2010年10月05日

1年ぶりの東京活動①デモ感想(前半)

みなさま、こんにちは。 ご無沙汰しております☆

ブログ更新をお休みしていました10/1~10/4の間、実に10ヶ月ぶりに東京に行って来ました~ 所用と私用が交じった今回の東京滞在だったんですが、東京は本当に変化の激しい街ですね。
しかも、やっぱりどこに行っても人が多い!!街に活気が溢れています。大阪とは活気のレベルが違います.。゚+.(・∀・)゚+.゚

銀座に行ったのもほぼ1年ぶりだったんですけど、三越でも「熱烈歓迎!」の看板と中国語が話せるスタッフを資生○コーナーで見て、「銀座も変わったなあ~」と思いましたちょっと前までは秋葉原でぐらいしか氾濫していなかった「熱烈歓迎」の波がもう三越まで来てるんですね~~。まあ、もうこの波は銀座だけの話ではないんですけど・・・。これが、今の日本の現状なんだと実感しました。


中国人客「熱烈歓迎」、三越銀座店が観光案内所、コンシェルジュやATM。(日経6/15)



さて、
滞在中に偶然にも「10.2 中国の尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動」デモの日程が重なったので、友人を説き伏せて行って参りました政治に全く関心のない友人を放置することは出来ないため、残念ながらデモ行進に参加することは出来ませんでしたが、参加者のみなさまの「静かな怒り」を私も密かに共感させていただきました。


demo0

デモ主催者代表の方々の登壇演説


代々木公園に到着したのは午後2時頃。
「けやき並木」がどこかよく分からなくてうろうろしていたら、風にたなびく国旗群を前方に発見!ちょうど決起集会の真っ最中でした。予想以上の人・人・国旗・国旗に圧巻です
まさか、こんなに大勢の人が詰めかけているとは思わなかったので正直驚きました。
w(゚o゚)w
そして、「デモ」と言えば「サングラスにマスク」という一見怪しそうに見える出で立ちを想像しがちですが、参加者のみなさんはごくごく普通の格好。国旗やプラカードを持っている方がいるので「ああ、なんかのデモなんだ」と思える程度で、構えることなく参加出来そうな「敷居の低いデモ」といった感じでした。(・∀・)つ

ネット上では、既に熱い展開が繰り広げられている「マスコミ報道」についてですが、ここはどこの国?というぐらい日本のメディアの姿はまるっきりなかったです。私たちの横にロイターのカメラマン(欧米人)がいて、決起集会の様子を撮っていましたが、目に付くのは欧米メディアとチャンネル桜、そしてニコニコ動画のカメラだけ。目と鼻の先にNHKがあるというのに、もうこれは異様としかいいようがない光景です。(つд⊂)ゴシゴシ

【10.2デモを報じた海外メディア】
米CNN“China accused of invading disputed islands”
米ウォール・ストリート・ジャーナル“Tokyo Protests Blast China's Response to Collision”
仏AFP通信 日本語版「AFP BB News」「元空幕長らの団体が代々木で集会、中国対応で民主党政権を批判」

タイBangkok Post:“Japan nationalists rally against PM, China”


日本では「日本メディアが報道しなかった記事」の報道ぐらいでしょうか・・・(; ̄Д ̄)


反中国デモ「報道せず」のなぜ 外国主要メディアは次々報道
(J-CASTニュース10/4)



demo1

決起集会終了後、デモ隊列を組む参加者のみなさん


決起集会が終了して、デモ隊列を組む頃には人が人を呼ぶように参加者の数がみるみる増えていって、けやき並木を埋め尽くす勢いで国旗がたなびいていました。それぐらい、熱気というかパワーというか「日の丸」の底力を見たような気がします。
「国民の怒りのパワー」をまざまざと感じさせる圧倒的な光景でした。
オオーw(*゚o゚*)w



会場で、年配の男性が「尖閣諸島問題」に関する記事「桜新聞・号外」を配布されていました。(画像のは折って持ち帰ったので折り目がついています

bira

デモで配布された「桜新聞・号外」表面

bira2

裏面


こういう記事は一般の新聞の誌面では見ることが出来ないので、一般の道行く人に配布するというのは一定の効果があると思います。中には手にとってまじまじと読んでいる家族連れの方もおられましたしね。

ただ、手にする人としない人がはっきり分かれてしまっているのが残念に思いました。特に渋谷周辺では10代、20代といった若い世代の方が圧倒的に多いので
、新聞・ビラ配布する人を同世代にするとか、ちょっと夏場は暑いけど「着ぐるみ」でするとかそういった「とっつき安さ」みたいなものがあったほうがいいなあ、と感じました。

demo2

沿道を埋め尽くした「日の丸隊」


実は、私、決起集会の会場でタイでの知人を見かけたような気がして、その姿を追いかけて途中までデモ隊の皆さんと併走しておりました(笑)。
結局見つけられなかったんですが、おかげで(?)デモ参加の気分を味わうことが出来ました~

~「デモ感想」前半はここまでです~

この続きは次回UPいたします


いつも応援ありがとうございます!!m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


こちらもお時間ありましたら、応援おねがいたします☆

人気ブログランキングへ

 




siamyamato at 00:53│Comments(4)TrackBack(0)日常ニッキ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

4. Posted by さやーむ   2010年10月06日 12:59
どさんこ様、こんにちは。
早速のコメントありがとうございます!

そうなんです、あの時私も代々木におりました~!
そして、どさんこさんがお近くにおられたとは!!
びっくりです~~

> あのカメラマンのイケメンお兄さん、優しい気づかいの人でしたよね。
日本語がお上手だったので、日本には長いのかもなあと思いながら
見てました。

会場にマツ女の方がいらしてるのは分かっていたので、
事前にお声かけして是非ともご一緒したかったのですが、
参加出来るかどうか直前まで微妙だったため、
事後のご報告となってしまいました。。。

今度、もし何か機会があれば、是非ご一緒させていただきたいです☆

さやーむ。
3. Posted by さやーむ   2010年10月06日 12:43
えいと@さん、こんにちは~。
ご無沙汰しております☆
早速のコメありがとうございます!

そうなんですよ~。デモ、実は行ってたんです!
友人がいたので、直前まで行けるかどうか微妙だったんですけど
怒りのデモに少しでも参加出来て良かったです。
日の丸をあんなに美しいと思ったことはありません!!

> 日本のマスコミはこぞってスルー。
> 信じられません。。。
> 本当に腹立たしいですね、日本のマスコミは!

いやあ、本当にこれこそ日本の癌ですよ!
NHKの電波塔の真下でやってるようなもんなのに、
全く理解出来ません。。。怒怒

今回つくづく感じたんですけど、世の中の大部分の人たちは
テレビの報道が全て、と思っているということです。
ここを切り崩さない限り、日本再生は難しいんだなと改めて
思い知らされました。。。

でも、この怒りの波は着実に日本に広がっていると思いますので、
めげずに頑張っていくしかないですね!

さやーむ。
2. Posted by ドサンコ   2010年10月06日 09:22
さやーむ様
こんにちは。あの日、代々木公園にいらしていたんですね!
そしてそして。びっくりしました~
いたいた。私もロイターのカメラマンのすぐ近くにいたよ~と叫んでしまいました。
あのカメラマンのイケメンお兄さん、優しい気づかいの人でしたよね。
あの人混みの中で、「マツ女」がこんなにも接近していたとは!
驚きと嬉しさのあまり、朝から出てきてしまいました!
1. Posted by えいと@   2010年10月06日 06:23

こんにちは、えいと@です。

おぉお〜〜〜!
ご旅行にでも行かれたのかと思っていたら…!
デモに参加しておられたのですね!
お疲れさまでした!
そしてありがとうございました!

アメリカに住んでいる私も、まるで参加したかのように熱気を感じます!
日本人の底力!ですね。

2700人近く、他の地域でのデモをあわせると3000人は軽く超えていたであろう今回のデモなのに。
日本のマスコミはこぞってスルー。
信じられません。。。
本当に腹立たしいですね、日本のマスコミは!

第2弾、楽しみにしています♪ 応援☆

   えいと@


  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字