2013年09月17日

もしかして最終?

ブログの締めのご挨拶文を書こうとしてふらふらと方向を見失い
なんだか今日という日を迎えてしまった「ラフ」。
中途半端な役者紹介みたいになってしまってごめんなさい。
しかも、途中からゲネプロを撮影していただいた写真が上がってきたので
これまた中途半端にアップしてしまい~~~。
(前半の写真のなかった方たち、申し訳ない)
スタートは、ぶっちゃけでわしんが打ち上げ会場にいろんなものを置いて行ってしまったとこから
始まった気がします。

結果、つれづれなるままに楽しく書いてしまった…。

かんちゃん①

















かぶっているタヌキが大きすぎて、ちょいちょい顔が隠れていたかんちゃん。
…犬は飼い主に似るっていうけど、着ぐるみの中身は着ぐるみに似てくるんだろーか…。
か、かわいすぎる。
かんちゃんは、この「ラフ」が、DISH初参加で、たぶん、めちゃくちゃ大変だったと思うし
めちゃくちゃ悩んだと思います。

この次の「モンスターズ・スウィング」にがっつり出てもらいたくて、
「うちら、こんなむちゃくちゃな集団だけど、それでもいいか?」
ってな逆オーディション的な思いもあって、お誘いしてしもうた。
すまん。

かんちゃん&りんちゃん


















左側、かんちゃんの似顔絵を持っているのがりんちゃん。
右側、りんちゃんの似顔絵を持っているのがかんちゃん。

笑顔の後ろで、「笑おう!!」と言って泣いてる2人。

このピュアな感じは、かんちゃんという人がここにいて初めて出来上がる物語。
りんちゃんという、宮元ワールドの住人がいてくれて書けた物語。

新しい ONE PIECE を手に入れた瞬間ですな。

かんちゃんだけでなく、DISHの役者たちは
それぞれがとても大切な ONE PIECE です。

DISHは、完全にあて書きです。
この人がいなければ、この役もこの物語も存在しない。
この役者たちがいてくれなければ、私は何も書けてないです。

本当に恵まれてるな~と思います。
ちょっと特殊な物語を普通に演じてくれる人たち。
だいぶんな無茶ぶりを、何ごとにも動じずにこなしてくれるスタッフさんたち。
私は、みんなに甘えてます。
甘えちゃいけないと思いつつ、甘えまくってます。
で、ちょいちょい叱られたりもします。
ま、いっか。

この公演は、今回参加してなかった役者さんたちが大勢手伝いに来てくれてました。
ほんとありがたい。
さくっと「やっときます」と言ってくれる。
私の気がつかないところに気がついて、当たり前にそっとやっといてくれる。
マジありがたかった。
外から見たDISHについて語ってくれて、
最高にありがたかった。

この人たちに、何を返していけるんだろうと思った時
「作品で」と言えるような実力は、私にはまだないです。

いつか必ず!!何か返す!!!
長々とお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

スタッフに徹してくれた、かっきーに愛をこめて。


宮元多聞

sidedish06 at 20:37│Comments(1)

この記事へのコメント

1. Posted by みやもとたぶん   2013年09月17日 20:44
あ、誰かを書き忘れてたり、
私のことをもっと書け!!
みたいなことがあったら続きます。

すみません~。

コメントする

名前
 
  絵文字