今週のたかじんのそこまで言って委員会~「嫌韓流」じゃないんだよ!!私信&ブログ更新お休みします

2011年09月22日

異常過ぎる!!「沖縄教科書問題」

皆さま、こんにちはサワディーカ。
本日のひと言タイ語は、ズバリ。
Sorn:ソーン=教えるです。(・∀・)つ

この夏、すったもんだの動きを見せていた沖縄の「教科書問題」。どうなるのかとその動静を見守っていましたが、ここにきてようやく国が動き始めるというニュースがありました。


八重山地区 文科相「法に基づき判断」(産経9/20)
 沖縄県石垣市と与那国町、竹富町からなる「教科用図書八重山採択地区協議会」が選定した育鵬社の公民教科書が一転「不採択」とされた問題で、中川正春文部科学相は20日の閣議後会見で、「どうしても(同一採択が)難しいならば、法律の趣旨に基づいて判断していくことになる」と言及。文科省が県教委に対 し、竹富町教委を強く指導することを求める意向を示した。
教科書の選定がこれほど「問題」になる国は世界広しと言えども、この日本だけじゃないでしょうかねε=ε=(;´Д`)

以前、ワタクシのブログでも教科書についてはタイトルUPしたことがあります。
「教科書」と一口に言ってもその内容は出版社によって全く違っているということ、皆さんはご存じでしょうか?
詳しくはこちらの過去記事をご覧ください

【関連拙記事】
大阪の「教科書展示会」に行ってきました!

【参考リンク】花時計様よりお借りしました)
・歴史教科書比較表
 http://www.hanadokei2010.com/pdf/kyokasho/rekisi-hikaku.pdf
・公民教科書比較表
 http://www.hanadokei2010.com/pdf/kyokasho/koumin-hikaku.pdf 
・歴史事実隠蔽テスト表
 http://www.hanadokei2010.com/pdf/kyokasho/rekisi-test.pdf 

あと、“日教組”の教育というのがどんなものか、あわせてこちらもご覧ください。

「新幹線に乗ってはいけません」と子どもに教える教師!?~日教組解体のススメ
【6/10参院予算委員会】日教組と民主党の関係~子どもたちの教科書が危ない!


さて、教科書の選定を巡ってはこれまでも日本のあちらこちらで騒動が巻き起こっていますが、沖縄の場合はそれに輪をかけてえらいことになっています。

「沖縄教科書問題」のこれまでの経緯


まず、八重山で公民の教科書に育鵬社の教科書採択が決定されます。

八重山採択地区協 中学公民で「育鵬社」選定(琉球新報8/23)
 【八重山】教科用図書八重山採択地区協議会(会長・玉津博克石垣市教育長)は23日、石垣市教育委員会で2012年度以降の4年間、中学校で使用する教科書の選定作業を行い、社会科公民で育鵬社の教科書を選定した。選定は非公開、無記名投票で行われた。歴史教科書は帝国書院が選ばれた。
 市教育委員会前では自由社、育鵬社の不採択を求める抗議活動が行われ、9・29県民大会の意見を尊重するよう呼びかけた。

育鵬社の教科書は沖縄県初。
沖縄初 育鵬社の公民教科書を採択 領土記述を評価(産経8/24)

この動きを受けて、竹富町教育委員会のみがこの決定を拒否。

沖縄・竹富町、育鵬社を不採択 地区協決定を拒否(産経8/27)
 沖縄県竹富町教育委員会は27日、来春から中学校で使用される公民の教科書について、同町と石垣市、与那国町からなる教科用図書八重山採択地区協議会が選定した育鵬社の教科書を不採択とした。採択地区内の市町村に同一の教科書採択を求めた教科書無償措置法に反する判断。石垣、与那国両市町の教委はすでに 育鵬社の採択を決めており、採択地区内の教委間で採択結果が割れる極めて異例の事態となった。

さらに、地区教育委員協会なるところが採択反対の声を挙げ、マスコミも不採択ムード一色に。

八重山教科書:地区教委協 育鵬社版採択せず(沖縄タイムス9/8)
 八重山地区の中学校公民教科書採択問題で、石垣、竹富、与那国の3市町の全教育委員でつくる地区教育委員協会(会長・仲本英立石垣市教育委員長)は8日、多数決で「新しい歴史教科書をつくる会」系の育鵬社版を採択しないことを決めた。
でも、これってよくよく見てみると、教科書の選定決定権があるのは「教科用図書八重山採択地区協議会」であって、ふって沸いた「地区教育委員協会」じゃないんですけどね。(; ̄Д ̄)
「新しい教科書」系とわざわざ記述しているぐらいですから、マスコミ(沖縄タイムス)もこのまま育鵬社の教科書が採択されるのはマズイと焦っての報道ではないでしょうか。

この「逆転不採択」劇を過剰に煽ったのは他でもない沖縄マスコミです。

edc11091608510000-p1

この紙面、異常過ぎませんか

一面トップ記事が「教科書問題」ってねぇ・・・(((( ;゚д゚)))

■最大級の扱い

 「『つくる会』系不採択」「育鵬社版不採択」。

 9月9日、琉球新報と沖縄タイムスは1面に大見出しを掲げた。琉球新報は社会面でも見開きで「平和・人権貫く勝利」「住民胸なで下ろす」、沖縄タイムスも「採択逆転 市民安堵(あんど)」と最大級の扱いで報じた。

  始まりは7月中旬。琉球新報が、協議会会長を務める石垣市の玉津博克教育長の「改革」を批判的に報じた。これまで採択権のない教員の意向で決められていた不適切な採択方法を改めようとするものだったが、以来、両紙は玉津氏を「独善」と断じ、「戦争賛美の教科書採択への布石」などとする市民団体や教職員組合の主張を書き続けた。

 協議会が育鵬社を選定すると、やはり1面などで大展開し、「行き着くのは戦争」「『皇民化』に危機感」「大変なことになった」と“反発”した。

 竹富町教委が2度にわたり育鵬社を不採択とすると、琉球新報は社説で「竹富町が提案したように3市町の教育委員全員で合意形成を図るのも一つの方法」と述べ、採択に関し法的根拠のない全員協議へと“誘導”していった。


「住民 胸なでおろす」とか「市民安堵」とか勝手に見だし作っちゃってますけど、胸なで下ろして安堵したのはあんたら左翼陣営の連中だけだろ
「行き着くのは戦争」
って本気で言ってんのとまさに総ツッコミの紙面です。

沖縄2大紙の「沖縄タイムス」と「琉球新報」ですが、あの朝日新聞の上をいく(!?)ほどの左偏向報道で有名な新聞です。基地問題などでもそうですが、いつもマスコミで取り上げられるのは「反対派」の姿ばかりで、まず「容認派」は無視されます。2大紙がこぞって反対!のシュプレヒコールを挙げているんですから、さもありなん。という感じですが、この教科書問題にいたっても、左巻きの反対大合唱ばかりが報道され、本当の市民の声は全く取り上げられません。

マスコミ報道だけ見ていると、まるで「沖縄は左翼だらけ」みたいに錯覚をしそうになりますが、実際には保守派もいればブログで真実を伝えようとされている方もたくさんおられます。実際、今では基地反対派は沖縄県民の約1/3だと言われています。

今回の沖縄教科書問題、腰の重かった政府が動き出したことで全国的にこの異常事態が知られるようになったことは意味のあることだと思います。「反日・左翼陣営」は断固阻止の構えを崩さないとは思いますが、そうやって揉めれば揉めるほど隠されていた真実が明るみに出てくると思うので、どんどんやって欲しいですね。

子どもたちが自分の国に自信と誇りを持って生きられる教育。
それこそが教科書に一番重要な要素であって、日教組の先生方の歪んだ思想の押しつけではけっしてないのです

以前にも書きましたが・・・φ(.. )

まともな国はまともな国民から

まともな国民はまともな教育からです



ご訪問ありがとうございます!!ポチッと応援お願いいたします。m(_ _)m

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

こちらもポチっとクリックしていただけるととっても励みになります☆

人気ブログランキングへ



siamyamato at 09:44│Comments(6)TrackBack(0) 時事・ニュース | 教育

トラックバックURL

この記事へのコメント

6. Posted by さやーむ   2011年09月24日 23:35
star様

こんにちは。アドレスありがとうございます。
韓国にいらっしゃるということで、韓国ネタには尽きなさそうですね。
肩の張らない息抜きブログ記事を私も目指してはいるんですが、とりとめもない形で終わったり、単なる毒吐きになってしまうことも多々あります・・・。

でも、まあブログだし自由にマイペースにやればいっか、というスタンスです。^^

さやーむ
5. Posted by star   2011年09月24日 19:48
ふたたびおじゃまいたします。
私のブログのアドレスを入れておきます。
とてもつたない記事でお恥ずかしいのですが、息抜き程度にはなるかもしれません。もしよろしければご覧になってください。
4. Posted by さやーむ   2011年09月23日 23:44
えいと@さん、こんにちは。

> 正しい歴史を教えることがなぜ「行き着く先は戦争」なのか、意味不明ですよね。

ほんと、意味不明です。「皇民化」とか。先の戦争は天皇陛下のために戦った戦争で、「天皇=悪」という解釈なんでしょうね。

> 先の戦争がどういう戦争であったのか、それをしっかり教える方が「将来的に戦争へ向かわないようにするためには何が必要なのか」を教えることになると思うのですが…。

そうですね。戦争の背景が語られないまま、一方的に「日本が悪かった」という解釈は出来ません。今の教科書(日教組ご推薦の)はあまりにも見方が偏向しているため
に、本当の歴史を日本人が知らないということになっています。

> 日本のマスコミは全体的に左翼系が多いのですけれども、沖縄は輪をかけて100%左翼報道ですからね。

いや~。紙面が凄いことになってますよね・・・。ネットでずっと動きを追っていたんですけど、改めて紙面を見るとその異常さが際だちます。

> それでも、気がついた沖縄県民の方が増えて来ていますね。
> これはネットの威力だろうと思います。

そうですね。今まで既存のメディアしか情報がなかった人たちにとって、ネット情報というのは重要な情報源でもあり、真実を伝える媒体でもあると思います。

教育は人間の元をつくる大事な要素です。日本がまともな国になるためには、まず教育界から歪んだ思想を一掃しないといけませんね。私立の学校で育鵬社の教科書採用が増えつつあるというのは良い傾向です。徐々にそういう波が広がっていってくれることを期待したいです。

さやーむ
3. Posted by さやーむ   2011年09月23日 23:17
star様

ご訪問、コメントありがとうございます。

> 私もこの沖縄の教科書問題を記事にしましたが、
> 沖縄がこんなことで大丈夫なのでしょうか。

star様もブログやっておられるんでしょうか。もしよろしければアドレスを教えていただければお邪魔いたします。

> 今や沖縄がかつてのサイパン、テニアンのように、日本の「絶対的防衛圏」ではないかと感じます。

まさにそうですね。国境の島を多く抱えている沖縄県はそれだけで最重要防衛地域だと思いますが、年々防衛費が削られる中、今の日本には国土を守ろうという姿勢がないことが近隣諸国から見ても一目瞭然です。

> 日本の中にも「民主党」という、良人のフリして「民主党沖縄ビジョン」なんていうものをたくらみ、隙あらば隣国へ差し出そうとしている集団がいます。

「日本は日本人だけのものではない」と言い切った愚宰を輩出するぐらいですから、ベクトルは常に宗主国「中国」に向いているのではないでしょうか。そんな党を与党に選んでしまったのは他でもない、私たち国民なんですが・・・。

> 沖縄こそ、本当の歴史を教え、伝えていってほしいと思います。

沖縄メディアは完全に左翼に牛耳られてしまって、沖教組の妨害も凄まじいものがありますが、それに負けないぐらいの保守の力を期待したいと思います。歪んだ思想ではなく、客観的な事実を知るべきです。

またのご訪問お待ちしております。

さやーむ
2. Posted by えいと@   2011年09月23日 05:28

こんにちは、えいと@です。

正しい歴史を教えることがなぜ「行き着く先は戦争」なのか、意味不明ですよね。
先の戦争がどういう戦争であったのか、それをしっかり教える方が「将来的に戦争へ向かわないようにするためには何が必要なのか」を教えることになると思うのですが…。

日本のマスコミは全体的に左翼系が多いのですけれども、沖縄は輪をかけて100%左翼報道ですからね。
沖縄県民に考えさせるチャンスを奪ってきたと言ってもいいと思います。
それでも、気がついた沖縄県民の方が増えて来ていますね。
これはネットの威力だろうと思います。
今回、こうやって全国に沖縄の現状が広まったのはいいことですね。

まともな国はまともな国民から! まともな国民はまともな教育から!
その通りですねっ!
将来の日本を背負って立つ日本の子供たちに、日本人で良かったと、日本のために頑張りたいと、
そう言える日本人を育てていかないと!…って思います。

     えいと@

1. Posted by star   2011年09月23日 00:23
私もこの沖縄の教科書問題を記事にしましたが、
沖縄がこんなことで大丈夫なのでしょうか。
是非、沖縄の皆様には左巻きなヤツらにダマされないでほしいです。
今や沖縄がかつてのサイパン、テニアンのように、日本の「絶対的防衛圏」ではないかと感じます。
沖縄を「狙っている」のは中国だけではありません。
日本の中にも「民主党」という、良人のフリして「民主党沖縄ビジョン」なんていうものをたくらみ、隙あらば隣国へ差し出そうとしている集団がいます。
沖縄こそ、本当の歴史を教え、伝えていってほしいと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
今週のたかじんのそこまで言って委員会~「嫌韓流」じゃないんだよ!!私信&ブログ更新お休みします