本日4回目の授業!
講師が生徒さんに「頑張って!」のエールを送ると「頑張る!」の返事がすぐさま飛び出し
また生徒さん同士でも、お一人の表現が終わると、手話での拍手「ヒラヒラ~」が送られ
従来の手話教室のように、1つの部屋で一緒に学んでいるような雰囲気に包まれています!

今日の学習、まずは曜日などの「時」に関する表現や時制の復習から。
皆さんしっかり復習できていて、更に「ひなまつり/いつ?」「誕生日/いつ?」
などの疑問文も学習。
手の動きだけではなく、講師の表情や少し首をかしげる様子もよく見て表現しましょう。
ことぷき講師の誕生日、読み取れましたか?
プレゼントを楽しみにしているとアピ-ルしていました。

後半は、講師手作りの家系図を使っての家族の表現。
家族関連の単語が数多く出てきました。
父母 ・ 兄弟 ・ 姉妹 ・ 祖父母 ・ 息子 ・ 娘 ・ 夫妻・・・まだまだ!
男か女か?年上か年下か?手話にはちょっとしたルールがあるので
意外に覚えやすいですね。

講師の質問「あなた/家族/何人?」「◯人/誰?」に対して生徒さんが答えます。
「私/家族/◯人」「父と、母と、・・・」
五指の代名詞化をナチュラルアプローチで身につけます。
片手で数えきれない6人7人家族の方も多く、家族の中にはも登場!
自分の表現だけでなく、他の生徒さんの表現を楽しみながら読み取る事にも全集中!!

そして最後は「手話の強弱」。
「すご~く好き!」「まあまあ好き」「嫌だ~鳥肌もの!」「それ、ちょっとヤダ」
思わず前のめりになったり、近寄らないで~の如く、身を後ろに引いたり
「好き」を長めにためたり、嫌いの指の弾き方が強かったり・・・
コロコロ変わる講師の表情 ・ 身体の動きにも、それぞれ違いがありました。
今後は手指の動きだけでなく、表情が自然に出るようになるといいですね!

2021.2.2(1)
「いつ?」

2021.2.2(2)