2008年06月

2008年06月30日

うれしいメール

先日お客様より下記のようなメールを頂きました。

 「父が所有しております築20年ほどのアパートの一室の流し台入れ替えをしましたが、ワンルームタイプのため、公団型の小さい流し台を最初の頃は結構使っていたようです。近隣のホームセンターに問い合わせたところ、現在はその小さなタイプはないとの返事でしたので大変困っておりました。とても助かりました。有難うございました。

お客様の購入された流し台はこちら、ガス台付流し台の一番小さいものです。
08.06.30
Powered by PICS




私どもが提供したものが、お客様のお役に立てて、このようにお礼の言葉をいただくことは、私どもにとって一番の喜びです。
皆様も、「今はもうない商品だから」という一言に諦めずに、お声をおかけ下さい。もしかしたら、私どもがお役に立てるかも知れません。

sigitashokai at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) キッチンの入れ替え現場 

2008年06月27日

憧れのシステムキッチンのさらにむこう

今日、ご紹介するのはヨーロッパでは大手のキッチンブランド「ALNO」です。

08.06.27-1
Powered by PICS



何百種類もあるアイテムから一つ一つ理想のキッチンを創っていきます。
打ち合わせに数ヶ月をかけ、じっくりユーザーが完全に納得されるまでプランニングを繰り返します。まさに生活空間を創造している、という感覚です。
もちろん、価格的には安いものではありませんが、こういったオーダー型のキッチンを選ぶということは、商品を購入するということだけでなく、豊かな気持、安心、安らぎなどをユーザーご自身が感じられることを思えば、単純に高いとはいえないのも確かです。
標準的な価格としては、新車1台分にちょっとプラスした感じです。

sigitashokai at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お役立ちキッチンの紹介 

2008年06月26日

システムキッチン

今日の話は「安い」おはなしではありません。(念のため)
“憧れのシステムキッチン”というフレーズをよく目にしますが、憧れで済ますにはちょっともったいないですよね。

08.06.26-1
Powered by PICS



新車よりは確実に安く、大画面デジタルテレビとは同じくらい、衝動買いできるほどは安くないという価格帯です。
でも「家」のなかで、中心的な位置を占めるダイニングキッチンスペースを快適にするためだったら、無駄な出費ではないはずです。
ただし、システムキッチンには様々なタイプがあります。一生モノの買い物ですから、商品を選ぶのに念の入れ過ぎということはありません。実際に商品をこの目で確かめて、店員さんに呆れられるくらいに商品説明を求めましょう。
また、妥協は禁物です、予算もありますが、予算が少し足りないからと諦めてしまえば、一生後悔することもあります。一つのメーカーに拘らなければ、お望みの機能が予算内であるかもしれません。自分自身が納得のいくまで探しでみましょう。
各メーカーのショールームの紹介をします。参考にしてください。
クリナップ ショールーム

ミカド ショールーム

サンウェーブ ショールーム

ナスラック ショールーム

タカラスタンダード ショールーム

トーヨーキッチン ショールーム



ちょっと変わったところでは
ALNO ショールーム


sigitashokai at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お役立ちキッチンの紹介 

2008年06月25日

ワンルームマンション リニューアル

今日紹介するのは、大阪市都島区某ワンルームマンションのリニューアルです。
残念ながらリニューアル前の写真は撮影できませんでしたが、コンクリート打ちっぱなし風の、都会的でおしゃれなワンルームマンションに出来上がりました。

08.06.25-1
Powered by PICS


キッチンは、サンウェーブGKシリーズを設置しています。サンウェーブGKシリーズはライトオークとアイボリーの2種類のカラーよりお選び頂けます。リーズナブルな価格帯ですが、落ち着いた雰囲気が出せます。
マンションオーナーには、賃貸状況が厳しい折、こうすれば、家賃を下げずに新しい入居者を受け入れることが出来ますよね。

sigitashokai at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) キッチンの入れ替え現場 

2008年06月24日

流し台の排水口

今日はキッチンの豆知識です
昔はこんな感じのものがスタンダードでしたが、

08.06.24-1
Powered by PICS


目皿タイプの排水口です。


現在はゴミ収カゴと菊割れゴムが一般的になっています。
08.06.24-2
Powered by PICS



このゴミ収カゴがないと、食べ残しや箸などが配水管に進入してつまりの原因になります。また、配水管から臭気が排水口をとおしてキッチンに入ってくるのを防いでいます。
簡単なつくりですが、意外と重要な付属品です。

sigitashokai at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) キッチンの入れ替え現場 

2008年06月23日

大阪市中央区某マンションリフォーム途中経過

中央区某マンションリフォーム現場、キッチンの搬入設置が終わりました。
リフォーム前はこちら
08.06.23-1
Powered by PICS




08.06.23-2
Powered by PICS



部屋自体はまだリフォームの途中ですので、キッチンまわりは養生をしています。
設置したキッチンは「クリナップ ステンキャビネット」というものです。キャビネットキッチンの中ではハイクラスの商品です。
全体像は完成後のお楽しみです。早く見てみたいです。


sigitashokai at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) キッチンの入れ替え現場 

2008年06月20日

オリジナルキッチンはいかがでしょう

キャビネットキッチンで、水栓が直付けタイプという流し台はなかなか見当たりません。
こんなの(ニッサンハローGP56シリーズ)があるくらいです。



で、本日ご紹介するのは、デザイナーズキッチンです。
08.06.20-1
Powered by PICS



カラーは、イエロー、レッド、ホワイトの3色からお選び頂けます。
水栓は、使い勝手のよいシングルレバー水栓となっています。
08.06.20-2
Powered by PICS



シンク(水槽)のサイズも、ミニキッチン・ハーフキッチンに比べて大きめになっていますので、本格的な調理作業もらくらくこなせます。
収納部分は、出し入れ便利で使いやすい引出タイプです。

08.06.20-3
Powered by PICS



sigitashokai at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お役立ちキッチンの紹介 

2008年06月18日

大手メーカーにない流し台

大手メーカー例えば「クリナップ」「サンウェーブ」「ミカド」「ナスラック」などでは、間口80cm、90cmの流し台はありません。

キッチンスペースに余裕がある場合は、それでもかまわないのですが、そんな住宅ばかりではありませんよね。キッチンスペースは使い勝手をよくして出来るだけコンパクトに収めたいというのが多くの方の気持ちではないでしょうか。
こんな商品はいかがですか。
08.06.18-1
Powered by PICS



JR-90流し台

BI-80N流し台
08.06.18-2
Powered by PICS


BI-90N流し台
その他いろいろ取り揃えております。

sigitashokai at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お役立ちキッチンの紹介 

2008年06月17日

文化住宅キッチン入替

今日は、レトロの香り漂う昔懐かしいタイル流し台を、ガス台付流し台に入替を行いました。
before
08.06.17-1
Powered by PICS


築ン十年の大阪市某区の文化住宅の2階が現場です。お客様は綺麗に使用されていましたが、やはり何十年も使用すると傷みは激しいです。高さも低くて(約70cmくらい)、腰に負担がかかるとのことです。

タイルの流し台を撤去し(これがなかなか大変でした)、キッチンパネルを設置して水栓取付高さを変更します。
文化住宅の階段はギリギリの幅、奥行46cmの商品でなんとか収まりました。
after
08.06.17-2
Powered by PICS


こうすれば、古い住宅でもまだまだ捨てたものではありません。

ガス台付流し台(公団型流し台)に興味がある方はこちらでどうぞ

以前の記事でも説明させていただいております

sigitashokai at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) キッチンの入れ替え現場 

2008年06月16日

大阪市中央区某マンション訪問

リフォームの前に写真を撮影に訪問。
築20年を超えたマンションですが、それほど傷んでない模様。

08.06.16-1
Powered by PICS



全面リフォームするとのことですが、やはり入居者にとってはきれいな部屋は基本ですから。止むを得ないのでしょう。
水廻りについても、このまま使えるといえば使えますが、入居者のことを考えると、使い古しより新品の方が気持ちがよく暮らしてもらえるし、リフォーム後が楽しみな物件です。
08.06.16-2
Powered by PICS



sigitashokai at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) キッチンの入れ替え現場