2006年07月

2006年07月30日

サニーで練習4

サニーで23Tの練習をしてきました。
テーマはもちろんモータの熱対策の確認です(^^♪

バギーモータのブラシ昼頃にサニーに着くと、いつも以上ののお客さんで盛況でした。それもそのはず、日曜日はバギーレースが開催されるんです。私も一応B3を持ってるんですが、パスします。参加されるみなさん、楽しんで下さいね。写真はバギーで10パック以上走行したモータのブラシです。ツーリング以上に磨耗が激しいので、こまめにチェックが必要ですね(^^♪。

記録更新さて23Tの方ですが、自作のエアガイドとタ○ヤのヒートシンクの組み合わせの熱対策のおかげで、一度もモータブローしませんでした(~o~)。このまま継続調査していこうと思います。
今日の路面は、36Rでした。古い采30では26周に入れず、好調Mリさんに教えてもらった36Rを試したら、自己ベストの26周10秒が出ました(^_-)-☆。しかし、走行後のマシンを見てビックリ!なんと左前輪下のキングピンが外れてました。さらに、ココ一発で投入したプロトフォームの軽量ダッジに、縁石ヒットでいきなり穴が開いてしまいました〜(>_<)。自己ベスト更新したけど、なんか複雑な心境です(^^♪。まあ、十分リフレッシュできましたけどねー。

sigma37 at 00:37|PermalinkComments(4)TrackBack(0)ラジコン 

2006年07月26日

プロトフォーム軽量ダッジ4

プロトフォーム軽量ダッジ
ボディ塗装でいつもお世話になっているT本さんに、プロトフォーム軽量ダッジを塗ってもらいました。T本さんの塗装は「早い、安い、軽い」の3拍子でとても頼りにしています。特に私の場合は「見栄え」より「軽さ」に重点をおいて塗装をお願いしていますが、クラッシュで裂けにくいデザインに気を配ってくれているところもありがたいです(~o~)。みなさんもお願いしてみてはいかがでしょうか?(勝手に宣伝すると怒られるかな(^^♪。)

さて今日はボディをカットしたので、早速重量を比較してみました。
 プロトフォーム ダッジストラトスAP  ・・・103g
 プロトフォーム ダッジストラトスAP軽量・・・ 84g
なんと、19gも軽い!
値段がちょっと高くて、見た目にあまり軽量っぽくないのでどうかと思ってましたが、意外といいかも知れませんよー(^_-)-☆。


sigma37 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ラジコン 

2006年07月19日

エアインテークガイド製作

熱対策前この前のレースでモータブローしてしまったので、熱対策を施してみました。写真は対策前のメカレイアウトですが、モータの前にサーボとトランスポンダが配置してあるために、モータが完全にブラインドになっているのが判ります。

そこで考えたのが、モータに積極的に走行風をあてるためのエアインテークガイド。型紙で色々と試作しながらようやく完成しました。素材は1mmのポリカーボネイト。カーボンデカールとステッカーでなかなかカッコイイ!と自己満足中(^^♪。
エアインテークガイド1
こうなれば早速炎天下でテストしたいところですが、しばらく雨かな〜。
エアインテークガイド2

sigma37 at 00:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ラジコン 

2006年07月17日

7月度Mcup4

モータブロー(>_<)7月度Mcupに参加しました。
前日の不安材料であったモータに泣かされ、決勝リタイヤと残念な結果となりました。

<レース前>
もう、正確な記憶が残っていないほど23Tはやってなかったので、サニーに着いてからコミュ研します。ヨコモSTを2つとタミヤTZを1つ用意しました。研磨しながら、新しいモータを準備しておけば良かったと、多少後悔(^^♪。レース前に1パックほど練習走行します。TC3のIRSバージョン投入のnomuさんと走らせますが、nomuさん好調です(~o~)。私の記憶が確かなら、初物には非常に強いnomuさんです(^^♪。私の遙欧蓮△修譴曚描っている印象はありませんが、他の人からは「良く走ってるね〜」と言われて、少々戸惑います。今日の私のタイヤは采30ですが、みなさんソレの36R、40Rをチョイスしている模様。天気は快晴で、采30はかなりきびしい予感ですが、このタイヤしかありませんので。

<予選1>
私は3組目。しかし、この3組目のメンバの濃いこと(^^♪。チャンプS木さん、I井さん、ひろやんがいます。予選から楽しめそうな予感です。スタートすると、序盤私の遙欧魯哀螢奪廚薄く、フラフラします。この時は、熱ダレを気にしすぎて、タイヤ温度が低かったのかな〜、くらいに考えてました。後方スタートのS木さんに抜かれた後は、なんとか離されない様についていきました。結果は26周の15秒、ベストラップ18秒3でした。ラップタイムでは、どの車も後半のタレ方が半端じゃないです。私の車は後半はS木さんについていけたので、前半のグリップ確保が課題です。予選1回目を終わって私は3番手タイムでした。ここのところ、予選1回目を失敗するレースが続いていたので、今回はまあまあの記録が残せてほっとしました。これで2回目にチャレンジできそうです。

<予選2>
色々考えた結果、モータのみ交換して出走することに。モータはタミヤTZをギヤ比5.7としました。スタートすると、序盤の車の不安定感は同じでした。スタート前のタイヤ温度が原因ではなかったようです。予選2は路面温度も上昇し、みなさん全体的にラップが落ちてました。さらに、走行後の私のマシンからはモータの焼けた臭いが(>_<)。どうやら炎上寸前で走りきれたようです。予選最終結果は4番手となりました。Aメイン8台で、決勝逆グリッドなので、5番グリッドからのスタートとなります。

<決勝>
決勝に向けてギヤ比とグリップ剤を変更しました。予選2でモータがきつかったのでギヤを5.8に深くし、グリップ剤はラスペネからバギグリに変更してみました。決勝のグリッドは8台中のほぼ真ん中なので、スタートでいかに自分のスペースが確保できるかがポイントとなりそうです。スタートは、ロケットスタートが決まり、1コーナまでに前の車に近づき、後方車が少し離れるといういい感じの展開になりました。しかも、2コーナでオーバラン気味の2台をパス。オープニングの計測ラインで早くも2台を抜き、5位→3位に浮上です。この後も着々と順位を上げ、早々にトップに立つことができました。なんといっても、ここまで接触が全く無かったのが良かったです。いつもこんな感じに走れたらいいのですが(^^♪。グリップ剤の変更も良かったようです。序盤で2番手マシンとは約ストレート1本分のリードとなり、とても楽な展開になります。しかし、マシンになんとなくパワー感の無さを感じてました。後方のM浦さんとの差もジリジリ詰まってきます。明らかにストレートスピードも負けてます。そうこうしているうちにM浦さんに先行を許し、2番手を走行していたら、突然スピン。何かおかしいぞ!と思いながも走行しているとやがてマシンがストップ。モータブローでリタイヤとなりました。残念(>_<)。

レース後、ブローしたモータを分解してみると、エポキシが融けて飛散し焼けて巻線が切れてました。ちなみに予選2で使ったモータはエポキシが融けたところでした。電池の性能はどんどんUPしてるので、モータにも熱対策が必要だということが良く判りました。タイヤで采30を使ったいたのは私だけでしたが、短足仕様の遙欧箸料箸濆腓錣擦芭匹走ってくれたので、モータブローはホントに残念でした。今度は熱対策を施して戦闘力をUPしようと思います。色々とありましたが、今回も楽しめましたよ(^_-)-☆。どことなくレーススタイルがひろやんに似てきたのが気がかりですが(^^♪。

sigma37 at 00:46|PermalinkComments(0)TrackBack(1)ラジコン 

2006年07月11日

遙欧離札奪謄ング

サスブロック
たまには遙欧離札奪謄ングについて書いてみようと思います。(^^♪
前にも書きましたが、先日の耐久レース用に準備したアルシオン2SP改が非常に良く走るので、そのジオメトリを参考にした訳です。写真の様に、今回大きく変更したポイントはサスブロックで、遙欧豊遙韻里發里鮖箸辰討い泙后A世い錬欧弔任后

まず一つ目は、単純にサスアームの長さを短足仕様にしたことです。やはり、路面やレイアウトによって適切な長さがあると思うのですが、一度試してみたかった訳です。エボ5は若干短くなっているようですし。

二つ目は、アッカーマンの最適化です。遙韻離汽好屮蹈奪を使う場合は、合計4mmの前後スペーサが必要になりますが、サスアームを前後に移動することでアッカーマンの微調整製が可能になります。今まで、ステアリングはナックルの前側からとっていたのですが、微妙に車が止まってしまう傾向にありました。ナックルの後側からとると、失速しないのですが、ついつい舵角が増えてしまいコーナリングスピードが落ちます。そこで、サスアームを後方に1mm移動させて、ナックルの前側からとってみました。ちなみにリヤはそのままなので、ホイールベースは1mm短くなってます。

あと、サスブロック下のスペーサは前後サスアーム共に2mmです。今まで0.5mmだったので、こんなに上げたのは初めてです(^^♪。対地キャンバ変化量は−0.75mmとなるようにアッパアーム高さを設定しています。また、フロントにチャンプS木さんの教えの通り、1mmのサススキッドをつけています。1mmで1.3°なので、トータルキャスタ角は4.3°になっています。

まだ5パック程度しか走らせてないのでなんとも言えませんが、今週末のMcupにも投入してみようと思います。

う〜ん、やはり文章で書くと判りづらいですね〜。まあ、参考にする人はいないので私自身の記録になればいいのですが(^^♪。しかし、せっかく遙横味蕋蹌蕋遙紕筺。贈味妝邸。孱紕鬘鵤蕋錚遒覆里法▲汽好屮蹈奪の色が合ってないのが唯一残念でなりません(>_<)。

sigma37 at 22:41|PermalinkComments(3)TrackBack(0)ラジコン 

2006年07月09日

サニー27Tナイトレース参戦

サニー27Tナイトレースに参戦してきました。
右側セクションがレイアウト変更されてから初めてのレースとなりました。天気が微妙だったのであまり準備してませんでしたが、朝起きてみると晴れ(^^♪、とりあえず自宅でメンテ&セッティングを施してサニーへ向かうことにします。

実は木曜会で3パックほど練習走行していたので、それに合わせてセッティングすることにします。新レイアウトは、小さく曲がれるマシンの方が良さそうだったので、遙欧豊遙韻離汽好屮蹈奪を使ってサスアーム短足仕様にしてみました。サスブロック下のスペーサは2mmです。同時にフロントサスアームを後方に1mmずらしアッカーマンを変更しました。これは、木曜会で良く走ってくれたアルシオン僑咤于のジオメトリを意識したセッティングです。

サニーに到着後、机上セットのまま練習走行すると、これがなかなかいい感じでした。ばねを変更してトータル2パック走らせましたが、なんとかなりそうな雰囲気です。みんなの話では、新レイアウトでのラップタイムは少し(コンマ5秒程度?)遅くなるようでした。

さて予選が始まります。私は4組中の2組目です。タイヤはこのところ定番の采30です。走り始めると若干不安定感はありますが、何とかなりそうです。ラップタイムは18秒7台が出ている模様(~o~)。しかし、気を良くしてちょっと気が緩んでしまったのか縁石にヒットしてリヤハブ破損でリタイヤとなりました(>_<)。レイアウトに慣れたかったのでたくさん走らせたかったのですが...、戦術不足でした。(監督不在の影響がこんな形で現れるとは...(^^♪)

気を取り直して予選2回目。このヒートで記録を出さなければならないので、プッシュしながら8分間走りきる必要があります。ちなみに、先月も同じ展開でした。走り始めると、全体的に路面グリップが下がってしまったみたいで、今ひとつ曲がりませんが、なんとか8分間走りきりました。記録は25周4秒、ベストは19秒フラットくらいでした。トップは26周19秒で、マシンはなんとエボ5!鋭く曲がってましたヨ。

この後、予選4組目の途中から降雨となり、決勝はキャンセルとなりました。一応、予選の結果が記録となり、2位となりました。でも、私としては珍しくベストラップがとれたのと、大幅なセッティング変更が上手くいったので、なんとなく満足できました(^_-)-☆



sigma37 at 02:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ラジコン 

2006年07月06日

東京ドーム5

紙テープ投げ
今日は午後から都市対抗野球の東海地区予選の応援に行ってきました。結果は、見事勝利して東京ドームへの切符を手にしました(^_-)-☆。応援に行かれたみなさん、本当にお疲れ様でした。私は今回、初めて感動の紙テープ投げを経験しました(^_-)-☆。もう、たまりませんね(^^♪。

野球の応援に行くようになったのはここ最近で、私が応援に行った時の戦績は2勝2敗です。勝っても負けても色々と勉強になります。若い時は、勝つことがすべてでしたが、結果がすべてはないとも思えるようになりました。選手や応援団のみなさん、感動をありがとうございました。一生懸命な姿はカッコイイね〜(^^♪。

sigma37 at 17:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
訪問者数