コンテスト

2010年07月10日

コンテスト中・直後は息つく間もなく、公私でバッタバタしてました。
今ようやくご報告&リポートです。

DSCF3879ビッグサイトはやはり広いですね〜
JALカップのエリアはアトリウムというロビーにあたるスペースでしたが、そこも立派な展示場。嫌でも通らなければならないので、今回のイベントを盛り上げるエリアになっていたのだと思います。

DSCF3882今回のコンテストテーマは「花飛行」。
会場では皆さん思い思いのアレンジをもって参加されてました。





肝心のわたしの作品はこちらです。
DSCF3890
サブテーマは「GREEN BALLOON」、名の通り見た通りの「気球」です。
ドラゴン柳という枝もので気球の枠組みを立体的に作り、ニューサイランの長い葉を気球のカゴ(乗る部分)に見立てて、ふんわり丸型に&縁はジグザグに編み込みを施しました。
あとは気球の内外にサンキライを這わし、アリアム・タンチョウとスカビオサを飛ばしました。
規定サイズ(幅60cm)ぎりぎりの大型デザインでした。

今回のこだわりは、オアシスを使わないこと。
低めのシリンダーに水を張ってアレンジしました。
これは・・・投げ入れの種類になるのでしょうかね?
ドラゴンがしっかりと土台になってくれました。


またもや賞は何も取れませんでしたが、春と今回と続けて多くの作品を目にすることができ、そのたびに自分に気づかされるものがありました。
フラワーデザインにもファッションと同じく流行があるもので、数ある作品の中に少しでもその流行に察知しているものはやはりアンテナに引っかかります。実際、何かしらの賞は獲られてますね。
逆に流行には流されない、オリジナルで行くぞ!!と全く周りを無視して意気込んでも、人によっては理解されにくいものもあったり。難しいところです。

2大会続けて感じたのは、賞や審査が通る作品は、花を含め、土台など資材がとてもしっかりと、細部に渡り作り込まれているものが目についたと思います。
そして今回は男性の作品がより多く第一次審査にも通過されていました。
仕事が細かい(繊細な)作品だな〜と思うと、大抵は男性の名前でしたね・・・根気がいる仕事は男性のほうが向いているのでしょうね。

わたしは流行に気づきもせず、花材をがつんと大ざっぱに作り込んでアレンジする、今の時代を逆流するパターンです。良くも悪くも、男っぽいという・・・・

コンテストマニアになる傾向と対策は立てられると思いますが、与えられたテーマで自分の好きなものを作ることは一貫したいところです。

今回のデザインコンテストは、春に応募していたのをすっかり日々に忙殺されて2週間前に開催者から連絡があって慌ててデザインを考えたという無茶ぶりもあったのが残念でなりません。
所詮、言い訳ですが・・・・

(11:36)

2010年06月22日

jalこの夏もデザインコンテストに出展します!

来たる7月3日(土)〜5日(月)の3日間、東京国際展示場 西1・2ホールにおいて「フラワードリーム2010」が開催されます。

さまざまなコンテストやショーが行われますが、シベはその中の一つ「JALカップ2010」に出展します。
そのJALカップだけでも約300点のアレンジメントがエントリーされるというのですから、前回のデザインコンテストに引けをとらない、むしろ今回のビッグサイトのイベントのほうが大規模かもしれません。

見ごたえたっぷりのフラワードリームになりそうです。
ぜひ作品観に遊びにいらしてください♪

詳細はこちらをご覧下さい
    ↓ ↓
http://www.flowerdream-tokyo.net/jalcup/index.html



シベ公式ホームページはこちらをクリック☆
    ↓ ↓ ↓


楽天市場店も開店しました〜 カードでお買い物できます!
    ↓ ↓ ↓



(14:12)

2010年04月02日

797496ba.JPGようやくブログアップです。

年度末の開催ということもあり、時節柄何かとザワザワ色々なことがありながらも無事デザイン大賞への出展を果たしました。

総出展数500点。
その数に引けを取らないくらい、出展内容は全体的にレベルが高かったです。さすが日本を代表するデザイナー協会。
賞を取った作品はお花をふんだんに生かす、というよりは花材を使って形造る、造形的なデザインが多かったように思います。

開催初日に全部見て回りました。どの作品も造り手のパワーを感じずにはいられません。
出展数の多さも手伝いましたが、その日は寝床に入るまでぐったりと疲れ果ててしまいました。

NFD大賞、初の出展は残念ながら賞は何も取れませんでした。
しかし今回の出展はとても刺激になりました。

コンテストの類いは10数年振り。
力試しに出そうかな〜と興味本位で出展に至りましたが、いざ出展になると現実を目の当たりに晒されました。

色んな意味で「井の中の蛙(いのなかのかわず)」な自分。
デザイン的に遅れをとっているという事ではなく(それもあるかもしれませんが・・)、あまりに周りを見る機会がなかったんだな〜と反省の意味も込めて。
なので今回の出展は賞が云々以前に、こうゆう場に自分の作品が出せて、なおかつ他のデザイナーの方々の作品を見る機会ができて本当によかったと思います。


bangasa1さて肝心のわたしの作品ですが、デザイン画から起こした実物はリハーサル無しのぶっつけ本番で望みましたが、想像通りに出来上がりました。

お題は『BANGASA』(番傘)。
あえて洋花を使って「和」の雰囲気を出したかったので、題名はローマ字表記にしました。

ぼーっと黒く立ち尽くす傘に、赤の花材を効果的に入れたかったのです。
最初は粗野なイメージで考えていましたが、傘の部分には竹ひごを黒にペイントしたものを丁寧に束ね、スッキリとした線的なイメージで作り上げました。

土台の鉄材および加工は、友人のTさんに専門分野でご協力いただきました。
写真だと分かりにくいので実際観に行って下さった方はご覧になったでしょうか。鉄材なので綺麗に仕上がったのですが、土台はわざと土着っぽい雰囲気を出したかったので、水をかけて錆を浮かせました。

bangasa2おもしろかったのは何人か知人が来てくれましたが、「和」部門ブースに入った途端、作品プレートの名前を見ずともわたしの作品だ!とすぐに分かったとそれぞれが言ってくれたこと。
それだけ作風が定着しているということでしょうか。
うれしかったです。



(01:25)

2010年02月22日

3月26日(金)〜28日(日)の3日間開催される「日本フラワーデザイン大賞2010」の詳細パンフレットが届きました。
写真をクリックすると別画面に現れ、さらに画像をクリックすると拡大して見ることができます。
展示の他、お花の教室とかイベントが色々あるようですよ。
わたしも参加してみようかな(笑)
img010
img011


当日の招待券も数枚入っていました!

絶対観に行きますから〜!!!という奇特な方に限り差し上げますので、mail@sibe-flower.comまたは03-3420-4980または各連絡方法にてお申し出下さい。



(16:27)

2010年02月04日

topyou-12th3月26日(金)〜28日(日)の3日間、横浜パシフィコで開催される、日本フラワーデザイン大賞2010に出展が決まりました。

全国から500点ものアレンジメントが集まった、見ごたえのある展示会だと思います。お花のことがわからなくても、絵画などの展覧会を観る感覚で楽しめますよ。
わたしも最近はめっきり展示会に足を運ばなくなっていましたので、いろんな意味で刺激になればなぁと楽しみにしています。

ちなみにわたしはアレンジメント「和」の部門で出展です。
自分で描いたデザインに向けて、いろいろ考えねりねり練り込んでいる最中です。おもしろいの製作しますよ〜

一般のかたでもご覧になれますので、もしお時間ありましたら横浜に遊びに来がてら、足をお運びいただけると幸いです。
わたしはNFDの会員でもなんでもないので、招待券も割引券もありませんの・・・大変申し訳ありませんが、会場へ直接お越し頂くか、前売り券を自力でゲット願います。

当日 大人 1,000円
前売り 大人 800円
※小学生以下、70歳以上は無料
※障害者手帳をご提示の方とその介護の方1名は無料

前売り券は以下の所で購入できるそうです。

ぴあ http://ent.pia.jp/pia/event.do?eventCd=0950872

JTB http://www.jtb.co.jp/ticket/event.asp?id=241782

詳細はNFDのHPhttp://www.nfd.or.jp/jfda/をご覧下さい。



(10:40)

2009年12月16日

topyou-12th日本フラワーデザイナー協会(通称・NFD)の主催するフラワーデザインコンテストの第一次審査に合格しました!!

審査内容はデザイン画で、部門もいくつかある中からアレンジメント部門、今回のテーマは「和」または「洋」。

「和」のテーマを選びました。
デザイン画は夫と実母・姉のみが見ております(笑)
夫曰く、「度肝抜くね・・・」とのこと。

もしご興味がありましたらぜひ見に来て下さい!
様々な作品が展示されているので、楽しめると思いますよ〜
今年は横浜パシフィコで開催されます。
前売り券もあるようなので、詳細はまた追って。

またご報告します。


(10:12)