皆さん、本当にありがとうございます。
2019年、手話パフォーマンスきいろぐみが30周年を迎えます。
本当に本当に、ありがとう!!
ファンの皆さんとともに、歩んできた30年を、新たなステップに!!
ここからまた元気に、活動を続けてまいります。

「ろう者と手話の立場から!!多くの人に夢を配る!!」
これは、私たちがとても大事にしてきたこと。

手話は、表現力あふれる言葉!!
この手話の使い手であるろう者も!!
ステージから一緒に、たくさんの夢を配る!!
これが、私たちの心意気です。

この世に、ろう者が生み出した手話は、
聞こえる人の心をも突き動かし、
人生を豊かにしてくれる芸術そのもの!!
手話は、空中に、美しい映像を浮かび上がらせ、
まるで映画のように、私たちにストーリーを見せてくれる。
手話は、音声の言葉以上に、私たちに物語を話しかけてくる。
私たちは、その魅力を手に乗せて、
ろう者と聴者が一緒に、ステージを作るために、
全力を注いできました。

手話は、ろう者にとって生きた言葉であり、
その言葉の美しさが、聞こえる人の心をも打つ。
この事実を豊かに豊かに、伝えたいと願い続け、
ここまで来られたのは、
多くの皆さんが、ともにずっと歩んできてくれたからです。
本当に、ありがとう。

舞台の上にも、会場にも、そして私たちが暮らすこの街にも、
ろう者がいて、聴者がいて、飛び交う手話があり、
それは言葉であり、心であり、表現そのものであると、
私たちは、それを信じて、手話パフォーマンス活動を続けています。

まだ、日本では、ほとんどの人が、
手話パフォーマンスなんて言葉を知らず語らなかった頃、
「何やってんの?」と言われながら、
小さな小さな木の小屋のライブハウスで歌い、
渋谷の路上で、おまわりさんに叱られ、
活動場所を探し続けていたあの日。笑
私たちは、この活動が、こうして続くとは想像してなかった。
いつしか、手話言語条例が広がり、
全国の高校生たちが、手話パフォーマンス甲子園を目指す日が来て、
手話パフォーマーだと名乗るグループも増え、
たくさんの暖かい目が私たちの周りを取り巻くようになってきた。

その今日の日、30年がたったと気づき、
私たちでなく、この世の多くの人の熱い思いこそが、
私たちのことを、支え導いてくれたのだと理解し、
道があるなら、また1年歩いてみようと、
一つの節目にあたり、みんなで思っている。

手話は、言葉であり、人の心そのものであり、
この手は、物語をつむぎ、風を起こし、
寒さをぬくもりに変え、
涙は海となり、海は雲を作り、空から雨が降り、
大地をいやし、木々は芽生え、花が咲き、
その全てを、手話が描き出せると、
ろう者のその手が語っていると、
私たちは、それを伝える夢の配達人でありたいと。
そう思っている。

私たちの使う日本語も、誰かの使う英語やその他の言語も、
そして手話も、
先人や親や、周りの友人たちや、
たくさんの人々に語りかけられてこそ、
自分の中に育つ「授かりもの」だ。
授かりものには、人のたくさんの思いが詰まっている。
私たちは、人の思いを受けてこそ、
自分の持つ言葉を、我がもののように使い話している。
今一度、この言葉に込められた愛情の一つ一つを思い起こしながら、
あなたと話をしよう。

手で語るその言葉。「手話」


3.JPG


SPK30!!手話パフォーマンスきいろぐみ30年
3大チャレンジ企画!!

<チャレンジ1>
NEW YEAR 手話ライブ IN 渋谷
~摂氏5℃の街が暖かい!!
2019年1月11日(金)夜 &13日(日)昼・夜
059393FB-6D97-4E64-9968-1B41BBE8FAE1.jpeg

711CD2E2-5C72-487F-A2B7-332709B2FFD0.jpeg
詳細・お申し込みはこちら
https://www.kiirogumi.net/croco2019/



<チャレンジ2>
夏のファミリー手話ミュージカル(タイトル未定)
2019年8月24日(土)
横浜市港南区民文化センターひまわりの郷


<チャレンジ3>
手話ライブ「あの日のクリスマスを君と!」
2019年12月13日(金)夜 & 14日(土)昼・夜
吉祥寺 ROCK JOINT GB