カテゴリ: 中嶋元美

中嶋元美 (ナカジマ モトミ)
手話パフォーマンスきいろぐみ デフキャスト 
(手話パフォーマー・女優) 20代
2016秋元美1
今までバレエ、演劇など楽しんでチャレンジしてきました。
聞こえなくても明るく前向きに手話パフォーマンスをはじめ、
演技や舞台などたくさんの活動を経験、勉強して、手話タレントとして活躍したいです。
2016秋元美2

出身地...東京都
趣味...ソーイング、カメラ
特技...バレエ、ヘアアレンジ
好きな食べ物...いも
好きな色...パステルカラー、ピンク
休日の過ごし方...夢の国にお出かけ、お買い物
2016秋元美3
~手話を始めたきっかけ、手話パフォーマンスを始めたきっかけ~
聞こえなくなって手話と出会い、自然に手話が私のコミュニケーションになったから。
又、歌や踊りが好きなので、手話で表現するパフォーマンスにとても魅力を感じたから。
2016秋元美4
<これまでのおもな出演作品>
〇手話パフォーマンスきいろぐみ手話ミュージカル
「この手が僕らの歌声になる」「未来の産声」
「ひまわりの郷事件簿2013」「叔母さんこんにちは!~僕が手話を覚えた理由」
「25,567日の奇跡~未来への誓い」
「違います!? それは誓いの言葉だった!」 など、出演。
〇渋谷クロコダイルをはじめとする、
 様々なライブハウス/各ステージでの手話ライブ公演に出演。
〇インターネットTV 手話あいらんどTV

〇ASVOFF
  TOKYO Shoet Move 「H to H」 手話モデル
〇GLAY 「Eternally」プロモーションビデオ 出演。
〇Dlife ドラマ「東京ガードセンター」出演。
〇フジテレビ「若者たち2014」出演。
〇NHK「ろうを生きる難聴を生きる」出演。
〇au ショップショートドラマ
 「all for you ~ココロつながる、瞬間~ episode2.手話」篇 出演。

 *(C)手話あいらんど Photo by Hatsushi Miyako

※2015年度ポートレートはこちら

中嶋元美 (ナカジマ モトミ)
手話パフォーマンスきいろぐみ デフキャスト 
(手話パフォーマー・女優) 20代
2015元美1
今までバレエ、演劇など楽しんでチャレンジしてきました。
聞こえなくても明るく前向きに手話パフォーマンスをはじめ、
演技や舞台などたくさんの活動を経験、勉強して、手話タレントとして活躍したいです。
2015元美2
出身地...東京都
趣味...ダンス、ロリータ
特技...バレエ、ソーイング
好きな食べ物 ...ふぐ
好きな色....ピンク、ピンク、ピンク!
休日の過ごし方...ロリータでお出かけ、ぬいぐるみの洋服作り
2015元美3
~手話を始めたきっかけ、手話パフォーマンスを始めたきっかけ~
聞こえなくなって手話と出会い、自然に手話が私のコミュニケーションになったから。
又、歌や踊りが好きなので、手話で表現するパフォーマンスにとても魅力を感じたから。
2015元美4
<これまでのおもな出演作品>
〇手話パフォーマンスきいろぐみ手話ミュージカル
「この手が僕らの歌声になる」「未来の産声」
「ひまわりの郷事件簿2013」「叔母さんこんにちは!~僕が手話を覚えた理由」
「25,567日の奇跡~未来への誓い」など、出演。
〇渋谷クロコダイルをはじめとする、
 様々なライブハウス/各ステージでの手話ライブ公演に出演。
〇インターネットTV 手話あいらんどTV

〇ASVOFF
  TOKYO Shoet Move 「H to H」 手話モデル
〇GLAY 「Eternally」プロモーションビデオ 出演。
〇Dlife ドラマ「東京ガードセンター」出演。
〇フジテレビ「若者たち2014」出演。
〇NHK「ろうを生きる難聴を生きる」出演。
〇au ショップショートドラマ
 「all for you ~ココロつながる、瞬間~ episode2.手話」篇 出演。


 *(C)手話あいらんど Photo by Hatsushi Miyako


※2014年度ポートレートはこちら

手話パフォーマンスきいろぐみデフキャスト 中嶋元美が、

NHK・Eテレ「ろうを生きる 難聴を生きる」に登場します。

ろう&難聴.png

【放送スケジュール】 
2015年4月25日(土) [Eテレ] 午後8時45分~9時
[再放送] 2015年5月1日(金) [Eテレ] 午後0時45分~

【内容】
手話を使って音楽や踊りの楽しさを伝える劇団「きいろぐみ」。
ここに20歳の花形パフォーマーがいる。中嶋元美さんだ。
中嶋さんは高校1年生のとき、学校の長距離走の授業中に耳鳴りがし、
翌朝目が覚めると聞こえなくなっていた。
バレリーナになることを目指してコンクールで入賞を重ねていた中嶋さんは、
聴覚とともに自分の全てを失ったと思い、絶望した。
しかし「きいろぐみ」の手話パフォーマンスと出会い、聞こえなくても音楽を楽しみ、
表現できることを知る。
そして、聞こえていた過去にこだわることをやめ、自分を"ろう者"と思い決め、
"聞こえる世界"と"聞こえない世界"の橋渡し役として生きることを決意した。
番組では、郵便局での仕事や手話教室の講師などをしながら、
手話パフォーマンスに取り組み、人生の一歩を踏み出す彼女の日々を描く。

元美.jpg
元美ちゃんも、講師を務める
手話あいらんど手話教室は、
現在、春の受講生を募集中!!
http://classroom.shuwa-island.jp/



↑このページのトップヘ