先週の時制の表現に続いて、今回はまず曜日・祝日・季節の単語学習から!
身近で親しみやすい「正月」「バレンタインデー」「クリスマス」などのイベントに関わる単語も併せて学びました。
 
曜日を学んだところで、講師からの質問。
「あなた/仕事/休み/いつ?」
「私/仕事/休み/水曜/金曜」・・・というように指名された生徒さんから順に
リレー形式でお互いに質問&答えを表現します。
それぞれのお仕事・学校の休みを答えていただいた中
「主婦だからお休みは無いかな・・・」
と答えた生徒さんに「そうそう!」と手話で表す別の生徒さんも。
事務局2号も同感です(笑)
 
ことぷき講師は土日がお休みだそう。
講師が表現していた左手、指文字の「よ」を、右手人差し指と中指で上から下になぞるように動かす手話は「週休2日」の意味で使われます。
左手の4指は4週間を意味するので、第1・第3(週)や第2・第4(週)と表したり。
カレンダーをイメージする便利でわかり易い表現方法ですね。
 
また「休み」を何回続けるかによって、2連休なのか3連休なのかが読み取れます。
「夏休み・冬休み」は「休み」を連続して表現。
「休み」の手話の基本から応用表現まで学びました。
 
講師「冬休み/予定/ある?」「・・・無いの?」
まだまだコロナの影響で旅行が思うようにできないようですよね・・・
旅行したい!という気持ちを込めて「海外旅行」「国内旅行」の表現を学びました。
「旅行」の単語は基本(汽車)を表現しますが、海外旅行の場合は(世界+飛行機)、国内旅行の場合でも、北海道や沖縄のように空路を利用する場合は(日本+飛行機)、陸路は汽車の手話と使い分けたりします。
例えば「◯◯に旅行に行く。」と表現するときは、講師は自動車やバイクなどの情報も加えて表していました。
利用する乗り物のイメージも大切だそうです。
2021.10.12