2018年01月15日

シングルベッド


ダブルベッドではなく、シングルベッド。

ツインではなくシングルにこだわる。

私が寝ているのがシングルベッドだから、ではなく、

つんくの古い歌「シングルベッド」がどうにも好きだから、

という訳。


若い頃ってだいたいシングルベッドに寝ているじゃないですか。

安っいやつ。

で、彼女ができる。

遊びにくる。

シングルベッドで遊びます。

当然安いスプリング。

なのでギシギシうるさいんだけど…

それがとてもプアだけど、蒼い感じがいい。



敷き布団?

ダメですね!

イメージが違う。

じめっとしてしまいます。


ダブルベッドじゃ、落ち着きすぎ。

婚姻届けを出しました感が出てしまう。


かといってツインベッドだと、お金は一応あります、余裕もあります、

だけどもう中年だし愛もそろそろ萎んでしまいました感が出てしまって

どうも、遠い日の恋のうたにならない。


で、シングルベッド。


カラオケに行くと、どうしても歌ってしまう。

で、なんだか悲しくなるんだよなぁ。


失恋した男のうたなんだけど、

詞が上手いというか、

ああ、恋も人生もタイミングなんだと

いまさらながらつくづく思うんです。


詞の特にここんとこが肝。


「恋は石ころよりも あふれてると思ってた

なのにダイヤモンドより 見つけられない」


つんくってモーニング娘のプロデュースとかでなく、

純粋に作詞家としての才能に溢れているんじゃないか?

阿久悠さんを尊敬しているという話だし。


モーニング娘。は社会現象になったけれど

私はああいうのが大嫌いなので全く無関心だったが、

シャ乱Q時代の作品はどれも良かったぞ。


いまはつんく、声出なくなっちゃったけど、

古い知り合いのように思っているぞ。

応援している!






シャ乱Q

シングルベッド

作詞:つんく
作曲:はたけ

流行の唄も歌えなくて ダサイはずのこの俺

おまえと離れ 一年が過ぎ いいおとこになったつもりが

それでもこのとしまで俺が 育てた裸の心は

おシャレをしても 車替えても 結局変化もないまま

早く忘れるはずの ありふれた別れを

あの時のメロディーが思い出させる

シングルベッドで夢とお前抱いてた頃

くだらない事だって 二人で笑えたね

今夜の風の香りは あの頃と同じで

次の恋でもしてりゃ 辛くないのに

寄り道みたいな始まりが 二年も続いたあの恋

初めてお前抱いた夜ほら 俺の方が震えてたね

恋は石ころよりも あふれてると思ってた

なのにダイヤモンドより 見つけられない

シングルベッドで二人 涙拭いてた頃

どっちから別れ話するか賭けてた

あの頃にもどれるなら お前を離さない

シングルベッドで夢とお前抱いてた頃

くだらない事だって 二人で笑えたね

今夜の風の香りは あの頃と同じで

次の恋でもしてりゃ ああ 辛くないのに







  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sigeru10161 at 21:56│Comments(0)ミュージック | 作詞

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
月別アーカイブ