 豪華俳優の無駄遣い?そこは配慮して三浦春馬と窪田正孝、堂本剛はシリアス多めで汚れ役少なくしてあんのね てことは、夏菜さんや戸塚さん、勝地さんは、… きっと原作ファンで汚れ役を買って出たんだろ(滝汗)
ゲロは合成だからモザイクかけない いやかけろよ!
柳楽優弥がトッシー演じてたんか!演技力半端ないって!マジ半端ないって!

1回目の感想と似たような感想になっとる‥
エンディング曲は、旬カーベルの曲だけでよかったと思うのは、私だけじゃないはず
好きな人は、観に行けばいいんだと思います。
あれ?定春は?


トラックバック用ブログ
shuukanshounenjump at 21:16
この記事のURLComments(0)映画

2018年08月06日

映画「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄〜」の感想

映画館は、女性多めのほぼ満席

建物のてっぺんを目指すというのは、他のアニメにあるよう、既視感ありまくりですが、RPGからのテンプレなのでしょう
2人のヒーローというのは、誰と誰を指しているのか、ころころ変わりますね ですが、最後には、あの2人だと納得します
アイコンタクトだけで会話がなりたっちゃうのは、もはや、シリアスな笑いだな
他の生徒が、なぜいたのか最後までわからなかったな(I・エキスポ一般公開に向けてホテル滞在してたのね(特典本より))

トラックバック用ブログ
shuukanshounenjump at 21:12
この記事のURLComments(0)映画

2018年07月21日

映画「BLEACH」の感想

傑作だったね
原作の世界観そのままだったよ
ルキアはルキアしてたし、チャドはチャドしてた
なん…………だと……!?いつからだ?いつから藍染さん月島さんが登場すると錯覚していた!?藍染さんは、おろかドン観音寺やコンすら登場しないじゃないか!肝心のリリネットちゃんも出てこないし、それに、一心の死神姿もなかったし、エンディングで死神代行編のサブタイ入るし、続編作る気まんまんじゃないか!1作目で出し惜しみしすぎると、こけるぞ
白哉?ワカメ大使のイメージしかないや

やっぱプロのレポにはかなわねぇ

トラックバック用ブログ
shuukanshounenjump at 23:52
この記事のURLComments(0)映画

2018年01月15日

フレドリック・ブラウン 天の光はすべて星

この小説は「ぼくたちは勉強ができない」に出てきたやつですね(2017年50号「問39.天才の目に天の光はすべて[x]である」コミックス5巻収録予定)
BGMはJUPITERでいいだろう

面白くて読みやすく素敵な作品
文字数多くて、かなり読み応えのある作品だが、文乃ちゃん延いては筒井先生も全部読んでると思うんだ
文乃ちゃんがもっと好きになるね うん
まぁ、読み終わるのに半月かかりました っ_ _)っ
天元突破グレンラガンの最終話が、このタイトルということで中島かずき脚本家のエッセイ付いてて、そっちも観たところです
いや、こういう話は多々あれど、ちょっぴりホラーでしんみり切なく、もの悲しい終わり方でしたね(´;ω;`)
そうそう、髪の毛を死後に木星に持っていって欲しいって、セカチューにも似たようなのありましたね そういうのは、受け継がれてくんですね
これ読んで、ぼく勉の5巻の問39読み返したら、一味違うかも

ヌルさんによる要約レビュー
祖父江直人さんのレビュー
しろくまさんのレビュー
Amazonレビュー
ブクログレビュー
読書メーター
shuukanshounenjump at 01:38
この記事のURLComments(0)

2017年11月04日

向田邦子 昔カレー

また、今週号のぼく勉で取り上げてた小説を参考程度にブックオフで「父の詫び状」探して、昔カレーのとこだけ、立ち読みしてきたなりよ

短気なお父さんということで、寺内貫太郎も向田邦子のお父さんがモデルだったんかな?ああ、やっぱりそうだ

決して、本当においしいカレーの話をしてるわけではないんだよな
おいしい料理は、周りの空気が大事だ、って話だった
私は、高い店のカレーなんかより、レトルトのボンカレーが最高なんだな
shuukanshounenjump at 01:49
この記事のURLComments(0)

2017年10月22日

映画「斉木楠雄のΨ難」の感想

やっぱゆずは、いいよねー
鑑賞客、女子多いな!男子が観るもんとばかり思ってたわー そんなこんなで、映画館では、女子に囲まれてました。おっふ
鑑賞前から思ってたけど、感想、すっごい笑えました!斉木最高〜〜!!でいいんじゃないか?
きっと、校長は、鳥束の代わりなのね
斉木思いっきり喋ってた!
橋本環奈がめっちゃれいかぽかったー おっふ
普通の子(佐藤広)出てなかったし、メガネ緑というより黄色だったし、校舎もクリームホワイト色だった 空助と照橋兄も出てこなかった
原作では、照橋さん、人に好かれる努力するエピソードあったから、今では、イメージ違うんよね 初期照橋だった おっふ あると思ってた斉木親の夫婦喧嘩エピソードもなかったし
代わりに、殺せんせーや麻生先生出てきてました。フリーダムというか、フランクな感じでした。
ちなみに、全ての犯人が照橋さんというのは、間違いなかったです…。おっふ
shuukanshounenjump at 01:12
この記事のURLComments(0)映画

2017年10月10日

太宰治 トカトントン

41号「ぼくたちは勉強ができない」30話で紹介されてたので青空文庫で読んだのね
YouTubeで朗読もあるのね お忙しい方は、こちらをどうぞ

2009年にNHK BS2で映像化されたらしい
それでも、世にも奇妙な物語でドラマ化できそうな話でした。
鼻紙にしたとこと花江さんいなかったとこは、笑えた
shuukanshounenjump at 00:19
この記事のURLComments(0)

2017年08月26日

NETFLIX オリジナル映画「Death Note/デスノート」の感想

いやはや、今回も好きな人は、観ればいい感じかな
マジもんのホラーだったわ
ルールの大幅な改変は、ストーリーのネックだな
マジクソホラーだわー グロいわー
ハリウッド版だけあって、Lが過激すぎるゥゥゥ!!
マジクッソやっべー!!ヒャッハー!!!
感動の最期…?いや、BGMおかしいだろ!

死に方がピタゴラスイッチ

shuukanshounenjump at 03:04
この記事のURLComments(0)映画

2017年08月04日

映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」の感想

映画館は、公開初日平日ということもあり、現在、夏休み中の子とは、世代が違うので、ガラガラ なぜか、自分以外、カップルだった気が、ジョジョ好きのカップル?カップルで観る映画か?アクション映画といえば、アクション映画か。
ジョジョは、こち亀と同じく読んでない巻が多いのですが、今作も、人に薦めるほどでないし、好きな人は、観に行けばいいと思う程度です。
まぁ、漫画を実写にしたB級映画を想像していたのですが、映像技術が凄かったですね かといって、CGに頼り切ったという感じでもなく、、エンドロール始まりもよかったな、「銀魂」のエンドロールがあんなだったから、と思えば、エンドロールがジョジョっぽい、というのを強く感じさせます。エンドロールで技術スタッフがずらっと流れるのを見れば、金かけてんな、と思うわけですよ

ギャグとして笑えるのでなく、ギミックが面白いのがジョジョで、それがジョジョの魅力なんだと、私は、思いますね
予告で「立入禁止」の看板が「立禁止」になってるの見て、てっきり、ジョジョ立ちの連続かあ?と思ってた自分を地中に埋めたい・・
虹村父の下りは、まぁ、いい話かな?

仗助役の山崎賢人が、今度は、楠雄を演じてるとか思えないなぁ
康一役が神木隆之介というのも、エンドロール見てわかる感じで、神木隆之介は、普段、おとなしい役が多いからな 康一もおとなしい感じだけど、いつも淡々としたセリフ回しだからか、いつもとは、違った神木隆之介が見れましたね あれ?「バクマン。」のシュージン役も神木隆之介だった?全然、わかんなかった

映画のシリーズ観終わった頃に、原作のマンガ読むの再開するかな


BROOKさんの感想
shuukanshounenjump at 22:47
この記事のURLComments(0)映画

2017年07月17日

映画「銀魂」の感想

座席の埋まり方は、半分くらい
舞台あいさつの模様の記事がありました。

思ってたよりギャグが足りない気がしました。お通ちゃん出てほしかった… それに、モザイクの意味をなしてない気がしたが、あまり触れないでおこう‥ 紅桜篇が主でしたね
所々で(セルフパロディ含む)パロディが

定春は、CGだけど、雰囲気でてました。
安田顕は、ハマり役
堂本剛の無駄遣い(エリザベスやらせてやれよ
子役誰だろ?田中悠太くんか、あの子は伸びるで

エンディング曲は、旬カーベルの曲だけでよかったと思うのは、私だけじゃないはず
好きな人は、観に行けばいいんだと思います。

ミツバ篇1話YouTubeで観れるようになってました。
続きを読む
shuukanshounenjump at 23:42
この記事のURLComments(0)映画