今回はまず、手話の形が似ている単語を取り上げました。例えば
 
「活動」と「自由」
 両手の拳を前方に動かすのか、上下に動かすのかで意味が異なってしまいます。
 選挙活動・部活動・飲み放題(自由)など例を挙げて確認。
 
「新潟」と「地震」
 左右の手を交互に動かす、同時に動かすの違い。
    地震の場合は震度によって表情も変わるとの事。
 これについては、以前の強弱表現の授業で学びましたね。
 
「試験」と「競争」と「試合」
 親指を立てた拳を上下交互に動かすのか、前後に動かすのか、向い合わせるだけなのか。
 手話には似ているものがあるので、動きを正確に覚えましょう。
 
後半は手話あいらんど代表で手話通訳士の南も加わり、好評の質問コーナー!!
 * ナチュラルなスピードでの講師の会話を見たい!
 * 寂しい・がっかりする・テンションが下がるなど、意味の似た表現の使い方は?
 * 手話通訳士になるための勉強法は?

他にも生徒さんから積極的にご質問をいただきました。
また今後の手話教室でも、このような機会が設けられればと思います!

2022.6.21