2018年04月05日

泣きたくなったら




泣きたくなったら

夜中にひとりで泣く


誰にも知られることなく

微塵も残さない


そして鳥のさえずる朝に

生まれ変わろう


(そういうことにしておくんだ)


さあ、とりあえず笑顔で

歩いてみる

歩みをやめない


陽のさす方へ

どんどん歩く歩く


意味なんて考えない

本質なんてどこにもないのだから


こんがらがった糸を解く間に

過ぎ去ってしまうものが余りに多いから


歩く

歩く


朝陽をまぶしいって感じる

汗が流れる

疲れゆく躯


遠くに消えゆく昨日までのこと



そう感じている君のこころ







  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sigeru10161 at 10:01│Comments(0) | 人生

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
月別アーカイブ