BD694AED-B413-4B50-A55A-25EBC69F8A88

2/8日の手話パフォーマンス講座は
「手話を音声の歌詞ではなく『音楽のリズム』に合わせて表現すること」
「風景などは手の形にこだわることなく、その場面の道や空などの様子に重ね合わせて表現する」
というとても大事なことを学びました。

時に外に出て、空や道を自分の目で確認しながら。
また場面転換では自分がどのような情景を浮かべているのか、なども一緒に相談。

これらができれば、誰でも高い質の手話パフォーマンスを目指せます。
手話は単に手の動きや形だけで表現しているわけではない!という 
一般の手話会話においても、基本の「き」を大事にして
手話パフォーマンスに挑戦したいです。

熱心な生徒さんに感謝です。