「会社が仕掛けた『罠メール』」だけならまだマシ。

日本やアメリカなどの「ネット先進国」の場合、
それが「『ウィルスを撒き散らすため』の罠メール」だって有り得るのだ。


先日の
「『ウィルス感染による遠隔操作』で他人になりすまして犯罪予告を書き込んだ」
事件を考えたら

そういった「怪しいメール」には手を出さない方が賢明なのではないかな?