さて、初級クラスも残すところ2回!
学習の内容も今期のまとめに入りました。
先週学んだ日本手話の特徴の1つ、『頷き』。
「あなたの弟と私」「あなたと弟と私」「あなたと私の弟」
これらの表現の違いを復習し、講師からは(はなまる)をいただきました!
 
図形の表現では、今回は位置を捉えることをポイントに学習。
手話では位置を決めたり、空間を活用することが重要となります。
まずは、見たままを正確に表現して相手に伝える練習をしました。
手話は目で見る言葉。手話単語だけではなく、実際の物のイメージを手で描き出す技術も
徐々に磨けるといいですね!
 
そして次にことぷき講師が準備したものは・・・? 漫画の一コマ。
しかし「吹き出し」にはせりふがありません。
①男性が女性にプレゼントの箱を渡して一言。
②受け取った女性が一言。
 
 ①「君にプレゼントだよ。中身は何だと思う?」
 ②「ありがとう! ダイヤの指輪かしら? 嬉しいわ!」

実は、①女性が男性の役、②男性が女性の役でせりふを考えて手話表現して下さいました。
思わず中身を知りたくなったことぷき講師が(笑)「中身は指輪で合ってる?」と質問すると・・・
 ③「箱だけ~」
 ④「あなたなんて嫌い!」
③④と更に生徒さんの会話が続き、一同爆笑!!
 
手話は表情も大切でしたね。
漫画の表情と結びつくせりふを考えたり、箱の形や大きさを表していただきました。
次回も学んだことを積極的に活かしていきましょう!

2021.6.29(1)
長方形の内側の●と外側の●の位置の違いをきちんと意識して!

2021.6.29(2)
プレゼントの会話が思わぬ展開に!