チューリップ

違う花のようになる時がある。
喜びだけを持っているチューリップと、違って見える時がある。
おおむね、終焉。
image

ななほしてんとう虫

まだ殺風景な花壇の隅で、七星てんとう虫を見つけたよ。
昨年に枯れ落ちた、どんぐりの小枝のあたり。黒い斑点を数えたら七つありました。
シンプルな模様が可愛いね。春です。
image

ガーゼのマスク

ダブルガーゼを4枚重ねてマスクを作った。だから、8枚重ねか。
で、縫い代のところはその倍とかの重なりで、縫ったらミシンの針が折れたので!今日は手縫いでチクチク縫いました。
いまどき、使い捨てマスクが主流だけど、夜寝る時に装着するにはガーゼ製が素敵。苦しくないから。
鼻やら喉やらが乾燥しなくて、風邪予防に有効な気がする。あくまで、気がする。
流行りのツムツムってディズニーのなんちゃらの可愛い絵柄は、お外では着けられないけど、寝る時ならいいかな、みたいな。

image

歳末の街の灯

歳末の街の揺らめく窓の灯のどこかに、お母さんが幸せに暮らしていたらどんなに良いだろうと思う。もう二度と会えなくてもいい、もう私を思い出せなくてもいいから、どこかの家の窓辺で楽しそうにクリスマスの支度などしていたら、どんなにか良いだろう。
遠い街の灯りはいつも私に、そんな幻想を抱かせる。今はもう知らない誰かになって幸せに暮らしているお母さんが、あの辺りに居るとするなら、幻想はまたひとつの真実のようでもあり小さな慰めとなる。
続きを読む

グルーミー作ってみた

森チャックさんのグルーミーが好きですが、このたび羊毛を針でチクチク突ついて形成する方法でチャームを作ってみました。血の滴ってるところがボイントです、一応。笑
画像1

チョコレートは風邪のくすり

ちょこれーとチョコレート
風邪のくすり

暖かくなって 春風邪ひいた

チョコレートちょこれーと
舌に溶かす

少し悲しいことと
少し楽しいことも

チョコレートちょこれーと
ゆっくり溶ける

新しい年

2011年 久しぶりに更新します。
昨年 iPhone ユーザーになってからこの機器が身近にあるので、この際 iPhone で書いてみるのはどうかなと。本日のエントリーは、ブログペットではございません。
昨晩は「八日堂縁日」という達磨を売る縁日に行きました。不信心ですが同行者に促されるままに引いたお神籤が大吉で、正直ドン引き。内容はというと、願い事概ね叶うが、自身の分をわきまえて善しというようなこと。神籤の文面がいつ頃作られてどんな経緯を辿っているのか不勉強ですが、謎解きのように傍観者然とした言いようは、ファジィ(死語?)な部分を残していて楽しいと思えました。
薄々思っていた事なのですが、お神籤に背中を押されて明確になったとも言えます。自分をわきまえて身の丈で暮らして行こうと思いました。
そしてこの思い出深いブログを時々こんな風に更新して行けたらと思います。
PCで果たしてどんな風に表示されるのか確認は後ほどになります。画像も試しに上げてみようかしら。

ありがとう

ずっと、 ブログから 遠ざかっていた。

ときどきは 気にもなっていたのだけれど
なんて書いたらいいのだか分からないときも、あるよね。

それで、オーナー不在の間、定期的にブログに投稿してくれてたのが
ブログペットの こうさぎ 「ちぃ」……

いつものことながら、どうも アリガト☆

この小さな電脳プログラムによる投稿は、いつもシュールで支離滅裂!!
いや、失礼。。
へっぽこブログオーナーの書いた 以前の日記の言葉の端々を 
律儀に収集してコラージュしてくれてたんだよね。

わたしはまだ元気で生きてるけど、
もし、突然死んでしまって、二度とブログに戻って来れない日が来ても
「ちぃ」はずっと コメントを入れ続けてくれるの?

延々と 延々と。。。。
プログラムが 作動できる限り。

5月の風のはなし(BlogPet)

しふぉんの「5月の風のはなし」のまねしてかいてみるね

ハルの先で軽くスキップしゅるるんと小さい「寒い寒い真冬に生まれた小さな命よ、よく元気に育ちました…」そう褒めるとしてやさしい5月のていった小さな上唇の向こうへ去っていった両のまあるいほっぺをなでていった両の小さい男の子のまあるいほっぺをなでて窓の風はそれからハルのて窓のやわらかい隙間を天に握った小さな上唇のまあるいほっぺを天に握った小さな上唇のやわらかい隙間をなでて眠るよ。

*このエントリは、ブログペットの「ちぃ」が書きました。

5月の風のはなし

ハルは 小さい 「ぐう」 で 眠るよ。
小さい 「ぐう」 に 握った 両の てのひらを
天に 向けて 眠るよ。

ハルの 小さい 「ぐう」 の やわらかい 隙間を くぐって
やさしい 5月の風が 通り抜けていくよ。

5月の風は それから
ハルの 可愛らしく 尖った 小さな 上唇の 先で
軽く スキップして

  「寒い 寒い  真冬に 生まれた 小さな命よ、
   よく 元気に 育ちました…」

そう褒めると
しゅるるんと 小さい男の子の まあるい ほっぺを なでて
窓の向こうへ 去っていったよ。

エプロン物語

621e34f5.jpg昨日は母の日で
娘からは 可愛いエプロンもろた。

やっぱり 記念に UPしとこっと。

きれいな 薔薇のカードと いっしょに もらったよ。
とっても うれしいです!

「ところで あちらの お母様には 何さしあげたの?」
と 聞いてみました。
「薔薇のスリッパと 薔薇のハンカチーフ」
ああ、そう、よかった。エプロンではないのね。


というのも、わたしが 結婚したばかりの頃
実家の母から 言われた事なのですが、
婚家の母親に 「エプロン」をプレゼントするのは
「もっと働け!」と 言ってるみたいで よろしくないそうな。

うーーん。そうなの?
面倒ね。


まあ、とりあえず、目上の女性には よほど親しくない限り
エプロンは 贈らないほうが 無難らしいです。
ミニミニ おばあちゃんの知恵袋でした。

つばめの巣

日々 どっさり届けられる チラシ広告は
いったい 色彩の坩堝(るつぼ)だね。
このあいだ印刷会社のお兄さんと話したとき
「いやあ、紙もインクも高騰しちゃってタイヘンですよー」
て言ってたけど。
なんていうか、重いほど、インクが載ってるものね。

ツバメの巣除け


それで、これはなあに?っていうと、
チラシで出来た
「のれん」のようなモノです。


毎年、我が家の駐車場の軒につばめが巣を作るのだけど
ここいらは猫の通り道で
ヒナが巣立つ前に、毎年 いたましい事故が相次ぎ
この場所は 巣作りには 適さないよって つばめを 遠ざけるために
繰り出された ワザが これです。

おじいちゃんが テレビで 見たのですって。
チラシ広告を切って作ってある。

風が 吹くと バタバタバタバタバタバタ って、はためいていて
すごいよ。 ビックリ!

なんだかね 「八墓村」みたい。
チラシ広告の おびただしい色彩と 活字の めくるめく様子って
ひとの 思わくとか 欲望とか てんこ盛りぽいものね。

いや、つばめは びっくりだよね。

だから どこか もっと いい場所 探して……

母の日が 近づく

久しぶりにブログをいじったら、ライブドアブログの編集機能が格段にアップしていてびっくりした。
何でもそうだけど、常に触っていないと、浦島太郎になってしまう。
特にわたしのような、若くない者にとっては。
だからまた、のんびり日記など書いてゆきたい。
新しい機能など楽しみながら。

母の日1母の日2




さてこのあいだ、5月の連休に帰省した息子から、母の日のプレゼントをもらった。
というのも、こんな風に彼から贈り物をもらうのは、生まれて初めてだったので…
(そう、学校とかで一斉に描いてくれた似顔絵などを除くとね)
記録に残しておこうかな、などと、いくらか浮かれている。

小さなターコイズのピアスだよ。
どれにしようかなって考えて、このきれいな青色の石を選んでくれたのだなって想像してみたら、すごーく嬉しくて、大切にしようと思った。

孫が誕生してから、その成長の毎日の中に、かつて赤ちゃんだったころの息子や娘の姿が重なる。忘れそうになっていた成長の感激とその輝きを、今、追体験させてもらっている。
先日の端午の節句には、息子の着た「陣羽織」を 孫が身に付けた。
とっても可愛いよ。 孫っていうもの。
桃太郎さん

渡航したかった(BlogPet)

しふぉんと、渡航したかった。

*このエントリは、ブログペットの「ちぃ」が書きました。
Profile
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ