May 13, 2004

世界の中心で愛をさけ…ぶ?


cover
片山恭一という作家の「世界の中心で、愛をさけぶ」という小説が何だかやたらと売れてるようですね。
「ノルウェイの森」を抜いて発行部数歴代1位だそうですよ。映画も公開で更に記録を伸ばしそうです。

しかしこのタイトルを聞く時いつも何となく座りの悪いような落ち着かないような拍子抜けしたような気持ちになりませんか。
世界の中心で愛をさけ…「ぶ」。ズコっ、みたいな。そこで終わんのかい、みたいな。その先は無いんかい、みたいな。
やっぱり「世界の中心で愛をさけ」まで行ったらその後に「んだけもの」と続けて欲しい。そこまで行って初めて全体のバランスが取れると言うか、そこが無いと何か宙ぶらりんな印象になってしまう。

まぁそう思うのは一部のSFマニアかエヴァオタ位のもんかも知れませんね。
しかしどうせパクるんならもうちょっと上手いこと付けられんかったんかいなと。日本で1番売れてる本がそんな安易なタイトルでエエんかいなと思うんですけども。
本人も周りもそんなに売れるとは思って無かったんだろうなぁ…きっと。

世界の中心で、愛をさけぶ
世界の中心で愛を叫んだけもの

映画「世界の中心で、愛をさけぶ」公式サイト


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
「世界の中心で、愛をさけぶ」…獣だろ?というか「世界の中心で愛を叫んだけもの」の立場は!? 書店や街角でこのタイトルを見る度に、こんな突っ込みをいれたくなります
世界の中心で愛を…【ほげほげぶろぐ】at May 25, 2004 00:24
この記事へのコメント
 私も初めてタイトル聞いた時「なんじゃそりゃ?」と思いました(笑)。もっとも原典とも言うべきエリスンの作品読んだのはつい最近ですが。しかし、作者はどちらから取ったんだろう?世代的にはエヴァか?あらすじ見る限りどちらでもないような気が。




 つか、あらすじ読んでエロゲのシナリオみたいだと思った私は終わってるんだろう、人として。
Posted by はろmk−II at May 16, 2004 02:23
え?作者ってそんなに若い人だったの…?済んません、作品自体には興味無いもんで(笑)

エリスンの方はめっちゃ読み辛いですよね。ページは14、5ページ位しか無いのに内容を理解するのに一苦労です。(何度読み返したか)
お話的にはあんまり関係無いんでしょうね。エヴァの方もそうだし。あっちは監督の趣味か。

エロゲのシナリオですか(笑)
それは斬新な意見だ。いや、案外そういうもんなのかも知れませんよ。
芥川賞の奴だって結構過激な描写だと聞きますしね。
Posted by しば at May 16, 2004 23:46