手話パフォーマンス講座では、手話のナチュラルな使い方なども一緒にレッスンしています。
「です」という手話は、最近の手話学習では使われなくなってきました。
音声対応手話ではつい使いたくなる表現ですが、ナチュラルなろう者の手話を目指す人は気をつけましょう。

この他、聞こえる生徒さんは、聞こえない人と一緒に音楽に取り組む時、どんなふうにカウントを取れば良いか、そんなことも考えてみました。

2024.1.27パ