September 27, 2006

Quebec Beer

Quebec Beerビール好きの2人なので飲まなかった訳がなく(笑)、
当然ちょこちょこ飲んでました。
時には「ちょっと休憩する?」と言ってバーに入り
「え〜、ビール下さい」と。。。
(↑昔、友達ともこんな事したな・笑)

そこで注文したのが写真のQuebecご当地ビール
店員さんが勧めてくれたんだけど、
なんでもこのビールの名前、
フランス語でF**kだか、Sh*tという意味にあたるらしい。
凄い名前!!!
しかも凄いのは名前だけではなく、
アルコール度数は8%もある。
それでも苦味が強いという訳でもなくス〜っと飲めてしまう。

だからこんな名前なのかも…。
だからラベルがデビルなのかも…。

と納得してる頃には飲み干し、空腹だったのも手伝って酔いが回るのが早く、
たった1杯で上機嫌になって店を後に。
恐るべし、Quebec Beer。。。

是非Quebec cityに行ったらお試しを〜♪♪
って、このビール、ちょっと注文しづらくない!?!?!?  

Posted by siesta4585 at 09:02Comments(2)TrackBack(0)

September 26, 2006

Montreal & Quebec city

Quebec2『北米のパリ』と言われてる様に、
街並みも言葉も雰囲気もTorontoとは全く違うので
「ここはカナダ!?!?」と思ってしまうぐらい
異国情緒たっぷりで楽しかった

実は少し心配していた言葉の違いは、
レストランやホテルの人達はバイリンガルが多いので
「Hello」と言えば英語に切り替えてくれるので、問題ない。
というか、日本人観光客が多いみたいで(←実際よく見かけたし)
日本語の貼紙が貼ってあったり、路地で絵を売ってるオジサンが
「高くないよ、お土産にドーゾ」と日本語で話してるのが聞こえてきたり、
逆に日本語の多さに驚いた
ただ勿論、観光地から少しでも離れるとそこはフレンチ・カナダが色濃くなり、
フランス語オンリーの人達が多く、私はコーヒーすら買えないので、
「言葉が分かりませ〜ん」を理由に全て彼頼みで女王様状態でした。ラッキ〜(笑)

そして最も心配していた天候は、天気予報を信じなくて正解!!!(笑)
Montreal→Quebec city→Montrealの日程で過ごしてきたのだけど、
Quebec cityの2日目に少しパラパラ雨が降っただけであとは晴れ
キャンセルになんてしていたら、天気予報士に抗議する所だったわ、ホッ◎

にしても、この二都市のあるケベック州、道路が狭い上に一方通行が多いのに、
標識が分かり難くて困る
高速や主要道路の出口には数km前から「Exit ○km」という看板を作ればいいのに、
突然出口に「ここ右!!」みたいに書かれてあるので、
以前住んだ事がある彼でさえ「迷わずに行けた試しがない」と怒り狂っていた。
あり得ない。。。  
Posted by siesta4585 at 17:26Comments(3)TrackBack(0)

September 24, 2006

1st Anniversary

結婚1周年を迎える。
挙式をしてから1年、長かったようで「あっ!!」という間な気持ちで一杯なのだけど、
彼はよく「最初の年が1番大変って言うから…」と言ってるので、
まぁ、大変だったんだろう、彼にとっては(苦笑)

1年前の挙式は、EtobicoというTorontoの西端の小さな町で行った。
カナダの挙式は、牧師(or判事)と2人の立会人がいれば何処で執り行ってもOKで、
市役所も場所を提供してくれている1つ。
たまたま「何処か他にないかなぁ〜」っと思ってた時に、
彼が誰かに聞いてきたその場所は、
200年以上も前の古い寄金団体のリーダーの家を、
今はちょっとした式を挙げる人達のために提供されている所。
裏庭が大きな公園になってるので天気が良ければ気持ちがいいし、
身内だけのこじ〜んまりとやるつもりだったので、本当に丁度良かった

にしてもあの日は緊張した。
彼は『結婚』って事に緊張していたらしく珍しくオロオロしてたけど、
わたし的にはそんな事よりも『誓いの言葉』を丸暗記する事に必死で、
「結婚するんだぁ〜」みたいな余韻に浸ってる暇なんて
全くなかった。。。

  
Posted by siesta4585 at 13:00Comments(5)TrackBack(0)

September 20, 2006

旅行計画

計画というか、前日になってしまったので準備に追われている
しかも、帰って来たら「部屋が汚い」って思うのが嫌で掃除を始めたり、
1人ファッションショーをしつつ荷物の準備をしたりしてるので、
いつになっても終わらない。。。
(↑私、忙しい時に限って掃除を始めたりする。テスト期間中とか…)
特に荷物のパッキングは、行った事がある人達がみんな口を揃えて
「MontrealやQuebec cityは、Torontoとは違ってお洒落な街」と言うから
余計何を持って行こうか悩む。。。
で、荷物が増えそうになり彼に
「理解できる程度に!!」と先回りされてしまった。
ブーツ2つ持って行きたいんだけどぉ〜(苦笑)

こんな時、女子同士だったりするとアレコレ話して、もっと楽しいのにな
そういえば数年前、友達の家でファッションショーをした事を思い出した。
全く着慣れてないギャル系の服を…  
Posted by siesta4585 at 11:24Comments(2)TrackBack(0)

September 18, 2006

旅行計画

以前書いた旅行計画は、結局Montreal&Quebec cityに決まり、
いつの間にかホテルも車も手配され、
あとは「荷物を纏めて、木曜日に出発」という準備万端な所にきている。
1つ、お天気を除いて。。。

天気予報が全くよろしくない。
遠いVancouver辺りの雨雲がゆっくり東に向かって動いてるし、
メキシコ周辺には2つのハリケーンがいる。
なので天気予報は週末にかけて、きっちり『雨』と予報。
めちゃくちゃ凹む

一応、ホテルは当日の16時までに連絡すればキャンセル料は無料なので、
数日様子を見てからでも、変更には問題はない。
でも、やっぱり彼の仕事の事も考えるとそうそう簡単ではないし、
天気予報もここ2週間位「明日は晴れ。週末は晴れ」と言いつつ、
実際晴れたのは昨日しかない。

正直、こんな低い正解率の天気予報だと信じた所で誤りの様な気もするし、
何を信じて決断したらいいのか分からず、
てるてる坊主でも作るべきか、真剣に悩む  
Posted by siesta4585 at 10:25Comments(4)TrackBack(0)

September 16, 2006

無料ライブ

某電気屋の新店舗オープンのイベントの一環で、
あのBeyonceが屋外無料ライブをすると聞いて
「行くべきかどうしようか?」と実は1週間近く悩んでいた。
で、当日の金曜日、15時頃に思い立って友達に連絡し(←遅っ!!!)
19:30頃まで一緒に家の近くでのんびりご飯を食べ、
開演20分前に現地到着
開演が15分程度遅れたので、30分位待った所で開演だった。
ライブに行くのにギリギリまでのんびり出来る、都会って素晴らしい

Beyonceは、新しいCDからの曲を数曲と、今までのヒット曲も数曲、
3回の衣装チェンジをしつつ、バックダンサー達と一緒に歌って踊ってて、
めちゃくちゃカッコ良かった
前日に見たTV
「SexyとNastyは紙一重だけど、どう違うの??私はどっち???」と聞いていたけど、
Beyonceは確実にSEXYだった!!!

ただ、観客がかな〜りドライで(←最前列以外)
Beyonceが最後の曲を歌い終わって姿が消えたと同時に
「さっ帰ろう」と言う声が聞こえ、みんな駅に向かって歩き出していた。
「えっ!?アンコ〜ル♪って言うのはない訳????」と本当に拍子抜けで、
何よりそこにビックリしてしまった。。。  
Posted by siesta4585 at 16:30Comments(3)TrackBack(0)

September 13, 2006

日本のTV番組

日本のTV番組が吹き替えになって幾つか放送されている。
よく見かけるのは『料理の鉄人』と『風雲たけし城』(←古っ!!!)
『料理の鉄人』は、何故か?加賀タケシの喋りと
「福井さんっ!!!」と言う呼びかけだけはオリジナルのままで、
他の人の声は完全吹き替え。
(加賀さんのキャラが濃すぎるのか???・笑)
でもちゃんと吹き替えされているみたいで、
日本で放送されていた物と殆ど変わらない。

が!『風雲たけし城』に至っては、勝手に2チーム編成されてて、
(例えば『女子チーム』と『男子チーム』みたいな)
内容も、インタビューも全く違う様に吹き替えされてて、
完全に別の番組化してる。。。
しかも20年近く前の番組だから、
聖子ちゃんor明菜ちゃんカットをしてる人や、
黒縁の大きめ眼鏡をかけた人など、
当時のファッションが万歳
時々見てて恥ずかしくなってしまう。。。

そして、先日更に凄い番組を見かけた!!!
『SUSHI TV』とかいう、日本の幾つかのTV番組を編成した番組。
これがまたマイナーな物ばかりで構成されていて、
『舐め地蔵』の紹介とか(←舐めるとご利益があるらしく参拝客は舐めてた)
飼っているインコに鼻毛を抜かせる女性とか、
汗でろうそくを消す男性とか、
日本人の私でさえ、「えぇ〜!?!?」と思う物ばかり。

間違った日本人像を伝えてると思うのは、私だけ???  
Posted by siesta4585 at 22:25Comments(6)TrackBack(0)

September 08, 2006

レストランのマナー

いつだったか(?)レストランで日本人が「Excuse me〜!!!」と
大声を上げてウェイトレスを呼んでいるのを見かけた事があった。
これはカナダではマナー違反。。。
「ついつい普段どおりにしてしまった…」って事は凄く分かるけど、
傍から見れば「マナーがなってないな」と思われてしまう。

とってもお節介な事だけど、「ダメだな」と思われるよりは、
やっぱり海外でもスマートに過ごして貰った方が良いと思うので
ちょっとしたレストラン・マナーを綴ろうかと。。。

カナダのレストランでウェイトレスを呼ぶ場合、
先に書いたように遠くから大声を上げて呼ぶのは×
近くを通った時に声をかけたり、手を挙げてみたり、
(↑気が付いて貰えないと凄く虚しい・苦笑)
自分から近くに寄っていくのがマナー。
ちなみにテーブル制を取ってる店も多いので、その場合、
最初に自己紹介してくれたウェイトレスに頼まなくてはならず、
他の人だと「担当じゃないから」とキッパリ断られる。(←結構厳しい)

それから、オーダーを取ってもらったり、サーブしてもらったり、
サービスを受けたら「Thank you」と。
ちょこちょこ来る場合、なんか常に「Thank you」「Thank you」と
Thank youのオンパレードになるんだけど
これで客もウェイトレスも気分がよくなるなら簡単な事だし

そして1番厄介なのはチップ
これ、忘れてくると相当失礼な事に当たるらしい。。。
それでも日本人には馴染みがない習慣だから忘れてしまう人が多く、
残念だけど「日本人は…」と思われてる。
(↑日本人だと分かると、チャージされたレシートを持ってくる所もあるとか)
一応、カナダの場合は代金の15〜20%が主流。
これは何処のレストランでも同じ事で、
以前「コリアンレストランは(チップが)要らないらしい」と
変な噂が日本人学生の間で流行っていたけど、単なる噂に過ぎなかった。

カナダで『日本人』と言うと、全体的には凄く良い印象を持たれてる。
だからこそ、こんな事でイメージを下げず、
マナーを守って食事した方がカッコイイのでは???  
Posted by siesta4585 at 09:54Comments(4)TrackBack(0)

September 06, 2006

荷物の行方

行方知れずになっていた私の荷物を捜索する為、連休明けの火曜の朝、
郵便局に問い合わせ(←というか抗議)の電話をかけてくれる様、
彼にお願いして外出した。
戻ってきた時には彼も帰っていて「電話した??」と聞くと
新たな不在通知を手渡された。
「前の不在通知の引き取り場所が間違っていました。
 下記の場所が正しい引取り指定店です」と。
そして、
「あなたの名前が(アパートの入口にある)リストに載ってなかったので
 分かりませんでした」と。。。
確かに、荷物の宛名は旧姓で、リストには彼の姓が入ってる。
が!部屋番号が入ってるんだし、夫婦別姓も多いのこの国で
そのいい訳はありなのか!?!?

しかも、その通知にはもう1つ「ん!?」と思う事があって、
「引取りは明日の13時以降に」と書かれていたのだけど、
この通知を貰ったのは火曜日(9/5)、
でも通知に書かれている日時は9/1。
明日というのが、水曜(9/6)を指すのか、9/2を指すのか謎…。

万全を期して前者と解釈し、6日、指定店である最初に訪れた店に行ってみれば
「あ〜、土曜の!!!届いてるよ!!
 だから俺も火曜以降なら解決すると思ったんだぁ〜」と。

もうグッタリ
日本の「お届け物でぇ〜す」と颯爽と現れ帰ってゆく、
そして再配達も「勿論♪」と喜んで引き受けてくれる、
そんなサービスが恋しい。。。
  
Posted by siesta4585 at 22:26Comments(2)TrackBack(0)

September 05, 2006

連想バトン

友達のBlogから連想バトンが回ってきた。
『前の方が連想した言葉で、連想できるものを考える…』というバトンらしい。

そういえば数年前、英会話教室の授業でまさにこのゲームをやった事がある!!!
連想できる英単語を順々に言っていくというゲームだったのだけど、
(例えば、snow→white→rabbit→cute→girl...みたいな)
私の前の人が「個性」だの、「雰囲気」だの、いっつも小難しい事を連想してくれて、
非常に悩んだ事を思い出す

では連想します。。。
  続きを読む
Posted by siesta4585 at 18:44Comments(3)TrackBack(0)