8月21日、第4回東京都日本拳法選手権大会(於:墨田区総合体育館)

修猷戦士試合結果:

男子 級の部 に三選手が出場

中澤智行3級(修猷塾)

一回戦:
瀬尾幸矢1級(第1普通科連隊/陸自練馬)
体格差がある自衛官相手に堂々の戦いです。
残念ながら、倒されて、抑え込み面突きを決められ、0-1 の惜敗
20160821 (13)




工藤寿士
1級(修猷塾)

一回戦:
シード

二回戦:
竹内博史1級(第1普通科連隊/陸自練馬)
こちらも、体格差がある自衛官が相手。
何度か投げた事に 正直ビックリ(°0°)!!
20160821 (14)
最後は、面突きを取られて、0-1 の惜敗(T_T)



級の部の体重は、無差別
二人とも、写真の通りの体格差をものともせず、無事試合終了

素晴らしいです

貴田啄弘
2級(修猷塾)

一回戦:
中谷達哉1級(第1普通科連隊/陸自練馬)
積極的に組み打ちに持ち込むも、グローブ脱落の防具着装不備で一本先取。
二本目は、腕拉ぎ十字固めを決めたところで、再度グローブ脱落の反則勝ち

二回戦:
角山隆士1級(町田道場)
抑え込み面突きを連取して、2-0 の勝利

三回戦:
永島幸太1級(第1普通科連隊/陸自練馬)
倒してからの抑え込み面突きを連取、2-0の勝利
20160821 (20)
準決勝:
丸山竣也1級(第1普通科連隊/陸自練馬)
抑え込み面突きを取るも、胴突きを返され、三本目、再度抑え込み面突きを取り、2-1 の勝利

決勝:
中西裕樹1級(明治大学)

44歳のおっさんと現役強豪大学拳法部部員の対戦です
20160821 (33)20160821-1 (13)20160821-1 (16)組み打ちを狙うも、これまでの試合を見て、相手も警戒。
組んだら場外に逃げる行為を繰り返し警告2回。
反則の一本を取るも、おっさんのスタミナも5試合目で尽きたのか、自分からタックルに行ったところ自爆。抑え面突きを取られる
終了間際に面突きを取られ、1-2 で敗退
まあ、1-1 で延長になったところで、スタミナが残っていたかは、疑問ですね

27名参加のトーナメントでの準優勝は、素晴らしい結果です
苦手の打撃に関しても、自分の攻撃ではポイントは取れませんでしたが、
相手の打撃に反応出来てきました

その2に続きます。

大会全体の結果は、下記ブログを御参照願います。

http://ameblo.jp/fc-eternal-budo/entry-12192690350.html