カテゴリ: コミュニケーションコース

本日からコミュニケーションコース5〜7月期がスタートしました!

まずは皆さんの自己紹介から。
今回も北海道、関東、北陸、関西など、いろいろな地域からご参加いただいています。
自己紹介のときに必ず出てくる「名前」という表現が、東日本と西日本では違うことがわかりましたね。
自宅から様々な場所にお住まいの方とお話しできるのがオンラインのいいところ!

そのほか、「ロシア」「ウクライナ」「スウェーデン」「フィンランド」など、国名の手話表現もご紹介しました。
「ロシア」と「ウクライナ」はよく似た表現なので注意が必要ですね。
人さし指だけだと「ロシア」、曲げた人さし指と親指だと「ウクライナ」です。
「スウェーデン」「フィンランド」は手話表現とともに福祉制度のお話もしました。

時事問題も絡めつつ生きた手話を学んでいけるのが河内クラスの特長です!
全10回の授業、皆さんで楽しく学習していきましょう〜!

写真は西日本での「名前」の表現を確認しているところです。
DC89CCDE-CE89-4509-9952-A47A1FF3F7BB

1月から始まったこの講座も

あっという間に7回目を迎えたました。


今日のテーマは最近のニュースから

いくつか単語をピックアップして

学習をしました。


「非難」


「非常事態宣言」


「デモ」


「安全の確保」など


少しかたいお話でしたが

例文での表現の際には

「お花見の席を『確保』する」など

楽しい表現も交えながら学習を進めました。


後半には7回目の授業

ということで

今まで学んできた単語などの復習


講師からこれはわかるかな?と

示された単語をそれぞれ表現しながら

復習をしました。


IMG_1428 2



今日は北京オリンピック真っ只中! 
ということで

先週に続いてオリンピックにまつわる
講師のお話からスタート

羽生選手の4回転半のジャンプのお話や
日本人選手が今日までに獲得した
メダルの数など今回のオリンピックにまつわる
講師からのお話でした

そして後半もオリンピック祭り
ということで
「男女混合」「失格」「史上初」など
オリンピックに関係する単語を
たくさん学んでいきました。

スクリーンショット 2022-05-20 13.19.03
 


今日は北京オリンピックの開会式…!


にもかかわらず生徒さん

全員ご参加くださいました♪

ありがとうございます。


というわけで

今日の講座はオリンピックの話題から

始まりました。


前回の夏の東京オリンピックでも話題になった

ろう者の手話通訳の話題では

コミュニケーションコースの皆さん

手話つきの映像を見られていたそうです。


北京オリンピックの競技数は15競技


それぞれの競技の単語の表し方や

どんなルールかを手話で表現しながら

学んでいきました


後半には

「人気」「影響」などの

表現が似ている手話の単語などを

講師が例文を表したり

生徒さんが例文を考えたりしながら

覚えていきました。


スクリーンショット 2022-05-20 13.00.21

今日の講座は講師より

生徒の皆さんにお伝えしたい情報があるとのことで

「愛の歌」という

アメリカで制作された映画の話題からスタート


1月26日から公開が開始されたこの映画は

元々フランスで制作された「エール」という映画のリメイク作品。

気になったからはぜひHPなど調べてみてくださいね。


後半は前回の授業で学んだ

「オーバー」の手話の使い方を

それぞれどのように使うのか

生徒さんに表現をしてもらいながら

意味や使い方を理解できているか

確認をしたり

会話の中で出てきた手話の

他の表現の仕方などを

学んだりしました。


スクリーンショット 2022-01-20 22.17.55 2

↑このページのトップヘ