紛議調停対策⑨

ネットや過去記事で、
紛議調停対象の弁護士に関する情報収集をすること。

過去に同様のことを起こしてトラブルになっていないか調べましょう。
もし、同じようなトラブルがあれば、
調停委員にも、「弁護士会としてどのように対処するのか」
強く主張すればよいと思います。

他にも被害者がいるようであれば、
(無理のない範囲で)連絡を取りあい、
情報交換するのも良いでしょう。