アストラル体について

博士はその夜、ロビーにわれわれを集めて講義を始めた。
「きみたちはエーテル体を改造し、大量のプラーナを蓄えた。
その結果、強靭な肉体と、自己観察に必要な鋭敏な頭脳を持つことができた。
しかしだ。生命エネルギーであるこのプラーナを大量に増大させることは、
一面で大きな危険を伴うのだ」

その危険とは、「感情の暴走」であるといった。
「若いときはだれしも感情が激しく、不安定だ。
それは、からだに大量のプラーナを持ってい るからだ。
このエネルギーが「感情回路」の中を通り、その結果、さまざまな感情が起こる。
感情を引き起こすことで、われわれはエネルギーを消費させているのだ。」

博士は、多くの人が感情を暴走させ、間違った感情回路にエネルギーを流しているといった。
その結果、さまざまなトラブルを引き起こすことになる。
思春期によく起こるノイローゼもそのひとつだ。
たとえば、自分のからだの欠点などで悩ん でいると、
その「悩みの回路」に過剰のエネルギーが流れこむ。
たいていそのエネルギーは、 そのうち別の回路にも流れて緩和されるのだが、
まじめであるとかこだわりやすい性格である といった要因が働くと、
その回路にエネルギーが流れっぱなしになる。
するといろいろな心身の異常が起こる。

ヘンリーという男がたずねた。「その回路とは、どこにあるのですか」
博士は、それは「アストラル体」にあると答えた。
ここで人間を構成している霊体のひとつ、 アストラル体について簡単に解説してみよう。

アストラル体はエーテル体よりもずっと精妙であり、物質的な接点は持たなくなる。
色彩豊 かな光を放っており、アストラル(astral=星のような)という言葉は、
この視覚的な印象から命名 されたものだ。
アストラル体の色はこころの動きによって変化する。
大きく分けて赤系統は情緒を、黄系統は知性、青系統は精神性を示している。
それはまるで電波のように周囲に放たれ ており、
われわれはそれを「雰囲気」として感じるのである。

この霊体は欲望や感情機能を司っている。
波動を受けると、それを感情に変換して感応する のだ。
たとえば、音楽という音の波動を感情として受けとめるのが、このアストラル体なのである。
博士によると、誤った感情回路、すなわち怒り、憎しみ、心配、悲しみ、嫉妬などは、
われ われの想像以上にエーテル体や肉体を損ね、アストラル体を傷つけているという。

「怒りは内分泌腺の機能を乱し、神経システムを狂わし、大量のプラーナを消失させる。
その結果、エーテル体がたちまち損傷を受け、老化を早め、最悪の場合、
神経が焼き切れて精神的な障害を起こしたり、心身の重大な病に 倒れることもある。
これは忘れてはならない重大な注意だ。野放しにされた感情は、
猛獣よ りも狂暴に、あなた自身を八つ裂きにするのだ」


◆ファウスト博士の超人覚醒法 斉藤啓一 より抜粋編集

占いが当たる人・当たらない人

占い師のことではなく、占われる側の話です。
占いで言われたことが、当たりやすい人と当たりにくい人について
〇ファウスト博士の超人覚醒法 斉藤啓一 より抜粋編集

「占いは当たるのですか?」
私はそうたずねると、博士はうなずいた。
「その占いがすぐれたものならば、当たる。眠っている者の行動は、
たとえば天体から放射される磁気などによって影響を受けてしまうのだ。
満月の夜に犯罪率が増加するというデータが あることを、あなたがたはご存じかね?
ほかにもいろいろな影響によって操られているのだ。
よいだろうか。眠っている者は生きているのではない。反応しているだけなのだ」 

エミリーが質問した。
「恋愛も結婚も、反応の結果なのですか」
「もちろんだ」 「と、博士はあっさり答えた。
「どんな人を恋愛の対象や配偶者として選択するかは、
その人にプログラムされているのだ。
このプログラムのとおりに、人は特定の人間を選択し、恋し、
またある者はプログラムどおりに別れる。眠っている人間に自由はない。
何回もいうようだが、ただ刺激に対して
パターン化 された機械的反応をしているにすぎないのだ」

「それでは、機械的な反応をやめれば、運命は変えられるのですね」
私がそう質問をした。
「そういうことになる。夢から醒めた者だけが、自由な運命を生きることができる。」

中年の男がいった。
「しかし、たとえ博士がおっし やる眠った状態であっても、一生を幸せに送る人がいます」
すると博士は笑って答えた。
「そういう人はここに来る必要はない。
果てしない快楽と悲嘆との往復、葛藤、欲望の奴隷、競争的生き方、
退廃、虚偽、自己幻想、こういった生き方にうんざりし、
それに終止符を打とうとする者だけが、この道を歩むことができる。
われわれは何という不自由な存在であるかと、
絶望しきった ところから、この道は始まるのだ。
それ以外の人には 理解できないし、またする必要もない。
眠りたい者は、眠っていればいいのだ」


占いが当たる人・当たらない人の違いにはもう一つあって、
鈴木崩残氏いわく自我率があまりにも低い人は
天体や運命の影響を受けるアンテナが機能してないので
そういう人は占いが当たらないらしいです。なので

<占いが当たらない人>
・運命の影響に左右されない高い意識レベルを持った人、悟り人
・自我率が低くアンテナ不能な人

<占いが当たりやすい人>
・それ以外の大半の中間層

となりますが、但しこれは占い師が本物でレベルが高い場合に限りますので
私たちが目にする大半の商業占い師の場合は
当てはまらないことが多いかもしれません(外れることが多い)

電磁波による脳へのダメージ

私の家は現在空き部屋が何個かあって
一番台所に近い部屋を使ってるんですが
日当たり悪くて冬は激寒いのと、
隣の家からの騒音が最近うるさいので違う部屋に移動しました。

その部屋は台所から遠すぎて、アース線が引けず
電磁波対策ができないんですが、
冬の間だけなら大丈夫だろうと思い移動したところ…

移動後2,3日くらいから耳鳴りが出始めて、
頭がボーっとしてすぐ物忘れしたり、頭がボケたような症状が出てきて
PCのタイピングミスが増え、睡眠は浅く長くなってしまい
たった2,3日で明らかに脳に影響が出たのが分かりました

これではPC作業どころか、日常生活までもマトモにできないと悟ったので
せっかく家具一式移動したけれど、すぐに元の電磁波対策部屋に戻ったところ、
↑のような症状は治まったので、電磁波の脳への影響はかなりのものだと実感しました

日本は電磁波対策が最も遅れてる(中国より遅れてる)国なので
この電磁波によるダメージを知らないうちに受けてる人はかなり多いと思います
上記のような症状に悩まされてる人や、長時間パソコン作業する人は
電磁波対策は絶対やった方がいいと思います

電磁波対策については人間白書の方でいくつか取り上げてますので参考に
〇電磁波の強い家電
〇対策法
〇対策後の測定結果


夢の中で夢だと気づく方法/明晰夢の練習

夢の中で夢だと気づくことができれば、
明晰夢を見ることが可能になります。
単純そうだけど、これがなかなか難しく
私は毎度夢の中で現実チェック(顔をつねったりして痛いかどうか確認)
していたりするのですが、夢の中でも普通に痛いんですよね。
暑かったり寒かったりもするし、何か乗ってきたら重くて苦しくなるし。

夢の中で気づく方法は他に「手のひらを見る」「鏡に映ってみる」
「何か文字を見つけて読む」「服を脱いで裏返しにして着直す」などが
オカルト板とかで挙げられてましたが、実際夢の中でいくつかやってみましたが
いずれも夢と気づくことはできませんでした。

それもそのはずで、それらの行動は夢でも現実でもできてしまうため
チェックした後に「よし、今は現実だ!」と夢の中でなってしまうことが多く
感覚的なチェック方法はアテにならないということに最近気づきました。
なので「夢では起こるけど、現実では絶対起こらないこと」で
判別するのが有効なようです。

下記は「明晰夢.com」http://xn--kssp41aoia.com/realitycheck/より
リアリティチェックの方法です。


明晰夢を見るには、夢と現実の違いを発見する必要があります。
通常、夢を見ているときにあなたはそれを現実だと思っています。
そして、夢の世界は色んなところが変だったということには起きてから気付くのです。

日ごろから、起きている間に定期的にある決まった動作をする習慣をつけておくと、
夢の中でも同じことをするようになります。
そしてそのとき異変に気付き、それがきっかけで、
意識が「あ、これ夢だ!」と気付いてくれるのです。
この決まった動作をリアリティチェックといいます。

突然ですが、あなたが今現在、夢を見ていないと言えるのはなぜですか?

・目が見えるから・・・
・肌でものを感じることができるから・・・
・自覚しているから・・・
・とにかく、起きているから!!

残念ながら、それらはすべて夢の中でも同じです。
なので、見ること、感じること、自覚していると気づくことは
夢の中で夢だと気付くのためには役立ちません。
それに加えて夢の中では脳の働きがぼやけていて
起きているときと同じような合理的な判断が
できなくなっていることも忘れないでください。

夢の中で夢と気付くには、「あ!!」と
自分に思わせるような特別な瞬間を作りだす必要があります。
その方法とは、「簡単な質質問」と組み合わせた、
現実世界では必ず可能な「予め決められた行動」で構成されます。
一つの有効なリアリティチェックとして、こういうのがあります。
右手の人差指と中指を左の手のひらを通過させようとして見るのです。
現実世界では、指は手のひらを通りぬけずに必ず失敗に終わります。
でも夢の中では、指を通そうと思えば90%くらいの確率で通ってしまうのです。
その瞬間、「夢だ!」と気付くことができます。

夢だと気がつくと、自己意識が夢に参入し、
夢の中の環境が一気にリアルになって意識も一気にハッキリし、
自分が誰なのかということが明確になり、次にすべきことも明らかになります。

ですが、ただ指を通そうとする「行動」だけではリアリティチェックは成り立ちません。
その行動をする度、毎回、「これは夢かな?」と本気で自問して周りを見渡し、
それが本当に現実なのかを確認する必要があるのです。

周りの環境に異変が無いか集中して見渡します。
例えば、机の上に置いてあるカップをみて、
「これって本物かな?自分が想像しているだけじゃないかな?視線を変えたら消えるんじゃないかな?」
などと考えてみます。そのような自問自答をすると同時に
指が手の平を突き抜けることができるか確認するのです。

1日にこれを10回以上やりましょう。
毎回必ず「これは絶対に夢ではない」と言いきれるまで周りを観察しましょう。
この行為が習慣になると、夢の中でも同じことをやるようになります。
そしたら大成功です。明晰夢の始まりです。

<最も効果的なリアリティチェックTOP10>
1.息をする
口を閉じて、鼻をつまんだ状態で、息をすることができるか?

2.ジャンプする
ジャンプしたとき、ゆっくり落ちてこないか?

3.読む
同じ文章を2回読んでも文字が変わらないか?

4.視力
あなたの視力がいつもよりもぼやけていたり、いつもより良く見えてはいないか?

5.手
硬い表面を手がすり抜けられるか?

6.時間
時計を正しく読むことができるか?

7.飛ぶ
やろうと思えば飛んだり中に浮いたりすることができないか?

8.手のひら
手のひらを近くでよく見てもおかしなところはないか?

9.鏡を見る
鏡に映る自分の姿に異変はないか?

10.計算
2つの数字を足し算すると正しい答えになるか?

1回のリアリティチェックで2つの項目をチェックすると更に効果的です。

・なぜ自己意識を向上させる必要があるの?
人間の脳は、経験から情報を覚えていきます。
私たちが生きている中で経験することが、繰り返される度に
どんどん「当たり前」として脳にプログラムされていくのです。
例えば、私たちは生まれたときからずっと重力というものを感じていますが、
常にそれについて不思議に感じるということはありません。
自分が思うがままに飛んだり浮いたりすることができないということが「当たり前」すぎるのです。

ほとんどの大人たちは、自分を囲っている世界について
疑問視しないまま人生をふらふらと生きています。
空が青いことや、自分の意識で手の届かないところにあるものを
動かすことができないということや、壁を通り抜けて歩くことは
できないことが「当たり前」なのです。私たちはこの世界に慣れすぎて、
それらのことを不思議に思わなくなっています。

ですが、日常的に、その世界をあえて疑問視することで、
その世界での自己意識が向上します。
つまり、自分がいるその環境に意識を向けることになります。
その行為が現実世界で癖になると、夢の中でも同じように癖になります。
そしてそれが明晰夢への繋がるのです。


人工生命体タルパについて2

<想念によって形づくるタルバの創造法>

最初から本格的なタルパをつくることはむずかしいので、
その前段階の人形や絵を用いた方法から紹介してみよう。

深層意識は多分に超感覚的な情報をキャッチする領域であるから、
人形や人物画に自分の深層意識を投影することができる。
やり方は次のとおりだ。

1.あまり感情を顔に現していない人形や絵、あるいは写真を用意する。
飾りの人形でもいいし、 だれかの写真や絵でもいい。
架空の人物を自分で描いてもいいが、その人物に敬意をはらえることが大切だ。

2.次に、この人物はいったいどういう性格なのかを決定する。
もちろん、尊敬に値する立派な 性格であるべきだ。
頭がよく、やさしくて勇気がある。実行力は抜群で、決断も早い。
このようになるべく細かく定めていき、リアルなキャラクターにする。
ただし、 欠点は考えないこと。

3.さて、そうしたら一日何回かこの人物に話しかける。
こころの中で話しかけてもいいが、
そ の人物は本当に生命を持った存在なのだというつもりで行うこと。
実際それは魂を持ちはじめ るのだ。
話しかけたら、その人物が答える様子を想像する。
最初は自分が人形のかわりに答え ることになる。

このとき、人物の性格に合った答えをいうこと。
たとえば「転職したいのだが、どうすればいいのですか」
というように問 いかけてみる。
すると、その顔が何となく変化していくように見える。
転職に反対している顔か、あるいは賛成している顔か。
これ は、あなたの霊感がその人形や絵の人物に投影されたことによる。
こうして得られた答えは、 正しいことが多いのだ。

以上の過程を続けていくと、あなたから発する想念波動が
その人形や絵に染みこんで、想念霊が宿るようになる。
つまり、魂を宿したような感じになるのだ。
そこまでくると、まるで一 個の人格として、
あなたの呼びかけに答えてくれるようになるであろう。
その応答はテレパシ ーによって行われる。

最初は意識的に自 分が答えるのであるが、
そのうち彼はひとりで話すようになる。
これでいちおうタルパは完成だ。

気をつけなければならないのは、憎い人がいると、
タルパは頼ま れもしないのにその人のもとにいって
危害を加えることもあるということだ。
これは当然あなたの罪であり、カルマ(因果)の法則によって
いつかはその報いを受けなくてはならなくなるだ。
また、何日かタルパを使わない と、自然に消滅してしまうこともある。


◆ファウスト博士の超人覚醒法 斉藤啓一 より抜粋編集

記事検索
プロフィール

Nada

最新記事
楽天市場
  • ライブドアブログ