どうも、サイド・ハーマックスです。


急に寒くなってきましたね。炬燵を引っ張りだしたいところなんですが、あいにくの雨なんで干すに干せないという状況です。最悪はコインランドリーの乾燥機でテニスボールと一緒にグルグルしちゃいたいんですけど、せめて曇りじゃないと動く気がしません。
寒くて寝るのがつらいよー('д` ;)あったかぬくぬくしながら寝たいのにー!
ふとんモフモフ神はサイドさんを見捨てたのだッ!!!


あ、今日はラバナスタ・FFTについて書き殴りしていきますが、うっかりネタバレとかあるかもしれないから気を付るんじゃよー。



Side Hermax 2017_10_11 01_48_15

そんなこんなで相変わらずバカやっている私ですが、リターン トゥ ラバナスタはチャレンジしに行ってきました。


ただし・・・
実装2日目だけど!!!!!!



誠に申し訳ない・・・。
初見のカオスは1日目じゃないと味わえないんですけど、私はカオスに足がくすみ逃げ出してしまったんだ・・・。
だって、これで24人レイドは、通算7回目だ。
過去6回も、あの阿鼻叫喚を体験している・・・。恐ろしいぞ・・・120分経っても成果はゼロで、また最初から。それを2セット体験してみるんだ・・・。240分だぞ!寝不足で頭は朦朧し、目は窪んでいるが報酬という欲望で爛々と輝いている。しかし、それも打ち砕かれるだろう。時計は非情にも深夜3時を回り、絶望に打ちのめされる。
そんな経験は、もうたくさんだッ!俺は先に寝させてもらうッ!!!!


と、いうような理由が70%だっったりする。
後の30%は、極HUD討伐戦に挑んでいたら楽しくなってきちゃって、時計の針が12時を超えてしまったんだw


「みんなでアドバイスしながら進めるのは、カオスだけど楽しいねっ!」なんて言えるのは、心がピュアな証しである。マジで許して・・・時間経過と共に心は汚れてしまったんだ・・・。キャッキャウフフしているブロガーさんが眩しすぎる・・・。あの時の気持ちは、もう味わえないんだろうか?
あのレイズを待ち望む悲痛な叫びが想像できるのだ・・・。コンテンツは逃げないんだよ・・・のんびりしたい。
なので、ちょっと落ち着いた2日目にチャレンジしました。
そのおかげでぇ!ところどころ全滅がありましたがぁ!無事にぃ!ワンセットでクリアできたよぉ!
精神衛生的にも、とてもいい。




それにしても・・・
最高に残念なのが・・・


6


アルガスさんだよ!!!!
なんだよ・・・なんの脈絡もなさすぎじゃないか・・・。


ムービーで、「だぁれ^^?この人??」状態だったんですけど、ボスキャラのネームを見たら「冷血剣 アルガス」って出てるじゃないですか・・・。一人称朕だしさぁ・・・結構、本気でショックを受けた・・・。


24人レイドシリーズって3回で終わりだから、その中でストーリーを解決させないといけないっていう縛りがあるのは分かるんですけれど!今回は、聖石を巡る争いという主軸なので、アルガスさんに尺を使うわけにはいかないっていうのは分かるんですけど!!
「もっと眠りから覚めたばっかりですー」っとか、「うわぁ、聖石だよ、奪っちゃお☆」的な登場シーンでもいいと思いますし!3秒くらい・・・いや、もう一言くらい・・・。設定背景が伝わるようなモーションが欲しかったナ・・・。


だってさー!クリア後のイベントで記者ミコッテが石を渡しにいくところとか、目線がおどおどしながら歩いていき、渡したとたんに逃げ帰る姿とか、すっごい凝っていたもん!いままでのイベントに、あそこまで目線に力をいれてたシーンとかなかったと思うよ!あれ、相当リテイク入ってると思う!
それだけ頑張っているシーンがあるだけに、しょんぼり具合も一塩なんだ・・・。
バトル前シーンとイベントシーンって担当グループが違うんだろうかってぐらい差があるよね。


くー><
もっと色々書きたいんですが、これ以上は危険だ!ぶっちゃけそこまで記憶と知識が無いので、見当はずれなことを書いてしまうんだぞ!
アルガスってPS版FFTだと前半部(ラムザおさげ時代)までしかでてこないんですけど、PSP版FFT獅子戦争では追加イベントがあって、確かバンパイア的な何かになってたような事をどこかで読んだ記憶がある・・・。たぶん、そこらへんの設定でヒョッコリ出てきたのかな~(/_;)


調べ直したいけど、多分途中で飽きらめそうだしね・・・。適当な脳内補完でそれっぽく自分で納得できそうな理由でも見繕っておくわ。
すまんな、実に見苦しいところをお見せしてしまったんだぞ!!!



それにしてもだな・・・まとめ記事で読んだけど、「家畜に神はいないッ!」の大安売りとは上手く比喩したものだよね。
あれはセリフを言うまでの流れが秀逸なのであって、易々と連発するもんじゃぁないんだぞ・・・・。


でもな・・・あれだけ連発されると思いのほか頭に残ってしまってだな・・・
刷り込みにでも近いんだろうか・・・


なんだ・・・か・・・


ど・・・・ん・・・どん・・・頭が錯乱してきている・・・ぞ・・・




Side Hermax 2017_10_16 01_46_11


階級社会によって身分は差別されている。
私たちは、貴族にありとあらゆるものを搾取され、残るものは過酷な労働によって疲れ果てた荒れた体と命のみ。
これから冬が来ようというのに・・・残された蓄えは心もとない・・・。


何かに縋るかのように手を掲げ、虚空を見上げる。
希望もない。未来も無い。何もない。
その場に立ち尽くしていると、吹き付ける風が雪交じりとなってきた。
体温が奪われていくが、動く気にはなれなかった。


家畜に神はいない・・・。いないのである・・・。


頭の中では、絶望に打ちのめされた一言が巡りつづけている。
その言葉を思い出すたびに、生きる気力がさらに失われていく。


どのくらい時間がたったのであろうか。ふっと一つの疑問が湧いてきた。


だが・・・果たして本当に、家畜に神はいないのであろうか・・・?


いや、いないのであれば作り出せばいい。
新たな神を!家畜の神をこの手に!!!




4


サイドさんの頭が迷走したんだぞ!!!


ここはオタク大国NIPPON!!!
戦艦を美少女に変えたりしちゃう文化が跋扈している国なんだぞ!
いないなら!作ってしまおう!ほととぎす!


全てを奪うというならばッ!
家畜となり、神を創造するまでよ!!!


いでよっ!
家畜の神、アルガスッ!



7

というわけで、ポーキーヘッドを被り、アルガスさんに突撃するMなロールプレイが始まりました。
なんだろう・・・変な方向に目覚めてしまった気がする。
幸いなことに異形化しているので、結構すんなり受け入れてしまったりする・・・。



やっべー
アルガスさん、まじ神ぃ。
我々を導く唯一神だわぁ・・・!


アルガス教はいいぞ・・・
なんたってチョコボを無料で供給してくれる。
これで冬も食糧に困ることなく、肉入りスープが飲めるッ!!!


それにしても、いい声だわぁ・・・。
「家畜に神はいないッ!逃げ惑え羊どもよ!!!」
よくよく考えると、このセリフに声付きって最高じゃない???
嫌味が無く、圧倒的支配力に満ち溢れていると思う。



5


でも、すまねぇ。俺は、羊じゃないんだ。
豚なんだ。ブヒー!


でも、家畜の一種だからね。
もっと神のお言葉を頂戴してくれてもかまわないよ。


案外、開き直ってみると楽しいもので、心が軽くなった気がする。
やはりあれだね。
怒りに、身を落としてはいけないんだね。
やっぱり、今の状況を最高に楽しまないとな!


ハハハァ!
またぁ・・・あの頃のようなぁ・・・!
心がピュアな時代にぃ・・・!



戻れた気がする!!!!




10

サイドさんはそのまま迷走を続けるかと思いきや・・・主人を心配したカーバンクルがやってきてくれました。


かーくん
「きゅー・・・(いつまで、グルポしているの?僕のご飯はまだなのかな?・・・お腹減ったよ・・・)」


はっ!!!
こんな可愛い獣を頬っておけるわけないじゃない!


そろそろ妄執を振り払い、現世に戻って行かないとね。


ただいま、かーばんくる!




FINAL FANTASY XIV(FF14) ブログランキングへ
ぽちっとしてくれるとうれしいなっ!


ちゃっかりツイッター始めました。ブログに連携させているので新着の際にお知らせしてくれますわよ?よろしければフォローお願いします!