たかじん

2011年09月18日

今週のたかじんのそこまで言って委員会~「嫌韓流」じゃないんだよ!!

皆さま、こんにちはサワディーカ。
本日のひと言タイ語は、ズバリ。
Yuen-yan:ユーンヤン=主張するです。(・∀・)つ


ブログを書くようになって、毎日時事ニュースを各社一通りチェックするんですが、それでもなかなか目に留まらなかったり、見落としてしまうネタがあったりします。テレビ等で大々的に報道されるニュースは、言ってみれば「どうでもいい話」や下手をすると「エンタメ」ばかりだったりして、本当に私たちが知らなければならない事柄はほとんど報道されません。

以前、こちらでもお伝えした「フジテレビの偏向報道に対するデモ」も主要メディアでは一切報じられていませんでした。今日も大阪で抗議デモが御堂筋を中心に行われたようですが、まあニュースにはならないでしょうね。

【関連リンク】
【フジテレビ】抗議デモまとめwiki

【関連拙ブログ記事】
8.21「フジテレビ偏向報道反対デモ」~IN お台場
外国人に買われる放送局株~高岡蒼甫騒動に見る日本マスコミの異常さ/フジテレビの「韓国放送化」


本日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」で10分ほどこの抗議デモの件について触れられました。
他メディアが総スルー中、番組内で取り上げられたこと自体は評価すべき(?)ことかもしれませんが、話全体を聞いていると「なんだか趣旨が違うな~」と思いながら見ておりました。

ご覧になった方は分かると思いますが、要点が「“韓流ブーム”をどう思うか?」ということに終始していて、「嫌なら見なければいい」といういたって単純な話に帰結してしまってるんですね。
いやいや、そういう問題じゃないだろ!!とツッコミが入りまくりの回でした。(; ̄Д ̄)
日本のテレビ局が韓国勢に牛耳られつつあるよってことが一番の問題であって、しかもその韓国が親日ならともかく、「反日」の旗を揚げているとくればそりゃ問題視もするわ!ということなんですが、まあ、突っ込めば自らの首を絞めることになってしまうためか全くその点には触れられていません。


お時間ある方は動画でご覧になってください。
(大半は原発と暴力団の話で後半ちらっとだけ「韓流」の話が出てきます。ここでは後半のみUPしてます。)

(9分頃~)
フジテレビデモを嫌韓流と決めつけ、偏向報道や韓流ブームねつ造について一切触れていない"たかじんのそこまで言って委員会"

デモは、菅 前総理の在日韓国人献金問題を一切報道しないマスゴミに対して行われたものであり、決して、嫌韓流を目的にデモを行ったのではない。今回の"たかじんのそこまで言って委員­会"での報道の仕方自体が偏向報道である!!

こちらの説明にもありますが、一連の抗議デモは「嫌韓流」が目的ではなく、あくまでも、“日本のテレビ局の姿勢”に対するデモなのに、要点がすり替えられてしまっています。
フジだけではなくテレビ局各局とも、突っ込まれれば似たような状況(半島勢力の増大という)の中、真実の報道は命取りになるということなんでしょう。だから、「嫌韓」ですましちゃえ、みたいな姑息な姿勢がうかがえます。

毎回、興味深いテーマで進んでいく「たかじん~」ですが、今回のように事実を矮小化し、真実を伝えないのは見ていてまったく不愉快です。
こんなんだったら放送しないほうがマシじゃないのちょっとガッカリです。
デモに参加した方は特にそう思われたのではないでしょうか。

メディアの責任、ってもの凄く大きいと思います。先の選挙で民主党が圧勝したのもメディアがこぞって民主党アゲアゲ+自民党総バッシング報道を行ったからであって、その反省なくして真実の報道はあり得ません。

はあ・・・本当に信頼出来る報道番組は関テレアンカーだけだよ・・・。
関テレとフジは系列ですが、報道姿勢が全く違っていますので、くれぐれもフジと混同して抗議デモを関テレ前でしないように・・・!


ご訪問ありがとうございます!!ポチッと応援お願いいたします。m(_ _)m

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

こちらもポチっとクリックしていただけるととっても励みになります☆

人気ブログランキングへ



siamyamato at 23:41|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2011年06月13日

「たかじんのそこまで言って委員会~脱原発!?新エネルギープレゼン」に青山千春博士登場!!

皆さま、こんにちはサワディーカ。
本日のひと言タイ語は、ズバリ!!
「Phlang ngaan:パランガーン=エネルギー」です。(・∀・)つ

各地で行われた(らしい)「反原発デモ」のニュースを朝から見るにつけ、
保守系のデモは一切スルーするのに、こうしたデモの様子は大々的に流しまくるマスコミに改めてウンザリしております。「それがマスコミやん!」と言ってしまえばそれまでなんですけども・・・。

ワタシが体験した(参加を含む)保守系デモの様子はこちらの過去記事をご覧ください。

1年ぶりの東京活動①デモ感想(前半)
1年ぶりの東京活動①デモ感想(後半)
3,300人がデモ集結!大阪の街に日の丸が乱舞する!!


震災3カ月、各地で脱原発デモ 福島・新宿・フランス…(朝日6/11)


東日本大震災から3カ月の11日、「脱原発」を訴えるデモやイベントが全国各地で開かれた。

東京・新宿では、インターネットでの呼びかけなどで集まった多くの人たちが午後3時すぎから行進。ロックやちんどん屋の生演奏を先頭に、休日の繁華街を約3キロ歩いた。主催者によると約2万人が参加したという。(一部抜粋)

えっ2万人???

なんとも胡散臭い数字ですねぇ・・・。Σ(´д`;)

というのも、このデモを主催したのは環境保護団体「グリーンピース」ですから、まったくその発表には信憑性がありません。

グリーンピースのあまり平和的でない世界(米「Forbes」誌, 1991年11月号からの翻訳)

ゴム製のいかだに乗り込み、鯨を救おうと喧嘩腰になっている抗議者の集団 -- これがグリーンピースのイメージである。 ところが現実のグリーンピースは、内部の人間にしか実態を知られていない、莫大な収入のある多国籍組織である。 しかもマスコミと大衆を巧みに操る才知に長けている。(以下、略)

デモを主催していたもう一つの団体、リサイクルショップ「素人の乱」も調べてみるとか~~なり怪しげです。
リサイクルショップなのに、「反原発デモ」の呼びかけをやっている・・・

この「素人の乱」なる団体のことが、パチンコ屋の倒産を応援するブログ様で指摘されていましたので、一部抜粋させていただきます。


今回の反原発デモもやはり素人の乱(法政大を追い出された中核派)が関与しています。
6.11新宿!!!!!原発やめろデモ!!!!!
http://611shinjuku.tumblr.com/
のサイトには松本哉の名前もあります。
(この人達は何十年経とうとこういうゲバ字っぽい書体が好きなようです)

他にも、参加者のデモパネルがどう見ても左翼団体のそれだろうという写真なども紹介されてあります。

原発の危険性を感じて純粋な気持ちからデモに参加された方もおられると思いますが、その運動やデモ自体が目的になっている団体があることを知っておく必要がありますね。

マスコミもこうした左翼的な情報を嬉々として流したがりますから、その情報だけを鵜呑みにするのは避けなければなりません。

ワタシは、原発推進派でも反対派でもありませんが、安易に「反原発、脱核」と叫ぶのはちょっと違うんじゃないかと思っています。反対の声をあげることは簡単です。でも現実問題として、現代日本人が「脱原発」の生活が送れるのか?と言ったら「NO」でしょう。原発も含めた日本のエネルギー政策を根本的に考えることから始める必要があると思います。


今週の「たかじんのそこまで言って委員会」ではまさにその「エネルギー政策」がテーマでした。

アンカー水曜日でもおなじみの青山繁晴氏の奥様、青山千春博士が登場されて「メタンハイドレート」の解説をされました他にも目から鱗の「芋エネルギー」とか、石油が作れる藻「オーランチキトリウム」など、普段は耳にすることのない(マスコミが報道しない)話がてんこ盛りです。聞いてみると「資源大国日本!」も夢ではないと思えます。

まだご覧になっていない方は、是非どうぞ!

画像は動画からの切り抜きです。クリックでリンク先に飛びます。


takajin

【たかじんのそこまで言って委員会 #110612】


青山千春博士が説明された「メタンハイドレート」は日本近海に眠っている貴重な天然資源です。

別名“燃える氷”「メタンハイドレート」をテレビで見たのは今回が初めて

魚群探知機を利用した探査方法の特許を国内外で取得した理由について、千春博士は、「中国や韓国に奪われないために」「国益のために」と言っているのに、辛坊氏が「がっぽがっぽ儲けられる」とかどうでもいい横やりを入れてくるんですよねぇ・・・。ε=ε=(;´Д`)「そらあんただろ!!」とツッコんだのはワタシだけではないでしょう。博士の解説にもちゃちゃを入れてきて、ほんと、うっとおしい!司会だけしててよ!

と、まあ思うことはありますけど、こうした次世代のエネルギーの話に焦点を当てて放送することは、単に「反原発!」と叫ぶ番組よりずっ~~と価値があります国民のほとんどが知らない情報ですからね。ただ、残念ながら日曜の昼という時間帯での番組ですが・・・(しかも関東エリアの放送はなし)

菅氏は「大好き」で「お得意の」自然エネルギーを政策の中心にすべく、「自然エネルギー庁」を作ることに意欲的だとか。どうしても「手柄を立てたい」「俺がやった証」を残したいんでしょうけども、長期的な視点が全くないその場しのぎの菅氏のことですから、ソフトバンクの孫正義氏に担がれて終わりでしょう。新たな利権団体の誕生を促すだけです。

原発を含む様々なエネルギー政策をメリット・デメリットを検証しながら考えていかないと、「自然エネルギー=環境に良い」というなんとなくのイメージだけが一人歩きしてしまうことになります。
利権でがちがちに固まった既存のエネルギー分野にメスを入れるのは容易ではないと思いますが、今がそのチャンスだとも言えます。私利私欲を超えた国益のためのエネルギー政策が今こそ望まれますそれは、菅さん、あなたでは無理なのよ。


1428798
愛国画報 from LA様よりお借りしました


ご訪問ありがとうございます!!m(_ _)m

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

こちらもポチっとクリックしていただけるととっても励みになります☆

人気ブログランキングへ



siamyamato at 14:08|PermalinkComments(4)TrackBack(1)

2011年05月03日

必見!!今週のたかじんのそこまで言って委員会~「国を守る」

皆さま、こんにちはサワディーカ。
本日のひと言タイ語は、ズバリ!!
「Pong^Gan: ポォンガン=守る、防衛する」です!(・∀・)つ

今日5月3日は、「憲法記念日」です。

~日本国憲法の3つの柱~
①国を治める主権は国民にあるという「国民主権」
②人間が生まれながらにして持っている、人間らしく生きる権利を永久に保障する
「基本的人権の尊重」

③世界の平和を永久に守るため、外国との争いが起きても戦争をしないで平和的に解決するという「平和主義」


今の日本国憲法はアメリカの「マッカーサー草案」を元にして作成されています。「平和主義」と言えばなんだか美しい響きがありますが、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」という憲法前文を見ても明らかなように、「自らが武力を持って自国を守る」という観点はすっぽり抜け落ちています。アメリカ製の憲法も世界の状況が変われば当然、変えなければいけないのに後生大事にしてきたのが戦後の日本です。

改めて日本周辺を見渡してみてください。中国、韓国、ロシア。
これらの諸国が「平和を愛する諸国民」???「公正と信義に信頼」???
堂々と領土を掠め取ろうとしているこれらの国に対して「われらの安全と生存を保持」できるでしょうか「平和的に解決」できる相手でしょうか日本が武力を行使しないことが分かっているから、中国とは尖閣諸島、韓国とは竹島、ロシアとは北方領土での問題を抱えているのです。

よく「9条」が問題になりますが、今の憲法の問題は9条だけに留まりません。いざと言う時、私たちを守ってくれるのは「平和主義」でも「9条」でもありません。確固たる主権に基づく軍事力です。そのためには一から自分たちの手で今一度憲法を作ることが望ましいと思います。憲法は国の背骨です。「国を守る」にはまずこの背骨を強くしないとダメです。


今回の「たかじんのそこまで言って委員会」のテーマはズバリ「国を守る」
見終わった後にはじ~~~んと深い感動が残る、というかなり中身の濃い内容でした。(´;ω;`)
ゲストは安倍元首相と櫻井よしこ氏という豪華な顔ぶれ1時間30分全てがオススメですので、是非ともご覧いただきたい






youtubeは早めに削除される可能性が高いので、もし見られない場合はこちらでどうぞ

【たかじん委員会 110501 1】
【たかじん委員会 110501 2】
【たかじん委員会 110501 3】
【たかじん委員会 110501 4】
【たかじん委員会 110501 5】

今回のテーマは「国を守る」ということ。守るべきものはー

1.国民の命
2.国民の財産
3.日本の領土
4.日本人の精神



11

被災地の凄惨を極める現場で心身を疲弊しながら救助活動を続ける自衛隊の状況を正確に伝えるメディアは今の日本にはほとんどありません。(産経新聞などは一部伝えていますが)
今回の救援活動で、国民の自衛隊に対する評価は高くなったのは確かですが、本来であれば国を守る最前線にいる自衛隊にもっと敬意を払ってしかるべきだと思います。

ただ、残念ながら「自衛隊は暴力装置」という暴言を吐いた仙石元官房長官の言葉に象徴されるように、この国では歪んだ教育と思想のせいで「自衛隊=戦争」と思いこんでる人たちがたくさんいます。メディア内にも蔓延るこの左翼的な思考のせいで自衛隊をタブー視する傾向が強いのです。
パネラーの森本氏が「政治家を一回全員自衛隊に放り込んだらいい」と言われてましたが、ナイスアイデアだと思いますね“3ヶ月も隊員生活をすれば目の色が変わる”ということなので、最低限、今の閣僚は全員放り込むべき。
「組織のなんたるかを知らないと組織を動かすことが出来ない」という櫻井氏の言葉にも同感です!


こちらもメディアはもちろん教科書などでもほとんど触れられることのない「天皇」

14

3

今回の大震災で天皇・皇后両陛下は被災地各地をご訪問され被災者を励まされ、御自らも皇居内の節電など努められています。国民とこの苦難を分かちあうことをビデオメッセージでも託されました。



 
安倍氏によれば「陛下は通常(お言葉の中で)特定の団体や固有名詞を挙げられないが、今回は、自衛隊、消防、警察、海上保安庁という言葉が挙げられた。特に自衛隊という言葉はこれまでない」ことで、また陛下が言われた「雄々しさ」という言葉については明治天皇も昭和天皇も今上天皇も“ここぞ”という時に使われるのだそうです。

今回の大震災はまさに100年に一度の「国難」であると、思われているからこその「雄々しさ」という言葉だったのですね・・・。


明治天皇(日露戦争開戦時に詠まれた)御製

敷島の 大和心の 雄々しさは
事あるときぞ 現れにけり



昭和天皇(終戦の翌年に詠まれた)御製

降り積もる 深雪に耐えて 色変えぬ
松ぞ雄々しき 人もかくあれ


今上天皇(震災後に発せられた)のお言葉

これからの日々を生きようとしている人々の雄々しさに、
深く胸を打たれています



「自衛隊」という言葉がこれまでに発せられることはなく、特に一番最初に言われたということは、いかに今回の災害で自衛隊が国民を救っているかと天皇陛下が思われているからかもしれません。
普段の生活の中で私たちがほとんど意識することのない、「自衛隊」や「天皇」ですが、こうした国難の時にはやはりなくてはならない存在であることを実感します。

王室を持つタイでは一家に一御真影(プミポン国王とシリキット王妃)はもちろんのこと、過去の偉大な大王の御真影まで掲げているところもあります。祝祭日にはタイ国旗でお祝いします。日本だとたちまち「右翼だ!」などと言われそうですが、タイではごく当たり前のことです。「右」とか「左」とか関係なく、国家への帰属心の問題なんです。


「国を守る」ということ。
一人一人が考えてみるときが今なのかもしれませんね。



【関連拙記事】
「成人の日」の由来~日本の「祭日」の意味



いつも応援ありがとうございます!!m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

こちらもポチっとクリックしていただけるととっても励みになります☆
人気ブログランキングへ



siamyamato at 14:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年03月07日

たかじんNOマネー「あぶないマネー」~ブラックマネーと現職閣僚との癒着

皆さま、こんにちはサワディーカ
本日のひと言タイ語は、ズバリ!!
Kwaam-rab-phid-choob:クワーム ラッ(ブ) ピッ(ド) チョー(ブ):
=責任」
です。(*・ω・)ノ

前原氏の辞任が思っていたよりも早かったことにまず驚きましたが、マスコミの報道を見ていると、一丸となって”前原氏擁護”の姿勢であることがはっきり分かります。(記事はいずれも
一部抜粋)

前原外相 献金問題で辞任(NHK3/6)


前原大臣としては、野党側が強く辞任を求めていることに加え、民主党内でも平成23年度予算案など国会審議への影響を懸念する声が広がっていたことを踏まえ、政権運営への影響を最小限に食い止めるためにも、みずからの責任を取って外務大臣を辞任する判断をしたものとみられます。

「足の引っ張り合い」=前原外相の地元-京都(時事3/6)

社説:前原外相辞任 菅政権最大の危機だ(毎日3/7)

判明している献金は少額で、全容はまだ明らかになっていない。そんな中での外相辞任は性急過ぎるのではないかという印象がある。


献金の在日女性、涙浮かべ「我が子のようで…」(読売3/7)

献金した女性「私のせいで」 前原外相辞任(朝日3/7)


ネットではこうした一連の報道を「お涙頂戴劇場」と一蹴していますが、
テレビニュースでは↑NHKに見られるような「野党」が辞任を求めていて、混乱を避けるためにも、前原氏が潔く身を退いたかのような論調がなされています。テレ朝にいたっては、「おばあさんのたった25万円の献金で日本外交に影響が出たとは思えない」だって・・・。Σ(´д`;)

一番重要な問題をどこも報道していないんです。


つまり、外国人(在日韓国人)から定期に渡って受け取っていたということが問題なのであって、献金の額は問題ではないんです!

明らかに法律に違反しているということが問題なのです

先日の予算委員会で前原氏は「中学時代からお世話になっていた在日韓国人女性から少なくとも4年間献金を受けていた」と西田氏の指摘にもありましたが、これは前原氏本人も認めているところです。
辞任はもちろんのこと、公民権停止(議員バッジ返上)ということにも及ぶ大問題なんですが、どこもそのことを報道していないんですよねぇ・・・・(; ̄Д ̄)

《参考》政治資金規正法のあらまし(総務省資料・PDFファイル)


これが自民党議員だったらそりゃあもうボコボコにされて政治生命が絶たれるであろうことは、容易に想像出来るんですが、民主党、特に、朝鮮半島に独自のパイプを持っている前原氏に関しては甘過ぎてマスコミの露骨な偏向報道に唸ってしまいます。

そんな中、前原氏がこれ以上「黒い部分」を掘り起こされる前にとっとと辞めたんじゃないかという記事があります。(以下、すべてZAKZAKから一部抜粋)

前原辞任、実は「泥舟から逃げた!」暴力団絡みの疑惑も浮上(3/7)

「国会情勢を踏まえ、外交の空白をつくらないことも考慮した」などと語っているが、実は、自民党などの野党やマスコミが、新たな疑惑・問題を追及する直前の辞表提出だった。

週明け7日の参院予算委員会。野党各党は前原氏を徹底追及する構えだった。4日に違法献金を暴露した、自民党の「新爆弾男」こと西田昌司参院議員も「朝鮮総連との関係を含めていろいろある。そこをやる予定だったが、勝手に自爆して…」と、二の矢、三の矢があったことをチラつかせた。


前原、売国行為で致命傷 北と不透明な関係“証拠写真”も
(3/5)


実際、前原氏と北朝鮮の関係は怪しい。

京都府議時代(1992年)と衆院議員当選後(99年)の2回にわたって訪朝。前原氏は「私は外交安保が専門。北の事情を知る、いい機会だと思った」と話しているが、2度目の訪朝時には、高麗ホテルで「よど号」ハイジャック犯4人と『偶然』会談している。

しかも、その際に通訳として同行した女性と親密だったとされ、「まるで恋人のように写っている写真」(政府高官)が北朝鮮から流出、公安当局も入手したという。西田氏が国会で指弾した、問題の在日女性と撮った写真とは別の意味で、前原氏の政治生命を直撃しかねない1枚だ。


前原氏と北朝鮮については、以前、自民党の稲田議員がかなり突っこまれてました。まだご覧になっていない方はこちらをどうぞ。



2011.02.21(月) 衆議院 予算委員会 稲田朋美 「前原外務大臣と北朝鮮」



かつて、どこかのどなたかが「疑惑の総合商社」という言葉を国会で言われていましたが、前原氏こそ“黒い疑惑”のオンパレードという気がしますね。ε=ε=(;´Д`)
西田氏の質疑はまさに「一番クリーンに見える」「民主党内の保守」である前原氏の“黒い部分”に風穴を開けた強烈な弾丸でしたが、次の疑惑への追及が封じられたのは非常に残念です・・・。


さて。昨日のテレビ大阪「たかじんNOマネー」では、病み上がりの青山さんがゲスト扱いで出演に復帰されていました~
最近「NOマネー」は全然面白くない(ゲストによるけど)ので、一応録画はするものの見たり見なかったりが続いていましたが、昨日の放送は久しぶりに面白かったです

前半は須田慎一郎氏(金融ジャーナリスト)の暴力団にまつわる闇マネー、後半に青山さんの北朝鮮関連の闇マネーについての解説でした。
金正日一族の亡命先は中国ではなくてフランスであるとか、湾岸戦争で日本が出した1兆6千億円が実は全額湾岸諸国に渡っておらず、一部日本の政治家にバックされているとか・・・。かなり興味深い、もうこれだけで1時間やってよ~という内容でした

こちらでは、暴力団と政界の癒着、北朝鮮と日本の政治家の癒着についての須田氏(ちょこっと)&青山さんの発言部分をざっくり書き起こします。(敬称略)φ(.. )

no2

須田:実はね、大手広域暴力団のですね、企業舎弟っていうフロント企業があるんですが、そこから今の現職閣僚が献金をもらっている。複数の、しかも。ということが今どーーっと情報が出回ってですね、場合によってはあと2週間ぐらいで大手マスコミで出るかもしれない。

no0

岸:閣僚の名前誰ですか?

no3

一同:(ざわつき)

青山:須田さんと事前に全然打ち合わせしてない、さっき廊下で初対面だったんだけど、その閣僚、僕も2人は知ってます。で、それもわりと最近聞きました。どこから聞いたかというと、ズバリ、察から。

岸:それは主要閣僚ですか?

青山:主要閣僚です。

真鍋:それ、何のためにお金を渡しているんですか?

青山:っていうか、前から、その若手の時代からずーーっと援助を受けてきた経緯もあって、今更縁を切ろうとしても切らしてくれない。

一同:お~~~

たかじん:ここや!ここやねん!一回もらうと・・・ゼロか100しかないねん!

青山:たかじんさんの言うとおり。それは官房機密費でも同じ。

須田:これ、フロント企業ですから違法行為でもなんでもない。適切に処理されているし、正式に収支報告書に出てる。そういった意味では、道義的責任しかないんだけれども、果たしてそれで良いんだろうかっていうね・・・。

青山:あとね、現職閣僚っていうことは現政権の中枢ですが、自民党の一部が知って予算委員会、国会で追及しようともしているんだけど、僕、それを聞いたから自民党の側に電話して、「そんなことよく言えるな」と。自民党の方もズブズブじゃないか。じゃあ、自分たちの内部告発もやれよ、と。国会で。僕、すいません、入院中のベッドから携帯でかけてですね。(一同:笑)ほんとについ最近ですよ。まだ4日ぐらい前、このやりとり。


~相撲賭博など闇社会の話(中略)~

【北朝鮮の実態】
・金王朝の3代世襲は無理
・金正日一族は中国ではなくフランスに亡命するつもり


no

青山:↑これ、全部報道から引いてあるけども、やっぱり報道から引いたんでは本当はダメで、全部ゼロが違うとは言わないけども、全然桁違いですよ。もっと遙かに多いです。

さっき、須田さんから重大な特ダネとして、暴力団からのね、その一種の上納金を吸い上げている政治家だっているんじゃないかというお話があったけれども、実はその現職閣僚の中にですね、北朝鮮のブラックマネー、朝鮮総連を通じて受け取ってるという人がいて。で、もう受け取ってるなんて有名な人もいたんだけど、彼女は・・・(苦笑)

真鍋:彼女~?(一同:笑い)

青山:彼女は今、閣僚でなくなった。 ところが、さっき岸さんから主要閣僚ですかっていう話があったけど、主要閣僚の中で、それが最近、警察にしっぽを掴まれた人がいるんですよ。警察と言っても、皆さんね、刑事警察じゃないんですよ。警備公安警察だから。

岸:あ~~なるほど・・・


no1

青山:ええ。これは、僕、非常に深刻な問題だと思います。
日本は一生懸命、その、制裁をかけてね、北朝鮮は日本を弱いとみて、日本から制裁を外させて、そしてもう一回日本からのマネーも受け取りたいと思ってるんだけど、そのためにはですよ、今、その無理に無茶な手段で北に送るんじゃなくて、日本の政治家をどっぷりもうその金を染み通らせて、そして、例えば、横田めぐみさんが生きているかもしれないっていう話をですよ、今、闇で、日本の政治家、特に菅さんとこに届くように流しているから。

その染み渡った人がですよ、これ、生存の可能性があるんだったら、そして北が偽の遺骨を出したのを変えるんだったら、これはもう大変なチャンスだから、やっぱり北とまともにやるべきだと。 そうしたら、北が制裁の一部解除っていうことを条件にしてきたら、乗るべきだと。必ずこの動きが出てくるんですよ!やがて。それを監視しなきゃいけないんです。

須田:そのことが成功すれば、だって、支持率、どーーんと上がるじゃないですか、ねぇ。今、菅さんが人気を回復しようとしたら、北朝鮮ファクターしかないんですよ。

青山:これは、実は、推測の話じゃなくて、今、水面下で進行している話だから、よーく有権者、国民、気をつけるべきだと思いますよ。



なんだか、前原氏のブラックな部分(前原氏だけじゃないけど)がぷんぷん臭ってきませんか? 「暴力団絡みの疑惑」というのは、あちらこちらで煙を上げているようです。
そこを突かれる前に自ら身を退いた、と見るのが今回の辞任劇の真相だと思うのですがいかがでしょう

民主党閣僚ブラックマネーについてはこちら→

【国会中継 西田議員1 前原・野田・蓮舫にブラック献金 1/3



確かに、青山さんが言うように、叩けば埃が出る人が自民党にもいるでしょうね。たかじん氏の「ゼロか100かしかないねん」ということだと思います。理想はそりゃ、ゼロですけどね~。

ただ、今は、「自民党もやってるじゃないか!」とか言ってる場合ではないんです。西田氏の放った強烈な弾丸が勢いをなくさないうちに、民主党政権を打倒することがまず最優先すべきことでしょう。

近いうちに、菅氏への「任命責任」と今こてんぱにやられている細川厚労相攻撃で、なにか大きな動きがあるかもしれませんね。(期待)


一刻も早い解散総選挙が望まれますが、民主党はもう懲り懲りだけど、かといって自民党もなあ~~と、安易に無所属の議員を信用するのはちょっと待ってくださいこの民主党不評のあおりを受けて、今、日本全国に「反民主」の流れが加速しています。その候補者、本当に無所属ですか?「減税日本」「○○維新の会」もちょっと待って!!民主の顔を隠した“隠れ民主”かもしれませんよ。ネットでちょいちょいと調べればすぐ分かります!

tyottomate11-1


こちら、ワタクシも参加しております「まつりごと女子☆倶楽部」の“統一地方選に行こう”バナーです。ごくごくフツーの婦女子が「日本の政治おかしくないかい?」とワイワイ集っております。関心・ご興味のある方はこちらへどうぞ☆

flower

img3


いつも応援ありがとうございます!!m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

こちらもポチっとクリックしていただけるととっても励みになります☆

人気ブログランキングへ



siamyamato at 20:43|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2011年02月14日

今週の「たかじんのそこまで言って委員会」必見!!~憲法改正論議~

皆さま、こんにちはサワディーカ
本日のひと言タイ語は、ズバリ!!
「Rat'tham ma Nuun: ラッタタ(ム)マヌーン=憲法」です!(・∀・)つ

今日はバレンタインデーですね~(*´∇`*)
最近の日本のバレンタインはなんでも友達同士で交換したり、自分へのご褒美としてちょっとお高めのチョコを買ったりする人が増えてきているらしいです。

日本では一般的に「女性から男性への愛の告白をする日=バレンタイン」ですが、タイでは、男性から女性にお花を送り気持ちを伝えるのが一般的です。 暑いからチョコも溶けちゃいますしね。
レストランによっては女性客だけにバラのプレゼントがあったりして、ちょっとだけハッピーな気分になれます! その日は至る所で女性がバラの花を手に持っている姿を目にしますよ。


さてさて。本日のお題はコロッと変わって今週の「たかじんのそこまで言って委員会」から“憲法改正”についてです!!(どんだけ違うんだ

テーマはズバリ「憲法改正」と大相撲の八百長問題でしたが、大相撲の方はワタクシの独断で割愛させていただきます。m(_ _)m

今回は、櫻井よしこ氏が初出演されました(待ってました~)ので、いつにも増して内容の濃い放送だったと思います
時間とパワーの関係上、書き起こしは出来ませんが、ところどころ例によって“ゼミレポート下書き風”(時折書き起こしモドキも含む)にメモを挟んでいきま~す!φ(.. )

youtubeで昨夜まであった動画が今見たら削除されていました。(´;ω;`)最近はUP主(動画をサイトにアップロードされる方)さんも削除のスピードがものすごく速くなっているようです・・・。
見つけた動画はかなり重いサイトなんですが、全編公開されてますので、がんばってご覧いただきたいと思います
↓クリックでリンク先に飛びます↓
takajin

【安倍氏の考える「憲法改正」の理由】
今の憲法は当時のGHQ進駐軍の手によって作られた憲法である
②現憲法が出来て60年。時代にそぐわないものがある
自分たちの憲法だから自分たちの手で書いていく。それによって私たちは真の独立精神を勝ち取ることが出来るんだろうと思う


今回は委員会が選ぶ「改正すべき憲法ベスト5」(*議論が尽きない“第9条”を除く)ということで、5位~1位まで順に追っていきたいと思います。

◆第5位◆ 第3章【国民の権利及び義務】
5

櫻井氏(パネル「改正すべき:個人があって家族がない」
:抽象が全部個人に集まっている。個人というのは大事なもので守られるべきものというのはいいんです。だけれども、「個人を育ててくれたのは家族」なんです。親があっておじいちゃん、おばあちゃんがいて。その家族について第3章は全く何にも言っていないというのに等しいんです。家族を大事にという価値観がそこに全くないんですね。みんな個人の集合体で、自由と権利がありますよ、と。責任も義務もほとんどありませんよ、と。家族の大事さというのを書いていない憲法というのは異常なんですよ、世界でも


~憲法が制定された背景~


三宅氏(パネル「改正すべき:国を守る義務を入れるべき」
:「アメリカでもリベラル(左寄り)の人が自分たちの理想を書く。あるいは支配者として日本を意のまま動かすために作ったのが今の憲法の初めなんですよ。
日本の案として閣議決定するときに、当時は幣原喜重郎っていう人が総理大臣だったんだけど、『この憲法を我々は政府案として決定する。しかし、今、国民は黙っているけど、これは我々は子々孫々まで責任を負わなければならない』といって閣僚が泣いたということが、当時、厚生労働大臣だった芦田均さんの“芦田日記”というのに書いてある。
つまり、被支配者として屈辱的な憲法だと当時はみんな知っていた

櫻井氏
:「終戦から40年経った時に、日本の憲法学者の西修先生という方がアメリカを訪れて、その当時日本人に代わって書いたアメリカ人がまだ十数人健在だったんです。この人達を全員訪ねたんです。そしたら11人全員が『あれ!?なんだ、お前さん達。まだあの憲法使ってるの!?』と言ったんです。西さんが『あなた方が2/3も賛成しなければダメだという厳しい条件を付けたから』と言ったら、『うーん、そんなもの作ったかなぁ・・・』と忘れてたって!(苦笑)
『あの憲法は我々が日本統治をやりやすくするために作ったものだ。我々がいなくなったらあなた方はすぐ変えると思ってたよ』と言われてから25年経ってもまだ使っているんです」



◆第4位◆ 第1条【天皇の地位】
4


櫻井氏(パネル「改正すべき:日本国の元首と定めるのがよい」
:「
日本は世界一古い伝統を持つ「君主制の国家」なんですよ。
984年に奝然(ちょうねん)というお坊様が中国(北宋の時代)に行った。奝然が北宋の2代目の皇帝に日本の皇室について言ったら、2代目皇帝が嘆いて、『あんな小さな遅れた国ではるかに立派な制度がある。本来はこうあるべきだ!』と言った。
125代の天皇を戴いているという我が国は世界最古の君主制国家なんです。それは天皇陛下が元首であるということを自然に物語っている。
ではなぜ、憲法で元首とならなかったか?東大の最初の憲法学者、宮沢俊義さんが「天皇は元首として認められない」という説を出してしまった。宮沢学派というのが浸透していって、憲法にもの凄く影響を与え矛盾する第1条ができてしまった」



◆第3位◆ 第96条・第1項【改正の手続き】
3

ほとんどのパネラーの方が「改正基準のハードルが高い」とコメント。

さらに安倍氏は・・・

31

国民が憲法に対する意思を表明する機会を奪っているのが96条『改正の手続き』であるとして、「3分の2」が賛成というハードルは国会議員の傲慢と言い放っておられます。現行の「3分の2」を「2分の1の賛成」にしなければ憲法改正は不可能だと指摘国会だけで議論を止めてしまうのはおかしい。

櫻井氏(パネル「改正すべき:手続きの基準が高すぎる」
:「民主主義の原則から言えば、半分以上の人が賛成すればいい。戦後3分の2の議席を持っている政党というのは一つもない。今まで一回も憲法改正をするような政治状況がなかった」

金美齢氏
(パネル「改正すべき:ハードルが高すぎる」
:「日本の最大の矛盾はね、アメリカから自立せよって言ってる人ほど護憲なのよ」

たかじん:「96条を変えるための一番いい案は?」

櫻井氏:
100人の国会議員が集まれば憲法改正論議をしなさいというふうに出来るんですよ。民主党は憲法改正する気がない。100人が集まって国会に2分の1にしましょうと発議する。この一点に絞ってまずやればいいんだと思いますね」


金美齢氏
:「次の総選挙“憲法改正に賛成か?反対か?”ワンウィッシュ
でいいじゃないですか。日本の基本なんだから。賛成の議員に入れるか、反対の議員に入れるか、ある意味国民投票みたいなもんじゃないですか」

筆坂氏(パネル「改正すべき:ただし条件を下げるには慎重な仕組みが必要」
:「1条から全部いじろうという提案をやったって今は無理ですよね。96条だけでやるんですよ。96条のハードルを下げても良いですか?今の憲法のままで良いという人も、あるいは変えようという人も、どっちにしたってこの基準は高すぎるじゃないかと。低くしようじゃないかと、そのことだけでいい。それしかない」


◆第2位◆ 第20条・第3項【政教分離】
2

櫻井氏(パネル改正すべき:宗教と国家の完全分離は不可能」
:「GHQの民政局にウッダードという人がいたんですよ。この人が日本国憲法の草案を書いたアメリカ人の中に政教分離についてきちんと理解している人は皆無だった。そして日本の神道などの宗教に対する知識もほとんどなかったと書いてあるんです。
何にも知らない人たちがこのような政教分離を押しつけた時にどうなるか?日本国は世界一古い君主国家なんです。神道、自然崇拝、その後に仏教が入ってきた。本当に宗教と密接に結びついている。国の政をするときに宗教的なことを全くやっちゃいけませんよ、というのは日本文明の中で息をしてはいけないということに等しいものなんです


金美齢(パネル改正すべき:天皇は神道の最高の司祭」
「天皇は神道の最高の司祭なんですよ。象徴・元首である天皇が神道の司祭である、ということをみんな忘れているんじゃないか」

宮崎氏(パネル改正すべき:宗教政党が権力を持った場合怖い」
:神道や靖国のことは分かるんですが、民主党が政権を取って少しこの問題については考えないと怖いな、と。
特定の宗教勢力をバッググラウンドにした政党が政治権力を取ったとき、憲法の歯止めがなくなったとしたらこれは怖いことになるんじゃないかと一抹の不安がある」

櫻井氏:「政治と宗教というより政党と宗教の関係なんです。ここは厳密に区別しないといけないと思います」



◆第1位◆ 日本国憲法・前文
1

安倍氏は、この憲法前文について・・・
11

12

13

14

勝谷(パネル:改正すべき:天下の悪文」
「9条をおかしいな、と思ってるんですよ。書いた人も。それに対する言い訳ですよ」

金美齢(パネル改正すべき:日本以外の国は全ていい国?
:「(「日本語がおかしい」という宮崎氏のコメントを受けて)日本語の問題じゃないんですよ。中心思想がおかしいんですよ。日本さえ何もしなければ世界は平和になるみたいなこと言ってるわけじゃない。日本の生存も全部他国に依存するんだと言ってるじゃないですか。そのこと自体が主権国家としては全く立ち位置が逆転している」

筆坂氏(パネル「どちらでもよい:時代背景に基づき大きな意味があったことも評価すべき
:「当時の国民は戦争・軍備に対する嫌悪感がものすごくあった。多くの国民がこの憲法に新しい光を見いだしたことも事実」

櫻井氏(パネル改正すべき:①自然への畏敬②天皇元首③自国防衛
:「筆坂さんのおっしゃったことには基本的に間違いがありましてね。国民は戦争が終わって負けたにしても、区切りをつけたような気持ちになったんですけども、そのときにGHQが日本にやって来て何をしたかというと、ありとあらゆる検閲をしたんですよ。新聞もラジオも雑誌も。手紙まで。
つまり、日本国民はあの戦争は本当に悪かったんだと。悪いのは日本一人だったんだと。我々アメリカが正しいんだ、連合軍が正しいんだといろんな情報を出して、NHKの番組だってみんなそうだったんですね。
そしてその検閲が厳しかったために、国民は本当の意味での情報を知らなかった。その中で憲法が出来た。今でこそ私たちはこの憲法はアメリカが作ったものだとみんな知ってますけども、当時は知らなかったと思いますよ。政府は知っていたかもしれないけど国民は知らなかったわけですね。ですから、その中でこの憲法が良かったと思ったにしても、その思った土台が間違っているわけです」


金美齢さんが「今の日本国憲法がアメリカが作ったものだとほとんどの日本人が知らないのではないか?こういう番組で知らしめることは意味がある」というようなことをおっしゃってましたが、まさにそのとおりです(激しく同意っ

それに続いて三宅さんが言っておられた「今の人は日本がアメリカと戦争したことも知らないんじゃない?」には笑いましたが、いや、笑えないかも・・・と思いました。(´д`;)

やっぱり日本人が事実を知らないことが一番の問題だと思います。
ほとんどの日本人が「アメリカが作った憲法」に慣れきってしまって、疑問を感じる人が少ないように思います。いっそのこと「アメリカ製日本国憲法」って言えばみんなイヤでも分かるのにねぇ・・・(; ̄Д ̄)

憲法制定当時の閣僚が悔し涙を流したという現憲法をもうそろそろ「日本製の憲法」に変えるべきではないでしょうか

尖閣諸島は今の憲法では守れないし、北方領土も竹島も取り戻すことは出来ないんです!

子供手当てに1票ではなく、国の根幹を成す「憲法」に1票の選挙を!!


こちら、ワタクシも参加しております「まつりごと女子☆倶楽部」の“統一地方選に行こう”バナーです。ごくごくフツーの婦女子が「日本の政治おかしくないかい?」とワイワイ集っております。関心・ご興味のある方はこちらへどうぞ☆

flower

img3


いつも応援ありがとうございます!!m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

こちらもポチっとクリックしていただけるととっても励みになります☆

人気ブログランキングへ



siamyamato at 22:41|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2011年02月09日

今週の「たかじんのそこまで言って委員会」~TPP参加賛成って本気で言ってるの!?

皆さま、こんにちはサワディーカ
本日のひと言タイ語は、ズバリ!!
Ga-sate-tra-gam:ガセー(ト) トラガム=農業」です。(・∀・)つ

今週の「たかじん~」には重要なTPP参加を巡る論議が上がったんですが、TPP反対代表にあの口蹄疫放置で被害を拡大させた張本人、民主党の
山田正彦氏(前農林水産大臣)が登場して、「ぎゃー!!なんで~~~??」と思わずチャンネルを変えそうになったワタクシですが・・・。

ただ、これを見て「TPPって結局なに?」と思われた方も多かったのではないかと思いますので、改めて見てみたいと思います。今回は番組自体にも総ツッコミ!!

動画(全編)はこちらです

たかじん



TPPの前に話題になっていた消費税増税の前にやることあるだろ!では、ワタクシさやーむ案としましては、B案の「歳出削減」は大前提として、

◎宗教法人課税(これは勝谷氏に賛成)
◎パチンコ税実施


これを断行する!という人がもし現れればワタシは全力で応援しますね~
利権まみれの議員は要らない!!

まず、国会議員自らが身を斬る。最低でもこれぐらいやってから国民に「お願い」すべきでしょうそれを何を勘違いしているのか、「消費税上げないと社会保障がたちゆかなくなっちゃう」という“増税ありき論”は最初から議論の体をなしていないと思いますが、皆さんはどう思われますか?


さて。本題のTPPですけども、以下が番組内で言われていたメリット・デメリットです。

【メリット】
・日本の輸出が増える
・国内生産が増える
・雇用が増大する
・低価格の輸入品が増加する

【デメリット】
・国内農業への打撃


こう見ると、「あれ?TPP参加した方がメリットあるじゃない」となりますよね。でも本当にそうなの?ということを考えないといけません。
TPP反対派でなんで
山田氏なんか持ってきたんだ?と思うとどうしても「TPP=農業問題」として話を進めたい力が働いていると思わざるを得ないんですが・・・。ε=ε=(;´Д`)

まさかこの人がTPP反対陣営として出てくるとはね・・・!!とワタクシのブログ友達のkuriさんも驚きのタイトルUPをされていました。

まさかこの人がTPPに反対してくれるとはね。 たまには役に立て!
(by くりあん茶房様)

↑こちらで取り上げられていた氏のインタビュー記事はびっくりするぐらいまともです。なのになんで「TPPは農業の問題に留まらない」ことを言わなかったのか(言えなかった)
ワタシも国内自給率を高めるというのには基本賛成ですけど、まったく論理的な展開が出来ず、パネラーに突っ込まれたことにはしどろもどろで、その挙げ句辛坊氏に持っていかれる始末ではねぇ・・・(; ̄Д ̄)(辛坊氏の横槍が今回は非常にうっとおしく感じました

結局、「よく分からない」あるいはパネラーもほとんどが賛成って言ってるから「賛成でいいんじゃない?」となってしまう。番組的にはこれが狙いか∑( ̄ロ ̄|||)

それにしても、反対が勝谷氏と西村氏の2人だけというのが、正直びっくり。パネラーでもそんなもんの理解なの?と突っ込んでおりました。(←えらそうでスイマセン・・・

TPPというのは農業をはじめとする、金融・保険・医療・サービスなど24もの分野で関税を完全に撤廃するという協定なんですね(宮崎哲弥氏が知らなかったということも驚きなんですが、「貿易自由化」という単純なものではありません)。
この点に全く触れられていないということが一番の問題であって、その点を分かっている人(パネリストの中田氏のように)ですら、「ここ(TPP)には中国は絶対入って来れないというのがメリット。日本が主導してルール作りを進めていかないといけない」と言うのは本質を全く分かっていない証拠です。

なんでそうエラソーに言い切れるのかと言いますと、TV中継は入っていたのにニュース報道はほとんどされなかった、共産党の志位氏の質疑を見ても明らかです。つまり、TPPにはルールを作る主導権なんて日本には全くない、アメリカの要求をひたすら呑まないといけない枠組であることがはっきりしているんですよ

(TPPについては25分30秒頃~)


詳細は動画をご覧いただきたいんですが、ひと言で言えば志位氏の説明はスッキリ明快です

めっちゃ分かりやすいパネル↓
TPP 共産党

【要点】
・TPP参加するのは東アジア諸国人口のわずか5.7%に過ぎない
・東アジア諸国と日本はFTA、EPAを締結している
・実質アメリカとのFTA(日米だけでGDP90.8%)


ワタシはこれ↓がとっても重要だと思いました。

TPP 共産党2

つまり、TPPに新規参加するために日本は「米国政府と議会の要求を丸飲みしないといけない」ということです。(政府だけじゃなくて議会も入ってるということがポイント)

おまけに、志位氏が指摘された資料【米国通商代表部が議会に提出した報告書~食品安全に関する対日要求】の内容を聞いてみて改めてびっくりです!!

・牛肉のBSE対策で日本が行っている月齢制限を緩和せよ

・コメ輸入の際の安全検査を緩和せよ

・ポストハーベストの食品添加物の表示をやめよ

・有機農産物の殺虫剤・除草剤の残留を認めよ



これはほんの一例のようですが、これだけで日本にとって百害あって一利なし。ということが分かりますね。まさに「米国の対日要求」そのもの

共産党は理論の根拠となる資料をちゃんと用意されているので非常に説得力があります。これで「天皇は認めない」とか、「平和憲法絶対固持!」とか言わなければねぇ・・・

とにもかくにも!ここで「たかじん~」の中で列挙された【メリット】をもう一度見てみると・・・

・日本の輸出が増える
→GDP比から見ても、日本が輸出出来る国は実質アメリカだけですけど?そのアメリカはこの5年間で輸出を2倍にするって言ってますけど?

・国内生産が増える
→自動車などの工業製品は既に現地生産してますけど?

・雇用が増大する
→賃金の安い外国人の労働力輸入に日本人の雇用が守られるとでも?

・低価格の輸入品が増加する

一杯100円の牛丼はBSEの疑いありですけどなにか?


ワタクシなりのTPP総括をしますとこんな感じになります。

結論としては、今の段階ではTPP参加はあり得えません

交渉の余地があるのか、ないのか?例外はどこまで認められるのか?国内市場をどうやって保護するのか。具体策もないまま参加を表明することなど考えられません。

ちなみに自民党石破氏が出演されていた「クロスファイア TPP参加の是非と日本の農業改革を問う!」がついさっきまでニコニコ動画にあったのですが、今見ると削除されていました・・・

これによると石破氏はTPPは真っ向から反対ではないが、しかし議論の必要性があるという慎重派でしょうか。このTPPはアメリカは日本が加盟しないと全く意味がないもので、だからこそ日本が交渉の鍵を握っている、というようなことを言われていましたが、そんな「国益を巡る高度な外交交渉」を今の民主党政権が出来るとはとても思えませんよ!

普天間でグチャグチャになった日米関係をこのTPP参加でアメリカの言いなりになってチャラにしよう、なんてアホウみたいなことを今の菅政権あたりは本当に考えてそうで怖い。ε=ε=(;´Д`)

TPPについてはこちらもご参考ください

関連拙記事:
TPPは"徹底的にパッパラパー"の略
“自爆国会”開会

ご紹介した動画のダイジェスト版→
【日本刀の如き】 現役官僚 中野剛志 【経済論客】 前編 TPPが2分でわかる
【日本刀の如き】 現役官僚 中野剛志 【経済論客】 後編 - 大論陣 -


いやはや、京大中野さんは「ネットのTPP議論」界ではまさに“時の人”ですな。 話し方にキレがあって論点も分かりやすいですしね。


民主党が政権取ってからなくなったと言われる「年次改革要望書」の焼き直しがこのTPPじゃないのという話を今後改めてタイトルにしたいと思いま~す!φ(.. )


こちら、ワタクシも参加しております「まつりごと女子☆倶楽部」の“統一地方選に行こう”バナーです。ごくごくフツーの婦女子が「日本の政治おかしくないかい?」とワイワイ集っております。関心・ご興味のある方はこちらへどうぞ☆

flower

img3


いつも応援ありがとうございます!!m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

こちらもポチっとクリックしていただけるととっても励みになります☆

人気ブログランキングへ



siamyamato at 00:00|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2011年01月17日

今週の「たかじんのそこまで言って委員会」感想~メディアを斬る!

皆さま、こんにちはサワディーカ
本日のひと言タイ語はズバリ!!
「Sa nuk`:サヌック=おもしろい」です!ヾ(=^▽^=)ノ

本題の前に・・・

今日、1月17日は6,400名を超える方が犠牲となられたあの阪神大震災からまる16年です。当時私は大津の自宅(実家)で寝ていて、あまりの揺れの大きさに目が覚めて、グワングワン揺れる天井を身動き一つ取れず呆然と見ていたことを今でも鮮明に覚えています。

「大都市を襲った直下型大地震」だから甚大な被害に見舞われた、というメディアの報道をずーーっと鵜呑みにしていましたが、程なく「人災」による被害も大きかったのだと思い知るようになりました。当時の首相であった社会党・村山富市氏や兵庫県の対応など、下記サイト様が時系列に追っておられます。

村山富市は何を成し、何を成さなかったか? 】KOKIのざっぱ汁様

「地震のことをテレビで知った」と言う村山氏・・・つい先日の北朝鮮砲撃事件時の菅氏と重なりますね。Σ(´д`;)

地震発生後、自衛隊はすぐにでも出動出来る状態だったのにも関わらず、首相の指揮の遅れ、兵庫県からの「出動要請」が一向に来ないため無駄な時間を費やし、救助が遅れたことが指摘されています。少しでも出動が早ければ救えた命はもっとあったはずです。

「自衛隊は暴力装置」と暴言を吐いた方が今の政権にもおられますが、そうした根底にある「えせ平和主義」思想を当時の指導者も持っていて、それがあの震災の救助の妨げになり、被害を拡大させたのではないかと思うのです。

「震災の怖さを風化させない」のはもちろんですが、それと同時に「自国民を守る自衛隊」という存在も併せて考える必要があると思います。
いざというとき、私たち国民を守ってくれるのは永田町の偉い先生方ではありません。現場の自衛隊員の方たちなのですから。


さて。
ここからはガラリと話題が変わりまして、昨日の「たかじんのそこまで言って委員会」です。(・∀・)

関西エリアでは日曜日の午後、たかじん氏のテレビ番組が2本あって、一つは「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ、日テレ系列)で、もう一つはつい最近始まりました「たかじんNOマネー」(テレビ大阪)という番組です。2本合わせると実に2時間半もあるんですよね~

関連拙記事:たかじんNOマネー感想

正直なところ、ワタクシ、たかじん氏は「ガラが悪い」イメージがあって、あまり好きではありませんでした・・・(正直過ぎてゴメンナサーイ
なので、「そこまで言って委員会」もまさかこんな面白い政治番組だとも最近までつゆ知らずでした。昨年ブログを始めて、いろんな方が「面白い!」と言われているのを聞いて見るようになったんですが、いやはやまさに「食わず嫌い」でしたね~~。今ではサーミー(夫)と共に楽しんで見ております。(・∀・)♪

昨日の「そこまで言って委員会」も面白かったです~
youtubeではまだ見つけられませんでしたが、他の動画チャンネルで偶然UPされているのを見つけましたので、貼り付けておきます

【2011/01/16 たかじん委員会】


冒頭、パネリストの三宅氏が今回の内閣改造について、「三権の長(参院議長)だった江田五月氏が法務大臣をやるなど憲政史上初めて」「民主党の見識の無さに開いた口がふさがらない、言語道断」と滅多斬り。

あ!そうだった。と改めて納得です
どうしてこういう指摘をメディアはしないんでしょうかねぇ(T_T)

今回のテーマは「メディア」でしたが、三宅氏と田原総一朗氏の“おじいちゃんバトル”もさることながら金美齢さんの指摘も毎度鋭いですね

「民主党政権が誕生したのはメディアが持ち上げたおかげ」


そうなんですよ「政権交代、政権交代」と騒ぎ立てて、自民党バッジングを連日報道し、世論を煽り、まんまと民主党を政権与党にしてしまったのは他でもない、メディアです。「メディアの責任」というものが当然そこにはあるはずなんですけど、当のメディアは完全無視で、二言目には「自民党もひどかったじゃないか!」と逆ギレ気味に責任転嫁する始末です。(゚∇゚ ;)

テロップに「第4の権力」と出ていましたが、本来、権力に立ち向かって国民に真実を報道する使命を持つはずのメディアがもはや「権力そのもの」になってしまっている、ということです。今の民主党政権は「第4の権力に操られた世論」が作り出したものです。ε=ε=(;´Д`)

宮崎氏が私たち見る側に「メディアリテラシー(メディアを読み解く力)が必要」と言われていましたが、まさにそのとおりです
めでぃありてらし~??( ・Д・)
なんか聞き慣れない言葉ですけど、要は「新聞・TVではこう言ってるけど、本当はどうなんだろう?」と疑ってみる姿勢です。言われていることを鵜呑みにしない!これはすごく重要なことですね。(・◇・)ゞ

我が家は新聞を購読していないので、ニュースは専らTVとネットです。同じニュースでも局や社によって扱いや書き方が異なっているので、読み比べてみると面白いです。

ネット情報は調べたいときにパパッとすぐ調べられるのでとっても便利ですし、既存メディアが報道しない事実やタブーなどに斬り込んだ記事も多く存在します。ワタクシもネットでいろんな情報を手繰っていくうちに「自分は薄甘い左巻き人間だった!」と自覚した人間のひとりです。

ただ、ネット情報も既存メディアと同様、「りてらしー」が必要なんじゃないかと思うんです。ネットの怖いところは「情報が一人歩きする」というところにあります。誰が書いたものか分からない、真偽の程がよく分からない情報が瞬時に世界中を駆けめぐるわけですから、やっぱりそこは一度「ちょっと待てよ」と考える必要がある。これはネットを通じて発信している自分自身への戒めでもあるんですけども・・・


番組内で辛坊氏が言っていた「伊達直人と菅直人」でググってみましたよ
いやはや、いろいろ出てきて笑えます。(* ̄∇ ̄*)

「伊達直人VS菅直人」とかけて… 「謎かけ」に次々名作(J-CASTニュース1/17)

「施設にランドセルを贈るのが伊達直人 中露にランド・セールするのが菅直人」

上手いっ!!

こちらは2chまとめです↓いずれも秀逸

伊達直人と菅直人の違いまとめ

子供達にランドセルを背負わせたいのが伊達直人
■■子供達に借金を背負わせたいのが菅直人

必殺技を決めるのが伊達直人
■■「俺に決めさせるな」が菅直人

虎のマスクで顔を隠すのが伊達直人
■■虎の威を借るのが菅直人

庶民を勇気づけるのが伊達直人
■■庶民を落胆させるのが菅直人

フェアープレーで闘うのが伊達直人
■■スタンドプレーで目立とうとするのが菅直人

施設にランドセル贈るのが伊達直人
■■中国にランド・セールするのが菅直人

贈与するのが伊達直人
■■増税するのが菅直人

子供たちに夢を与えるのが伊達直人
■■子供たちに弓を引くのが菅直人

リングで虎をかぶるのが伊達直人
■■選挙で猫をかぶるのが菅直人

仮面を被って戦うのが伊達直人
■■仮免で国を動かすのが菅直人

庶民の味方が伊達直人
■■庶民を偽装が菅直人

ヒーローなのが伊達直人
■■非道なのが菅直人

マスクを外すと一般の人が伊達直人
■■マスクを外すと欲望の人が菅直人

希望を与えるのが伊達直人
■■希望を奪うのが管直人

タイガーマスクなのが伊達直人
■■総理大臣なのが駄目直人


ワタシもひとつ・・・と思ってみたけど、思い浮かびませんでした(笑)。
こういうのは「ネットならでは」の面白さですよね~

“いろんな知識の集合体”であるネット情報、使い手が「リテラシー」を持ってして上手く使いこなすことが出来れば「第4の権力」に知らず知らず飲み込まれることはありません


「そこまで言って委員会」に続く、テレビ大阪の番組「たかじんNOマネー」は昨日、ソフトバンクの孫正義氏が登場して、なかなか面白かったので、動画を見つけ次第貼り付けたいと思いま~す!



いつも応援ありがとうございます!!m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


こちらもお時間ありましたら、応援おねがいたします☆

人気ブログランキングへ

 




siamyamato at 18:00|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2010年12月13日

たかじんNOマネー感想


皆さま、こんにちはサワディーカ
本日のひと言タイ語は、ズバリ!!
Pid-kard:ピッ(ド) カー(ド)=がっかり、期待外れ」です。(*・ω・)ノ


国会は閉会していても、菅氏の「まだ仮免なんだ、ゴメンね」とか、「政権維持のために小沢先生を叩くフリしとこ」とか、国民の意思を全く無視・バカにした民主党の面々がTVを独占していますね・・・。(; ̄Д ̄)

首相「今までは仮免許」…野党が相次ぎ批判(12/13読売)


岡田幹事長の記者会見要旨…小沢氏招致問題(読売12/13)



身内同士の権力闘争や保身に邁進している間にも、またロシアは北方領土に訪問したりしているし、どさくさに紛れて増税の波がじわりじわりと国民に押し寄せてきています。
まさに内患外憂、国民不在の民主党政権にはもう一日たりも任せたくないんですけど!!

さて、前回、青山繁晴氏の新レギュラー番組「たかじんNOマネー」が始まりますよ~とお知らせしていましたが、早々に動画をUPされている方がおられましたので大阪圏以外の方はこちらでご覧になって下さい


出演者:やしきたかじん、青山繁晴、岸博幸、勝谷誠彦、眞鍋かをり、金子哲雄、水道橋博士(敬称略)

第一回目ゲスト:竹中平蔵氏


【たかじんNOマネー 2010.12.12-1】




【たかじんNOマネー 2010.12.12-2





ここからは、ワタクシの率直な感想です(*ネタバレ含む)。



すいません、最初に率直に申し上げますと、番組を見終わった感想は、“本日のひと言タイ語”そのものです・・・

テーマが「経済」ということで、ワタシ自身の知識・勉強不足ということもあるのかもしれませんが、青山さんのアンカーでの熱い解説、「そこまで言って委員会」の民主党政権ぶった斬りに慣れているワタシにとっては物足りなく感じました。(T_T)
出演者の面々も青山さん以外は「・・・・?」(ワタシには)ですし。

まず、番組構成がゲストを中心にゲストに関するテーマ(Vあり)をレギュラー陣と討論する、というふうになっているのですが、今回はゲスト(竹中氏)ばっかりしゃべってるな~~という印象です。
青山さんの経済談義!!と期待していたんですが、残念ながら竹中氏の独擅場となっていた感が否めません。
ず~っと「竹中氏」中心に話にメリハリもなく続いている、という感じです。

ワタシと同じように感じていた方のコメントを2chから→

38 :名無しでいいとも!@放送中は実況板で:2010/12/13(月) 14:05:18 ID://+z2imN0
見たけど何かこうダラダラした内容だったな。
VTRもダラダラ、トークもダラダラ。
もっとテンポよくテーマを区切っていかないと見てて眠たい。

委員会なら司会・進行+パネラー+ゲスト

タックルは司会・進行+左右に分かれて討論+VTRで解説者
みたいに出演者に立ち位置があって整理されてるから見やすいけど、 この番組は横並びでゴチャッと座ってるだけだから
雑談を垂れ流してるだけって感じがする。

う~ん、そうなんですよねぇ・・・
ワタシも「なんかダラダラしてるなあ」と思いました。アナウンサーの女性の立ち位置もよく分からないし。
まあ、初回の放送なので、番組制作側も手探り状態だとは思いますが。
番組構成の再考は今後に期待するとして、ワタシがこれはどうなの?と思ったことは、「竹中氏を持ち上げる」作りですかね。

詳しくは動画をご覧になっていただきたいのですが、竹中氏と言えば、小泉内閣の経済担当大臣として「構造改革」を推進した主役ですが、なんか「持ち上げすぎてない??」という感じが最初から最後までもう全開でした。竹中氏の独特の論述&話し方もあるのかもしれませんが。

竹中氏の「改革」手腕を紹介するVで「鬼平犯科帳」鬼平・長谷川平蔵を引き合いに出して、「2人の平蔵が目指した改革」「改革を成した2人」とべた褒め(してるようにワタシには見える)していました。
竹中氏と当時の氏の秘書官だった岸博幸氏の「私たち、改革成し遂げました!」と言わんばかりの論説に、「ぽかーん」

お?と意識を向けて見たところは、強いて挙げれば、「ゆうちょマネーの受け皿を作っておくべきだった」という青山さんの指摘に対する竹中氏のいい訳と岸氏の擁護のシーンぐらいでしょうか。

でも、まあ、なんと言っても、青山さんのコメントが少なすぎるぅ~~~(´;ω;`)
青山さんの専門は安全保障ですし、外交や防衛ネタじゃないと良さが活かしきれないかもしれませんねぇ。そもそもこの番組自体が「経済」だけにテーマを特化してずっとやっていけるのか?とも思いますし。

ワタシが思ったのは、これだったら「そこまで言って委員会」のほうに青山さんがレギュラー出演して欲しいわ!!ということです。
田嶋さんの席を明け渡していただきたい(笑)。

期待していただけにこの滑り出しには残念だったのですが、今後に乞うご期待というところでしょうか。

番組感想としては、うー、スミマセヌ、こんなもんです・・・

ただ!!ただですね!

「国の借金を減らした改革大臣=竹中平蔵」にちょっと待った~~~~!!!

本当に借金減ったの?「改革」という言葉に騙されてるんじゃないのか
日本を貶めた10人の売国政治家 (幻冬舎新書)
の堂々7位に竹中氏ランクインされていましたけど、番組内ではこれっぽっちもそんなネガティブ要素には触れていませんでした。

竹中氏の「実績検証」については、ワタクシの中で、まだまとまっていないので、また機会を改めて記事にしたいと思います

本日は、ひとまず番組感想まで・・・m(_ _)m


いつも応援ありがとうございます!!m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


こちらもお時間ありましたら、応援おねがいたします☆

人気ブログランキングへ

 




siamyamato at 23:48|PermalinkComments(3)TrackBack(0)