2010年03月04日

蒸気がMacに対応!

もう3月。

やっとヒマになったのでケロロの映画版観たり、万葉の湯に行ったり、コラライン観たり(今日は「バッドルーテナント」の予定)、CoD:MW2のマルチプレイ2周目をやったりとまったりしてましたが、先週あたりのゲーム関連ニュースで話題となっていた噂(Webキットベースで製作、アップデートされたSteamクライアントソフトにMac用のリソースが発見されたとゆうニュース)が遂に現実のモノに!


Steam For Mac Confirmed (Inside Mac Games)

イメージは“Team Fortress”(?)


Valve Leaks Teaser Images for Announcement of Steam (and Games) for Mac(MacRumors)
 
#ついぞMacには移植されなかったHalf-Lifeのオッサンの胸にリンゴマークがあったり、伝説の“1984”CMのパロディ(投げるのはハンマーじゃなくてバールだ)があったり。


IntelMacになったあたりからPC版ゲームの移植は結構簡単になったとはいえ、ビッグタイトルの製作方針を巡ってパブリッシャーと製作スタジオが揉めたりゲームはコンソール機で充分(MW2のボイコット運動など良い例)、みたいな風潮のさなかでのこの出来事は果たしてどうなる事やら。

あと気になるのは初動のラインナップであるのは言うまでもないけど、とりあえずPC版の名作系や既にMac版のあるものでVALVEが取り扱えるモノなのかな?いずれにしろ直販やコミュニティのスタイルはMac環境だと新鮮かも。
#ただ、Steamのソフトって常駐型で他所から自分がオンラインかどうかすぐ判っちゃうのがなんとも。

いずれにしろゲーム好きにはたまらんオハナシ。
#COD:MW2をブートキャンプ無しで遊べる日が来るのだろうか・・・・
#その前にグラフィックドライバなんとかして欲しいけど。

正式な発表はどうやら来週あたりになるそうですが(実際Steamのサイトには何もアナウンスされてません)、数週間程早いエイプリルフールネタ、ってえ事ではないのを祈りましょう。 


sigkob_x1138 at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!Game | Mac

2010年02月27日

一体誰が・・・

各所で話題のヤツ。

フィギュアスケーター(アンサイクロペディアの方)

ここまで凝ってるのもスゴイ。

#にしても真央さん残念でした。 
#ミス無しのヨナさんも半端無いけど。 

sigkob_x1138 at 00:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年02月16日

近況

もう2月です。

何かと忙しく、今年に入ってから映画は「アバター(3D吹き替え版)」のみ・・・ 


近況:

COD:MW2のやりすぎで ビデオカードGeforce8800GTが逝かれた。

通常使用では全く問題無いのがなんだかなあ、ってとこだけど、3Dのゲーム他、OpenGLを激しく使うアプリが直ぐに落ちる様に。
とにかくカバー外してカードに触れてみると触れない程アッチッチで熱暴走してるみたい。

なんとBootCamp上のWindowsXPでもおんなじでありました。
#とゆうかMW2のプレイ中に起きて、ドライバとかの異常を疑ったがMacOSでも症状が再現。とゆう身も蓋もないハナシはナイショ。

んで、その症状が出たのが先週末、代替ビデオカードを探してみたけども、ATIのRadeonHD4780かnVidia(正しくはEVGA製)のGeforce GTX 285のどちらか。
#GT120はちょっと勘弁とゆうことで。

ATIの方が安かったけども最短で届くモノがビックカメラのGTXとゆうこともあり購入。 
#最初アポーストアにしたけどはるばる海外から来るらしくキャンセル。
#24時間以内出荷とか言っておいて納期が書いてないとかなんだか不親切だ。
#勿論秋葉原とか銀座とか渋谷に行く元気など無し。
#ビックのポイントが付くのがでかい。秋葉館とかじゃそうはいかないし。

で、本日到着。 
#ビックカメラ偉い。

早速組み込んでみていろいろテストしたのだけども、やっぱしゲームは落ちず(壊れた8800GTはゲーム開始1分もしないうちに落ちた)、普通に快調に動作してます。
3Dゲームなどの高負荷下でのカード自体の熱さ(スロット1と同じくx16のスロット2に挿したので裏面が触れる)や排気熱は結構なモノで、高負荷下での連続使用はやっぱし怖いかも。

CINEBENCHやXbenchでOpenGLとかユーザーインターフェースのスコアを計ってみたけども、ナント殆ど以前の8800GTの数値と変わらなかった(僅かに数パーセントの上昇は見られたけど誤差の範囲だよなあ。あと、XbenchはOSX10.6下では異常にスコアが低くなるのは最早仕様なのか?) のがなんか納得いかなかったよ。
恐らくドライバの関係だとは思うんだが。

なんかOSXドライバ上ではリミッターが付いてる様な感じで気味が悪いなぁ。 

#WinXP上でのテストはいずれ。

sigkob_x1138 at 02:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!備忘録・その他 | Mac

2010年01月28日

でました。

http://www.apple.com/ipad/

大判のiPhoneみたい。

499ドルってのは安いけど、日本でのサービスはどうなるのでしょうね。 

出版とかいいかげんこうゆうのに完全対応して欲しい。
映像音楽関連もそうだけど、ト◯ハンとか本問屋の利権もそろそろ21世紀対応しないと。
#ソフトバンクに頑張ってもらうのかやっぱ?? 

あと、ゲームマシンとしては色々可能性が高そうではあるな。


#ユメはあるんだろうけど自分がコレ使ってる姿が想像出来ない・・・・
#まーホントの意味でBookな気がしたよ。

sigkob_x1138 at 05:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!Mac 

2010年01月23日

前回のエントリ補足

コッチのほうがステキ!

http://www.youtube.com/watch?v=Bx1HOq8fnYU

 

sigkob_x1138 at 00:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!エンタメ 

2010年01月10日

本年の大期待作?

#CODMW2は一応オールクリアしました(ノーマルで)

#マルチは結構オモロいです。キケンです。

#詳しいことはまた今度




THE A-TEAM Teaser Trailer

まさかのリメイク!

#オイラの育った長野では土曜の午後のお楽しみといえばコレでした。

#ソープ達も今後はこんな感じになるのだろうか・・・・

sigkob_x1138 at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!エンタメ 

2010年01月07日

とゆうわけで

インストール成功。
殺せロシア人だ(笑)
マカロフ「殺せ、ロシア人だ」(笑)
#日本版だと問題(翻訳的に)のシーン。
#ちなみに購入したのはアジア版らしい。なので、このあとのプレーヤーの行動は自由です・・・
#こんなスラブ顔ばっかりでロシア語話すなとか説得力ねえええ。


日本からは弾かれる海外版のインストールには、Hotspot Shieldとゆう、Macでも有名なIP偽装ソフトを使って問題無くSTEAM認証を通過。
#正味一時間ぐらいかかったかも。

MacPro(Early2008/2.8*8/6GBメモリー(っても2GBしか認識してないよXP)+Geforce8800GT)で充分な描画でありました。
オープニングのキャンプ地の描写では最高品位(テクスチャの一部はノーマル)で60FPS以上は普通に出ている模様(今回キャプチャするのに使ったFrapsとゆうスクリーンキャプチャソフトではFPSを表示する機能がある)。

↓で、お決まりの最初のトレーニング。
頑張ってこんな感じ
なんとかココまで。M9とUSPのコンビで。
#精密さ(Accuracy)ボーナスをもっと上げれば(画像は100%だけど、複数の的を一度に倒すともっと貰えるらしい)更なるタイム短縮も可能。
#ちなみに訓練場を上から偉そうに眺めてるのが今回のキーマンのシェパード将軍。
#狙って撃つと卒倒する様がなんか間抜けで噴きます。
#もちろんゲームオーバーですが。


で、少しやってみたところ幾つか前作(COD4)と操作が変更になってて戸惑ってしまった(プローンなどの姿勢がバインドしたキーでトグルするとか、やっぱしおおきいのがリーンの廃止)。

とゆうわけで続く。

#あ、難易度は勿論最初なのでノーマルです。

sigkob_x1138 at 04:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!Game 

2010年01月06日

到着

043af61c.jpg















あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

とゆことで

前回エントリの続きも何も無く、

上記の様なモノが届いたのでありました・・・

さてこれから面倒なインストール ・・・

sigkob_x1138 at 23:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!Game 

2009年12月30日

みたものメモ2009補足版(1)

今日の昼の10時ごろ車で通りかかった新横浜、
「アレ、冬コミっていつから横浜アリーナになったの?」
 とか一瞬思ってたが原因はコレでした↓

http://www.tbs.co.jp/anime/k-on/special/event091230.html  

#なるほど!
#紙袋所持率高かったなー。

#にしても15時開演が既に10時で長蛇の列とわ。





みたものメモ補足版2009:その1

◯「007 慰みの報酬」

    今年一月に鑑賞。以前のエントリにも書いたけど、フランス人俳優(「ミュンヘン」の情報屋のオニイサンとか「潜水夫は蝶の夢を見る」(未見)、の主役を演じた人)とか前作の工作員の紳士っぽいヒトとか、いろいろと判りにくい今回の敵役達のバックの組織はIMFとか世界銀行とかそんな感じ、であったのだった。こうなると今後007が歩むのは修羅の道しかないとゆう、一歩間違えるとジェイソン・ボーン化しかねないが、それはそれで非常に楽しみだ。
#日本の皇太子殿下は果たしてどちらに付くのか!
#アクションは充分及第点でとても楽しめます。
#燃料電池あんなに派手に吹っ飛ぶモノなの?モロすぎるぞあのホテル。
#女復讐者が劇中乗ってる可愛い車は実は中身はFIAT500のアメリカ版。



◯「ヘルボーイ:ゴールデンアーミー」 

    今年の一月に鑑賞(↑の3日後)。最終日のレイトショーで駆け込み鑑賞。
#タマフルの企画でオールナイト上映を来年やるとかかんとか。

    クタクタの状態でレイトショーであったので疲労感がたんまりとゆう最悪のコンディションで ありましたがなかなか楽しめた。
    ドワーフ市場などのシーンなどで、手作りのリアルをフィルムに焼き込むとゆう作業が製作者達のファンタジー世界への愛が感じられて素晴らしいです。終盤のゴールデンアーミーの復活シーンも、CGIながらもどこかしらストップモーションアニメ風で、まさにそこに或る感が溢れる作りとなっていました。
    物語の構造は人間と異形者世界(妖精さん達の世界)の対立はそのまま現在地球で起きている人間対自然とか、民族間での価値観の対立とかそれぞれ置き換えて見ることが出来るようになっていて、その最たる存在が緑の怪物であったりと、いかにも宮崎駿作品(「ナウシカ」とか「もののけ」などからモロに影響を受けているのが判ります)のファンを自認する監督らしい作りになっていて、もうちょっと日本で受けても良いのに・・などと思ってし
まった。
    終幕に主人公達の取る行動(ネタバレだけど、「もうやーめた」)も、それらのことから充分納得出来ます。

#余談だけど、ギレルモ監督は宮崎監督に対談を申し込んだけど断られたらしい・・・・。 
#ラストの対決など「カリオストロの城」を想起させるシーンあり。
#酔っぱらって妻帯者の悩みを愚痴るシーンは有名ながらも頷く事必至。
 

◯ 「ANVIL! アンヴィル!:夢を諦めきれない男達」

公式サイト

    「ヘビメタを今まで聞かなかったけど、これを観て聞く様になったよ」 とはダスティン・ホフマンの言葉じゃなくてオイラの言葉。いやほんと。これを観てからiTunesMusicStoreで、ファーストアルバム「Metal on Metal」買ったもの(ホントに素晴らしい。若々しくて)。
    内容は所謂リアリティーTV(意外と知られてないけど欧米で流行ってるリアリティーTVの発祥は日本テレビの電波少年シリーズだったりする)風に展開する、ヘビメタバンドとしては一発屋扱いのアンヴィルのメンバー、リップスとロブの生活を追ったドキュメンタリービデオ(アンヴィルの生来のファンである本業は脚本家であるサーシャ・ガバシ)で、監督のファン故の愛の溢れる映像集、となれば理想的で良いんだろうけれども実際にスクリーンに映し出されるのは落ちぶれた主要メンバー二人の今の姿、現実は生活維持の為の内職(アルバイト)するその姿に何故にココまで堕ちたのか?とゆう疑問が生まれたりもするのだけども、たまに引き受けたヨーロッパツアーとゆう名のドサ回りでのだらしなくハチャメチャなマネージメントが引き起こすドタバタとグダグダに「コレはギャグでやっているのか?」と映画を観る者を笑いと不安のズンドコにたたき落とす彼らの様に先の疑問も氷解するとゆうハイレベルな因果応報の姿で「たしかにこれじゃあ・・・」となるのだが、彼らの熱意だけは確かなモノではあるっつーのは嫌でも伝わる、ウン(多少空回り???)。
    そんなズンドコな彼らでも一方、家族達の支えがホント素晴らしい。アンヴィルのドラマー、ロブの実の妹は「とっとと辞めろ」が口癖な一方、ロブの奥さんは今も夫のファンであり第一の理解者(つか、いまだベタ惚れ状態なのが判る)、ボーカルギターのリップスも家族に恐ろしく恵まれていて親族(お姉さんだっけ)に再起の最新アルバムの制作費を貸してもらってたりする。そして理解ある子供や奥さんに支えられてるとゆうなんとも恵まれた環境だったりもしてなんとも羨ましい(お二人とも実は割と裕福で厳格なユダヤ人家庭に育ったのだ)。そして何よりの理解者同士のリップスとロブの夫唱婦随とゆうか阿吽とゆうかもの言わずとも理解出来る間柄、レコーディング中にリップスが神経質に「おまえは負のオーラを放っている」とロブに食って掛かる姿に「またかよ・・」てな感じに受け答えて一応突き放すロブ、そしてリップスが自分の弱さを曝け出して和解の流れ、この友情とかそんな陳腐な言葉じゃ表現しきれない二人の関係性、どーしようもないけどもおそらくお家芸的なお互いの発奮の為の儀礼的なモノなんだろうと想像がつくこのやり取りに、何物にも代えられない二人の絆が垣間見えて、羨ましいと思うと共に関わりを持つ事の素晴らしさを嫌でも思い起こさせると言うか、もう涙。
    終盤、欧米ではほぼ見放された二人にまさかの奇蹟が待っているのだが(ナント、ドキュメンタリー映画ながら伏線があるのだ!!)、この一連のシークエンスはホント卑怯で、微妙にネタバレだけども神社を訪れる二人の静かなシーケンスは美し過ぎて涙が溢れましたよ、ええ。本年のベストの一本として各所で挙るのも納得。

#この映画の収録時のバンドメンバーの現在がエンドクレジットで綴られるのだけども、そのうちの一人がヨーロッパツアーマネージャー(何人だったっけ)と結婚してヘビメタとは多分程遠いシタールの奏者になってるとこで噴いた。
 
#時折シーンに登場するメンバーがふかしてる紙巻き煙草がいかにもな怪しい感じで噴いた。現在的にどうなんだしかし。ノリピーとかたかそーとか。
#オイラはあんまし目くじらたてないけどな。この煙草は。 
 

とゆうことでみたものメモは続く。 

sigkob_x1138 at 23:05|PermalinkComments(0)clip!エンタメ 

2009年12月29日

ナニコレ・・・

#一応元気です。



↓ナンダコレ?
 
大きな地図で見る

#100年後にどうなってるか見たいモノだ・・・

参考:http://www.nenbutsushu.or.jp/rghb/

これだけのもん作っておいて(ギネスブックに載るようなモンがいくつか)一般公開は事前申込制のうえ、国内仏教関係からは総スカンってえのが凄い。
#色々グレーなオハナシもあった模様。

にしても惜しいよな。

sigkob_x1138 at 01:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!