2014年02月04日

雀竜位決定戦メンツ紹介

 どうも、渋川です。
 前回言いましたように、ついに雀竜位決定戦の季節がやってきました!
 

【日程・会場】
◆日程
1日目…2月8日(土)
2日目…2月9日(日)
最終日…2月23日(日)
いずれも11:00開始

◆会場
神楽坂「ばかんす」
観戦自由ですので、ぜひ会場にお越し下さい。
 
 
 ここで決勝メンツの紹介をしていきたいと思います。
 
 
 1位通過、吉田基成プロ
 
 最後の最後まで大接戦だった雀竜A級において一人だけ抜け出して早々に決定戦進出を決めていたのがこの人です。
 第6期雀竜位でもあり、今回は久々の雀竜位決定戦進出となりました。
 一緒にセットもしたことがありますが、読みが優れていて非常にバランスのいい麻雀を打つ人だという印象があります。
 また二年前の雀竜A級で僕は吉田プロとの対戦でへこまされたことが響き降級となってしまったので、やりにくい人が残ってしまったなと言う気持ちです。
 
 
 2位通過、斎藤 俊プロ
 
 なんと斉藤プロは今期協会に入ったばかりの新人なのです。つまり、C級予選、C級、B級、A級とストレートで勝ち進んだことになります。これはとんでもない偉業です。
 ちなみに僕は一年目はA級まで勝ち進んだにも関わらず結果B級に降級しています。斉藤プロは僕が成し遂げるのことのできなかった一年目に雀竜位決定戦進出を成し遂げているのです!
 そして僕には斎藤プロの情報はありません。これは非常にまずいです。
 
 昨年の雀竜位決定戦、僕はプロ二年目でした。そして僕は対局者に下に見られていたのです。
 木原プロはブログで、渋川がここまで協会ルールに対応してるとは思わなかったと言っていましたし、金プロはこの局において後で須田さんに「Aリーグだったらカンしてますが、今回はカンしなければ9mが出るかもしれないので」と言ってたのを聞きました。
 このように情報が無いと、どうしてもその人をどう評価するかは難しいです。
 ある意味一番やり辛い相手かもしれません。
 
 
 3位通過、木原浩一プロ

 
 この人については今さら説明不要でしょう。結果を見たとき、木原さんまた残っちゃったのかという感想を第一に抱きました。
 五期連続協会二大タイトル決定戦進出中、最高位戦クラシック優勝、他のタイトル戦においても好成績を残していて天鳳十段にすらなりました。最近一番勝っているプロといっても過言ではないでしょう。進撃の協会プッシュと自ら呼ぶその攻撃的スタイルは非常にやり辛いです。
 いくらなんでも勝ちすぎだろと誰もが思っているので、ここでもう一度力の差を見せ付けたいところです。
 このコメントを見ても分かるとおり、僕のドヤ顔を一刻も早く消し去りたがってます。 
 

 現雀竜位、渋川難波プロ
 
 プロ二年目において雀竜位を獲得し、リーグ戦もB2リーグまでストレートで昇級し、ニコ生の対局四神降臨シリーズにおいても3連覇するなど今最も注目の若手プロであり――
 
 はい、すいませんなんでもないです
 
 
 
 以上の4名です。
 昨年に負けず劣らず厳しい戦いになると思うので、皆様是非とも観戦にお越しください!



sibukawa at 13:13コメント(2)トラックバック(0)プロ活動 | 雀竜位決定戦 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 緋色   2014年02月05日 09:18
5 渋川さんのファンなので、頑張ってくださいと言いたいところなんですが、今回は友人の斎藤俊を応援させていただきます(笑)。

斎藤俊の情報も結構ありますが、お教えできません(笑)。

ただ、熱い戦いを期待しています。
2. Posted by 白 水着   2015年05月22日 00:40
渋谷るスな」と託る月28日

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
楽天市場
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ