今日の講師は、デフファミリーで、ネイティブサイナーの、那須映里さんでした。美しい手の動きと こまやかな表情が魅力的で、あっという間の1時間半でした。

一つのテーマに沿って、「そのいい面、悪い面は何?」と、それぞれが意見を出し合う手話のディスカッション。例えば「斜にに構えるような話し方で人と接したとき、その良い面は?」「じゃ、悪い面は?」などというユニークな意見交換も。
「日本手話の魅力・不便な面」「お酒は?」「海外旅行は?」とみなさんのディスカッションは進みます。これが、すべて、今まで習った日本手話でできるなんて、本当にすごいですね。

「日本手話」に関しては、聴者から悪いかもしれない面として、「覚えにくい」「的確な日本手話の指導者が少ないのでは?」などという意見も出され、ろう者の那須さんとしては、なるほどと感じる面もあったようです。

立場を変えて互いの意見を出し合う日本手話でのディスカッション。こんな授業も、聾の先生ならではの魅力です。豊かな手話を学びあいたいですね。

滝川文香K
FullSizeRender
IMG_2022