2010年06月19日

泥だんごシェイク

明日は、サニーで201と対決予定。

201に泥だんごシェイクを要求(^^♪。

負ける訳にはいかない...


sigma37 at 23:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月16日

レポ3 〜レース当日2〜

続きです。

当日は、7時前にサニーに着きましたが部長は5時着だとか...(^^♪。路面はカチカチのままで、しばらく雨も降りそうにないので、急いで決め打ちタイヤを接着。新品は4WDリヤにJCダブルディーズと、2WDリヤにHS2.0(インナーはJC)です。4WDフロントは中古のJCダブルディーズです。

【練習走行】
まず、ダンパーをOHしたD4からです。3周くらい走ってみましたが、やはりD4はダンパーメンテ直後は良く走ってくれます。そこそこ走れそうでOK。

次にRB5。実はHS2.0にJCインナーの組合せは初めてです。しかも、試しにフォロントにPLのロープロを履いてみました。走ってみると、リヤのグリップも十分で、やはりロープロは良く曲がってくれます。が!?...練習走行中に巻いてスタック。やはりロープロはリスクが大きいので、フロントはPLワイドに決定。2WDもそこそこ走れそうでOK。

最後にRT5。リヤに4月組んで使ってなかったJCダブルディーズを装着。フロントはPLのエッジです。走った感じは、ちょっと路面が固すぎてタイヤが合っていない感じでしたが、なんとか誤魔化せそうだったのでOKとしました。

【トラック】
トラックは6台集まりました。予選1はちょっと巻き気味でミスを連発しますが、27秒前半の2WD並のラップも出てたみたいで暫定TQ。K藤さんやI瀬さんが速いのでやばいかも?です(^^♪。

予選2は、さらに巻きが激しくなりミス多発。結局予選2位となりました。決勝に向けて不安イッパイです。

決勝です。スタートして1周持ちこたえられず、インに引っ掛けてしまいました。そんなにインベタで走る必要も無かったのですが、ステアリングを切ったタイヤがどうしても内側に引っかかってしまいます。そんな感じで、あっと言う間に最下位転落。それでも地味に追い上げて、なんとか2位でゴール。優勝はK藤さん。抜群の安定感でした。次回はK藤さん目標にがんばります(^^♪。

【2WD】
予選は3組目の1番スタート。オフの予選で1番スタートは初めてかも?最初からクリアラップが刻めるのでラッキーです。しかし...背後から2番スタートのシュウさんのプレッシャーが...(^^♪。でも、無難にまとめて11周7秒と暫定TQ。かなりいいタイムだったみたいです。

昼食を挟んで2回目の予選。風で砂も飛んで、かなりのハイグリップ路面です。終盤までかなりいいペースだったのですが、インに乗り上げまさかの転倒。11周10秒でタイムアップならずでした。でも予選1の記録で予選総合TQ獲得しました。決勝ではミスしないように気をつけないと。

決勝です。グリッドは2番手にシュウさん、3番手にO田さんと手強い2人です。こうなってくると、作戦通り予選でTQ獲れたのが大きいです。スタートすると、シュウさんの動きがいいです。後から聞くとフロントにロープロ履いてたみたいで納得しました。なんとかトップを守って序盤を切り抜けると、少しずつ余裕が出てきました。後半は、2番手のシュウさんに1ミスで抜かれそうな際どい間隔でしたが、そのままトップでゴール。4月で初優勝できたので、何か吹っ切れたのかも知れませんね(^^♪。

【4WD】
4WDは1組目だったので2WDと連チャンでした。この組みでも後方からシュウさんのプレッシャーが...。いつものパターンだと序盤でシュウさんに先行されるパターンですが、今回は意外と私のD4も良く走ってくれます。ストレートエンドでハイサイドしないように慎重に走りきりました。記録は12周12秒とかなりいいタイムでした。

しかし、ハイレベルの4WDクラスはこのままでは終わりませんでした。最速S田さんが3組目で快走。12周11秒を記録し、1秒逆転されてしまいました。予選1を終わって暫定2番手。逆転TQ狙って俄然やる気が出てきました(^^♪。

予選2回目です。セットは何も変更せず気合勝負です。とにかく、ストレートエンドだけハイサイドで転ばないように慎重に走行することを心掛けます。ここを慎重に走るとラップは少し遅いのですが、周回予選なのでガマンの走行です。記録は...12周10秒で逆転に成功。わずか1秒差だったので自分でもシビレました。

結局、このタイムが抜かれることなく4WDもTQ獲得できました。4月は決勝序盤で混戦に巻き込まれて下位に沈んでしまったので、作戦通りTQ取れたのは大きいです。

決勝です。みんなラップ差がないので楽しいレースになりそうです。Mさんも見事Aメイン。しかもMさん、Aメイン決勝お立ち台で、念願の「おしゃべり決勝宣言」(^^♪。望むところです。

スタートします。スタート直後のペースが上がらず、後方のS田さんに迫られます。なんとかポジションキープし、周回を重ねます。そんな中、おしゃべりもスタート。しゃべり出した瞬間にS田さんがミスで後退(^^♪。がしかし、後方に黄色のマシンが等間隔で追走してきます。I瀬さんです。なぜか、おしゃべりに加わってこない真剣モードで追いかけてきます。左セクションで詰められ、右セクションで少し離れる感じです。終盤にきて、いよいよ私もプレッシャーを感じてきました。多分、残り30秒くらいだったと思いますが、慎重になりすぎたストレートエンドでハイサイド転倒してしまいます。I瀬さんに抜かれてしまいますが、I瀬さんの直ぐ後方で復帰。直後、今度はI瀬さんが2連ジャンプでオーバランし、すかさずトップを奪い返します。そのままラストラップを走りきりトップゴールできました。久しぶりにD4で会心の走りができたように思います。

Lifeも良かったのかな?また色々テストしてみます

sigma37 at 23:55|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年06月15日

レポ2 〜レース当日〜

W杯、日本勝ちましたね。娘の話では、クラスの友達はみんなカメルーンの勝利を予想していたそうです。我が家の食卓はそんなネタでの家族会議(^^♪。「いかに実力を発揮するか?」についてです。FIFAランキングは一つの目安ですが、本番で100%、いや120%の実力を発揮できれば、十分に勝機はあります。普段のトレーニングは技術向上や組織的連携は基本ですが、本番でいかに実力を発揮するか?がすごく重要な練習要素になってきます。

スポーツの大会や各種イベントの発表会、人前で話をしたり、資格試験を受けたり、シチュエーションは様々ですが、落ち着いて程好い緊張を楽しむ心の余裕を持つようにしたいですね。レースで決勝を走るときも同じなのですが、そうは言っても緊張するのが人の面白いトコロ。色んなドラマがありますね(^^♪。娘も言葉ではしっかり理解できているようでした。

レース当日のレポです。今回のテーマは、「出来るだけ予選で上位を狙うこと」。4月のレースで、スタートポジションの重要性を再認識したからです。しかも、雨がいつ降ってくるか分からない天気だったので。

と、前置きが長くなってしまったので、続きはまた明日。...続くのかな(^^♪。



sigma37 at 23:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年06月14日

レポ1 〜レース前日〜

今日はカメルーン戦ですね。昨晩、NHKでエトーの特集を見てエトーが好きになりました(^^♪。世界で最も競技人口が多いと言われるサッカーなので、サッカーに向き合う姿勢も様々ですが、しばらく感動の祭典を楽しみたいですね。

昨日のレースレポを書いてみようと思います。事前の練習でRT5とRB5は調子が良かったので、何も触らないと決めたので、準備は4WDに集中しました。4WDの課題は、パワーを持て余してしまっていることでした。以前は、モータを7.5Rにしてモータ側で落としていたのですが、何故かパワーが出ない症状となり、6.5Rにしています。しかし、6.5Rに変更して1ヶ月くらい経過したら段々パワーが出るようになってきました。リポなのかESCなのか原因は不明です。そこで、今回は電池側で対策を試みました。イーグルのサドルパックLife3300です。

レース前日に、磨耗した駆動系パーツを交換メンテし、Lifeをテストしました。まず、6.5Rにピニオン25Tで走ります。これでは少しスピードが足りませんが、トルク感は抑えられて手応えアリです。続いて、モータを5.5Rに変更してピニオンを23Tにします。これで、Lipo+7.5R勢に近いスピードとなりました。最後にピニオンを25Tまで大きくすると、かなり発熱しますが10分は走行できるので、この状態でレースに望むことにしました。

前夜は4WDのダンパーOHとタイヤの準備をしました。まずダンパーからです。先日のSKレース以来のダンパーを開封してみると...すっかり姿を変えてしまったオイルが...ケース内で固まってました。経験上、D4のダンパーはメンテ直後が走行フィーリングが良く、RB5のダンパーは2週間経過した頃がいい感じです。RB5の方は何か改善が必要ですが、シュウさんがD4用ダンパーを譲ってくれたので、また今度テストしてみる予定です。D4のオイルはいつも通りアソシ#20を入れておきました。ピストンは自作の3穴です。

次にタイヤですが...時計を見たら3時だったので仮眠をとることにしました(^^♪。(結局2時間睡眠でした。)路面はかなり固い状態なので、X3000か旧タイプのホールショットがマッチすると思いますが、今回は選択肢に余裕なく、D4にダブルディーズ、RB5にホールショット2.0(新型)としました。いつも通り、現地組みです。まあ天気も微妙なので、状況に応じて長めのピンタイヤの可能性もありますからね(^^♪。

そんな感じで当日朝5時に起床すると、まだこの時点では晴れてました。この続きはまた明日。...続くかな?(^^♪

sigma37 at 19:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月13日

2クラス制覇

今日はサニーバギーレースでした。危ぶまれた天気もなんとか持ちこたえ、無事に開催することができました。私がD4で参加するようになってから、雨で流れた記憶がないのですが...(^^♪。

さて、私の結果ですが...

【トラック】 予選2位 ⇒ 決勝2位
【2WD】 予選TQ ⇒ 決勝V
【4WD】 予選TQ ⇒ 決勝V

でした。今回は、初の2クラス完全制覇で大満足です。成長するには、『何故上手くいったか?』よりも『何故上手くいかなかったか?』の方が大事だと思うのですが、すでに頭の中はトラックのことでイッパイだったりします(^^♪。で、とりあえず今晩は、娘と優勝焼肉に行ってきました。

参加されたみなさん、お疲れ様でした。また遊びましょう!

sigma37 at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月07日

D4<RB5<RT5

レース前一週間ですが、タイトルは調子の良い順です(^^♪。

RB5とRT5は、もう何も触りません...多分(^^♪。

D4は普通に走れますが、周りの人が速すぎ

まあ、後はレースを楽しむだけかな?

sigma37 at 19:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月01日

サーボセーバーだった

先日のD4サーボの中立がでない症状ですが、

”そりゃあ、サーボセイバーが原因じゃないの?”

と思ったアナタ、正解です(^^♪。
サーボ修理前にちゃんとチェックしたら、サーボセイバーがユルユルでした。

余計な出費がなくなって、なんだか得した気分です。

sigma37 at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月31日

調子上向き

先々日は娘の誕生日でした。あっと言う間に16歳。みんなに、”そりゃあ、年取るわ〜”と言われましたが、一日一日を大切にして生きたいですね(^_-)-☆。

さて、けやき練習の反動で逆に集中力upしたサニー練習ですが、2WD&4WDともに調子上向きです。最近は散水しながらの走行なので錯覚かも知れませんが

2WDの方は、ハゲハゲのJCダブルディーズでみんなとバトルできたので確かな手応えが。X-GEARのバネ欲しいんですが、ガマンx2。

4WDの方は、二つほど問題点を発見。一つ目はユニバの引っかかり。これは、先週の走行で症状が出てたのですが、やはりフロント側のユニバのピンが磨耗してました。2X10mmのピンですが、京商から出てる2x11mmがお勧めです。入手性がいいのはタミヤですね。

D4の駆動系の引っかかりは、モータをずらしてスパーギヤを空転させてチェックします。元々、駆動系がいいので引っ掛かりがなければビューンと回ります。それが、今回は部分的に空転せず...。サスアームを水平にしたり、伸びきった状態(ユニバの折れ角が最大)にしたり、順番に前後のユニバをデフカップから外したりすると、原因箇所が特定できます。

二つ目の問題点はサーボ。車重がかかった状態と浮かせた状態で、切れ角が異なり中立も出ません。コレって壊れてますよね?。中立が出ないことは、しばらく前から気付いてましたが見ないフリしてました(^^♪。

この日のD4は、ユニバを修理しただけですが、そこそこ走ってくれました。後はサーボが直れば完璧?のハズです。なんだか、もはやサニーレースに向けて気合が入ってきましたよ。

sigma37 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月29日

リベンジならず...

DSC02256久しぶりに”けやき”に行ってきました。ここは私の家から車で10分程度ととても近く、しかも無料(^^♪。ズバリ!ラジ費用を抑えるのが目的です。

ここをホームコースとするnomuさんの事前情報では、けやきレースも一応Mcupレギュで参加できそうです。気になる目標タイムはこんな感じ。

<ベストラップ>
・13秒前半ならそこそこ
・12秒台に入れば速い

<周回>
・23周@5分でAメインボーダー
・23周前半か24周でTQ取れる

とは言ってもこのコース、お立ち台が低くて見にくいうえに、縁石にぶつけるとマシンが壊れるので慎重に走らさなければなりません。今回は高さ30cm程度のmyお立ち台を持ち込み、かなり走らせやすくなりました。

DSC022592パック目からタイムアタック開始。3パック目にようやく13秒前半に入れることができたので、”そこそこの男”になれたと思います(^^♪。しかし、周回は22周5秒とまだまだです。

で、コースにも慣れてきた4パック目。イン側の縁石にヒットして、Cハブ破損。6パック目、またもイン側の縁石にヒットして、ナックル破損。普段サニーで走らせてるので、ついついイン側を引っ掛けてしまいます。

DSC02261ラジ費用を抑える目的だったのですが、パーツ破損で出費が...。でも、Σの時より走らせ易かったので、また次チャレンジしてみたいと思います。ギャップで跳ねるところがあるので、インナーは少し柔らかめの方がいいのかな?



sigma37 at 23:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年05月25日

Life1600

DSC02239今日はオンの話。先日、Life1600で試走させてもらいました。この電池、パワーソースのイコールコンディション化を模索するための試作品なのです。

Mcupでは、多様化するパワーソースに対応し、みんなで楽しくレースできるように事前に色々とテストし、レギュを検討してきた訳ですが、ここのところのアンプ側でのパワー競争には歯止めがかからない状況になってきています。そんな状況に、”電池容量規制”という提案があり、早速キクさんとMリさんが試作&試走してくれてます。とりあえず、手持ちのアトラスの3200mAhを分解して製作されてますが、ForceMaxから単セルでも発売されてるので、入手性は問題ないようです。しかも、嬉しいことに安価です(^^♪。

GW中のテスト結果では、ベストラップで18秒後半のスピードに抑えられるようです。実容量は1300mAh付近なので、ストックスペック+進角MAXだと4分走れないみたいです。この結果からすると、容量規制は”正解”の予感です。

で、T3で試走した結果です。まず1パック目は、進角をゼロに戻し出走です。車重が軽くなったお陰でコーナリングが一段と速くなり、直線スピードも意外と速いです。ベストは19秒3くらいで、周回は16周15秒くらいだったと思います。燃費の方は余裕で5分走行できました。充電カウントが1100mAhだったので、まだまだ燃費に余裕があるみたいです。この電池でのベストタイムはI瀬さんの16周6秒なので、2パック目に気合が入ります。次は、進角MAXです(^^♪。

走り始めると、確かにパワーが上がってます。ただ、燃費が心配でかなり転がしながらの走行です。この辺りは、レースになると盛り上がりそうです。最終ラップは少しタレ気味でしたがなんとか走りきれました。記録は...16周7秒。1秒負けた〜。ちなみにベストは18秒90まで上がりました。

そんな感じのLife1600mAhは意外と楽しかったです。キクさんが全部で6本用意してくれたので、そのうち模擬レースやりましょう!キクさんありがとう

sigma37 at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
訪問者数