2018年12月17日

映画「ドラゴンボール超 ブロリー」の感想

ベジータかっこよかった
“過酷”を説明してくれるフリーザとかマジ理想の上司キャラやん
いらない感じの説明ある気がして、いささか初心者向けか
野沢雅子さんが推してたバトルシーンも、似たようなバトルシーンが流れるのは、私には苦痛でしたが、そこは、めっさ悟空な後日談に救われてるな

トラックバック用ブログ
shuukanshounenjump at 21:04
Comments(4)映画

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2018年12月18日 06:24
野沢雅子さんの悟空っぷりを非常に堪能出来ました♪
いやぁ…さぞかし苦労したかと思えば、全く疲れていないというような記事が出ていましたね^^;
2. Posted by ロハン   2018年12月21日 23:12
復活のF見たけどあれが理想の上司?

かなりヤリ手の経営者だとは思うけども…
3. Posted by fu-i   2018年12月23日 01:09
BROOKさん、コメントありがとうございますm(_ _)m

う、うん… もはや、バトルシーンばかりは、酷な気がしますが…
ドラゴンボールの世界で膨らませそうな部分は、あるんで、まだまだ定期的に新作を出してほしいですね(^^;)
4. Posted by fu-i   2018年12月23日 01:19
ロハンさん、コメントありがとうございますm(_ _)m

それは、受け手によりけりなんだな
一時期、読者に恐怖感を与えるために、敵キャラに敬語を使わすってのがあってだな それがねじ曲がって理想の上司って読者の目に映ったんだったような‥

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives