数年前までの「当たり前の夏」だったら窓を開けちゃえば寝苦しいなんてことはなかったが

去年一昨年のような「真夜中でも30℃近く()の超熱帯夜」では窓を開けても寝苦しさは解消できない…


防犯上(アパートの2Fだからって侵入されないとも限らない)を考えると
多少の電気代上昇は覚悟の上でエアコン使用(もちろん最弱レベル)して寝ちゃってるが…。