2009年04月

2009年04月20日

feb499aa.jpg先日は楽屋花のご注文を頂きました。

今回のイメージは情熱的にというご要望で赤の花材を使ってのアレンジです。

市場に行きましたら、「ワラタ」という見るからに燃え盛るような様相の赤い花がありました。
そして赤のアルストロメリアにバラ、ベージュのアンスリュームで少し落ちつかせ、アリアム・タンチョウの曲線で動きをつけました。

(16:35)

2009年04月10日

DSCF1894先月の作業でしたが、ディスプレーしました。
時期的にはもう散りはじめですが、桜の枝を使ったアレンジにしました。









DSCF1898こちらは病院です。月1回交換で季節のイメージに合わせたアレンジを施します。
生花のように手入れの手間もかからず、何より匂いや花粉などが出るものは患者さんに対してちょっとナーバスな面もあります。

アートフラワーだとその点は気が楽ですね。
見た目の華やかさもありますし、月ごとの交換は患者さんも職員の方も楽しみにしていただけているようです。

さてさて、次回は母の日もあるし、どんなアレンジにしようか考え中〜

(13:29)

2009年04月01日

昨日3月31日は、退職される方へのお花の注文とお問い合わせがありました。
アトリエがキレイになったおかげか(?)普通のお花屋さん感覚で来られたお客様がぽつぽつと・・・
受注製作専門店の泣かせどころです。本当に申し訳ありませんでした。。

DSCF1916そんないつもより賑やかだったアトリエで、注文のお花をアレンジしました。
息子の保育園の保護者の方からのご注文をいただきました。結婚退職される先生へ生花のアレンジメントです。




DSCF1919そしてこちらは同じく保育園の入園のお祝いのお花。
周りには桜の木が1本もなく、せめてアレンジメントの中にでも雰囲気を感じていただければと思い桜の花をアレンジしました。

この二日間は別れと出会いが交差する、なんとも不思議な感覚を覚える日です。


(13:32)