0524CB_BOUSAI













1947年創立から65年以上続く、江戸友禅・東京友禅の伝統技法を受け継ぐ着物工房。
創作手描き友禅として、工房独自の技法と作風で、印刷機械を一切使わず、 刷毛や筆、防染糊や蝋を用いて、作家自身の手で正絹の白生地に柄を描いてゆく伝統技法が特徴です。

職人集団による分業制に頼らず、友禅作家の自由な発想にこだわり、 図案制作から仕上げまでを一貫して行い様々な種類の着物・帯を制作できることが腰原きもの工房の大きな特徴です。

現在は二代目の淳策、息子で三代目の英吾とその妻の信子がます。個性を充分に発揮して友禅作家としてそれぞれの作品を制作しています。


お洒落着から格式高い着物まで、様々な種類の作品を展示いたします。
手描き友禅の世界を存分にお楽しみいただける趣向となっております。ぜひお運びくださいませ。

■2018.10.20(土)21(日)/11:00〜18:00

■お問い合わせ 腰原きもの工房
tel.0428-76-2836

【腰原きもの工房】