10月最初の授業! 
講師が生徒さんに尋ねます。「今日は暑い?寒い?」
やはり北海道と九州の生徒さんでは、気温や季節感が違う様子・・・
オンライン授業開始前は、講師と生徒さんとがリラックスして話せる楽しいひとときです。
 
今回は(いつ?)(いくつ?/いくら?)(どこ?)(誰?)などの疑問の表現と
現在・過去・未来の時制表現を学びました。
「誕生日はいつ?」
相手に尋ねる場合は、首を少し傾ける+疑問の表情がポイントです。
ことぷき講師の首の動きや表情を見て、皆さんすぐに真似て身に付けて下さいます。
是非今後、習った疑問文で講師にいろいろな質問をぶつけてみて下さい!
 
続いて日付の表現を学んだところで、時制の学習。
自分の身体のすぐ前が「今/今日」、身体より前方が「未来」(明日/来週/1年後など)
身体より後方が「過去」(昨日/先週/1年前など)
手話にはこのような時制のルールがあります。
「7日後」が「来週」の手話表現となり、「7日前」が「先週」の手話表現となるのは
なるほどそういう事!・・・なのですよね。
「明日」と「かなり先の未来」、「昨日」と「ず~っと昔」では、表情の違いも大切です。
多くの単語を学んだので、是非整理し復習して下さいね。
 
 
後半は手話あいらんど代表で、手話通訳士の南も交えての質問コーナーを開催。
手話に関してだけではなく、ろう者への疑問・質問にも楽しくお答えします。
「片手がふさがっている時、空いている一方の手だけでも手話ができるの?」
「ろう者が病院の予約をする方法は?」
「手話通訳の派遣を依頼した時、必ず来てもらえるの?」
「ろう者は車の運転中、緊急車両に気付けるの?」
「新しい言葉に対して、どのように手話は決まるの?」など
紹介しきれない程の質問をいただき、講師と南でお答えしました。
生徒のみなさん、ありがとうございました!
次回11月の質問コーナーもお楽しみに!
2021.10.5