2010年06月25日

予選突破

一昨日のレストランでの光景。

父親と5歳くらいの娘のペア。
娘が頼んだお子様ランチのケチャップライスに刺さった旗をみて。

娘「これはどこの国の旗?」

父親「これは・・・デンマークじゃね?」

娘「へー」

父親「あれ、こんどワールドカップサッカーで日本がたたかう相手じゃないか!」

娘「サッカーの?」

父親「じゃあ、きみが好き嫌いなく全部これを食べちゃったら日本が勝つかもしれないな!」

娘「ええー!がーん」

父親「そもそも嫌いな物あるのに頼むなー!」

娘「じゃあ頑張る」

父親「おう頑張れ」

結構な時間が過ぎて、結局その娘はいくつかのおかずを残したけれどもなんとか本人的には完食した(とみなした)らしい。

娘「おなかいっぱい」

父親「頑張って食べたねえ」(お子様ランチのおまけでついてきたルービックキューブのパチモンを弄りながら)

娘「旗は固いから食べられなかった」

父親「当たり前だ」

娘「でもこれで日本が勝つかもー」

父親「おう」



約二日後、結果は見事に3-1で日本が勝利。

さて、この事実を知ったらこの娘はどんな反応を示すのだろう。

楽しみである。

sigkob_x1138 at 06:16│Comments(0)TrackBack(0)clip!備忘録・その他 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔