カテゴリ: 初級コース

今回はことぷき講師と一緒に「手話パフォーマンス きいろぐみ」で活動している
デフキャストの後輩、福本君が参加しての交流授業!
3か月学んだ成果!読み取りと表現の力試しです。
 
【6月22日生まれの34歳。趣味は映画観賞。
ラーメン・寿司・ピザが好きで、梅干しが苦手。
好きなタイプは、優しく・明るい・笑顔が素敵な女性。】
 
福本君の自己紹介の手話もスムーズに読み取れている生徒さんも!
「わからない単語は質問してね。」という講師の言葉通り積極的に
「この手話(表現して)/わからない/何?」と質問して下さる生徒さん! 
 
自己紹介で出てきた言葉に関連する単語(例:映画・TV・YouTubeなど)
また先日学んだCLでの「ピザ」の表現。
ピザをイメージした◯を8等分に切り、一片をつまんで口に運びチーズがのびる・・・
講師からプラスαの説明も加えながら楽しく授業が進みます。
 
次に、生徒さんから福本君への質問。
一番好きな映画は何?  仕事は何?  好きなスポーツは何?などなど・・・
そして、「ことぷき先生と初めて会ったのはどこですか?」の質問に対して

福本:「きいろぐみのライブで、ことぷき講師が(手話で)歌い踊っている姿に感動!
    惹き込まれたんだ。その時が初めての出会いだよね。」
講師:「いや~覚えてないな。
    ジョークで交わす講師。手話コントのような二人に生徒さんも爆笑です!
 
「マニア」という手話を表現して、今熱中している物・はまっている物は何?
もし宝くじで大当たりしたら何を買う? (豪邸購入希望者が多数!)
最後の授業は笑いがいっぱいの中で、生徒の皆さんと手話でのコミュニケーションを図りました。

聞こえない人との手話でのキャッチボール。
通じた時の喜び!
忘れずにこれからも手話を学び続けて下さいね!
3ヶ月間お疲れ様でした!
2021.11.16
また、「必ず」お会いしましょう!

今日のテーマは「自分のタイムテーブルを伝えよう!」
先週学んだ「朝・昼・夕方・夜」「午前・午後」
そして「◯時から◯時まで」など時間も織り交ぜて、一昨日の日曜日の起床から就寝までを手話で表現していただきました。
 
まずは講師の例文。
朝7時に起床。朝食を済ませ、8時に風呂(シャワー)。
9時に家を出て、電車と地下鉄を乗り継ぎ10時に聴覚障害者協会の事務所に行き
2時間の会議。
1時に買い物をし、午後3時から夜10時まで7時間、きいろぐみ事務所で会議と練習。
地下鉄と電車を乗り継ぎ家に着いたのは夜中の12時。
着替えをして1時に就寝。
・・・(ことぷき講師、忙しかった日曜日お疲れ様でした!)
皆さん、それぞれの時間と行動がきちんと読み取れましたか?
 
生徒さんにも一日の流れを表現していただきました。
「~から~まで」は、よく使う時間の表現です。
「朝/時8/から/夜/時8/まで」をスムーズに表せるよう繰り返し練習しました。
 
後半は手話あいらんど代表・手話通訳士の南も参加し、今回は質問&今日の授業で生徒さんに表していただいた手話のブラッシュアップ。
「手話の区切り」に挑戦!
①(私の父)/ ②(私と父)
これを「私」「父」の二つの単語を使って表すと???
①②の違いがきちんとわかるよう表すにはどうすればいいのか?を例に学びました。
意味がまとまった一つで区切って表す、これが日本手話のポイントだそうです。
この区切りが違うと①②のように異なってしまう事もあるので、今日南からのアドバイスを受けた手話表現を繰り返し練習し、みんなでステップアップを目指しましょう!
 
来週はいよいよ今期最後の授業です。
ゲストとの交流もお楽しみに!!
スクリーンショット (693)


今日の授業初めは、手話以外でろう者とコミュニケーションを取る方法について。
空書や手の平に書くなどして、言葉を伝える事ができます。
みんなで実践!
講師からは、ゆっくり・一文字ずつ止めて空書することが大事だと教わりました。
ひらがな・カタカナに比べると、漢字の空書は更に読み取りが難しかったですよね。
ろう者に空書で伝えることも結構ありますので練習してみてください!
 
さて、今回は「時間」をテーマに、日常生活にまつわる会話や単語表現を学びました。
「朝・昼・夕方・夜」そして「午前・午後」
「午前・午後」は、慣れるまで混乱しやすい表現です・・・
ことぷき講師と同じ右利きの場合。
自分の顔を時計の文字盤に見立てて、額の中心に指2本(長針・短針)を置いて「正午」
指を右側(手の甲側)に倒すと「午前」
指を左側(手の平側)に倒すと「午後」
相手から見て時計の文字盤通りに9時方向か、3時方向か見てわかる訳ですね。
 
単語を学んだ後は講師からの「朝/起きる(目覚める)/時間は?」
「家/出る/会社/まで/電車/時間/どのくらい?」
「仕事/始まる/時間は?」などの質問に答えていただきました。
バイクで30分の生徒さん、地下鉄~電車~バスに乗り継ぐ生徒さん
降車駅から上り坂を歩く生徒さん・・・とバラエティに富んだ答え。
交通機関の種類や乗り降り、乗り換えなどの表現も併せて学習しました!
 
また「食べる」と「飲む」について具体的な例を挙げ、CL表現を身につけました。
「食べる」の基本的な形はお箸を使いますが、パスタはフォーク、おにぎりは手で
お菓子は袋から口に運んだり、フライドポテトは細いものをつまんだりとCLで表します。
(以前、あなたはステーキを食べる時、ナイフを口に運ぶの?と笑われた思い出が。
何気ない普段の仕草もちょっと確認!
手話の自然な表現につながるかも?!

スクリーンショット (656)
タピオカを「飲む」


「10月31日は何の日?」 「選挙&ハロウィン!」
・・・という訳で、今回は季節やイベント・行事にまつわる単語を中心に学びました。
中にはことぷき講師らしい楽しい単語のピックアップも多数!
 
まずは「◯◯式」
成人式・入学式・卒業式などよく使われる単語です。
講師の表現した「式」は、人が大勢前後に並んでいる様子を、舞台側から表したものだと
説明がありましたが、本当にそのままのイメージで覚えやすいですね。
スキー大会の話が出ましたが、この「大会」も同じ手話で表します。
 
他にも「花粉症」「GW」「梅雨」など季節にまつわる手話表現もいろいろ!
「まつり」に付きもののタコ焼き・焼きそば・お好み焼きの3点セット
これらは動きで何を表しているかがよくわかります。
各地方のお正月のお餅の話題など、さまざまな行事に関する会話が進む中で
かなりの数の単語を学びました。
 
そして・・・3月3日は?
扇を手にしたおひなさまの恰好で表現する「ひなまつり」
 
この日は耳の聞こえない人達にとって、ひなまつりとは別のイベントが!
それが講師の表していた「耳の日」です。
両耳の脇で「3」これは3月3日、また指文字の「み・み」の意味もあります。
手話あいらんどのある東京では毎年、3月3日に直近の土日、東京都聴覚障害者連盟主催の「耳の日記念」イベントが開催されています。
皆さんも各地域の聴覚障害者団体の「耳の日」イベントの開催を確認し、機会があれば参加してみてはいかがでしょうか。

2021.10.26
耳の日

早いものでもう折り返しの第6回。和やかな雰囲気でことぷき講師の授業が進みます。
今回のメインテーマは「家族」の表現と、自分の家族の紹介です。
父・母(両親)・夫・妻・兄弟・姉妹・祖父・祖母・娘・息子・孫など・・・
まずは単語を教わります。
 ◯父母は、人差指を頬に当ててから(血縁関係を意味します)「男」「女」を表現。
 ◯祖父母の指の曲がりは、腰の曲がった様子を表現。
 ◯息子・娘はお腹から生まれたというイメージで表現。
 
単語をマスターした後は、講師からの質問「あなた/家族/何人?/誰?」に対し
お一人ずつ答えていただき、それを読み取って皆さんで再表現。
それぞれ異なる家族構成に合わせて練習するうちに、人数とそれが誰かを指で示す
代名詞化の表現も次第にスムーズに。
 
後半は、「持っている/いない」「ある/ない」「いる/いない」の表現の使い方や
1時間30分30秒など、時間の表し方を学びました。
「1時間」は、右手で「1」の場合は左の手首の上(腕時計の位置)で「1」を回します。
「分」は、数字を表した手首を向こう側にクリッと跳ねる感じ・・・
「秒」は、30”この(”)を数字表現に続けて人差指と中指で空書。
この時、指文字の「り」のように長くならないようにするのがポイントです。
特に「分」は数字を表現した手で手首を動かすので、慣れないうちはぎこちなくなりがち。復習動画で講師の手の動きをよく確認して、さまざまな数字で練習してみて下さいね。
 
話は戻って・・・家族の紹介では、ペットも大切な家族の一員!
何と!クラスの中のお二人がカメさんと同居!
おねむのカメさんを紹介していただきました。
ご自宅とをつなぐZoom授業には、このような一面があってとても楽しいです!
2021.10.19
「わぁ~大きい!!」

↑このページのトップヘ