2008年02月

2008年02月08日

残念ながら3

今日はお休みを頂いて名古屋へ。そう、レー○ック入隊検査を受けてきました。結果は...予想もしなかった『不適合』(^^♪。もうすっかり眼鏡レスになれる気分だったので、ちょっと落ち込んでますが、これも運命なのかなと(^^♪。

どうやら問題があったのは角膜の形状。私の角膜は少し下側が盛り上がっているそうで、角膜表面を削る手術はできないそうです。でも検査の結果もハッキリしたし、目に特に異常がある訳でもなく、スタッフのみなさんもとても親切に対応して頂いたので良い時間を過ごせたと思います。驚いたのは、裸眼の視力が「右:0.6 左0.3」と意外に良かったこと。普段の生活ではほとんど眼鏡不要ですが、車の運転はちょっと厳しいといったレベルです。目が見えるだけ幸せなことだし、目は一生の宝なので、大切にしたいと思います。

sigma37 at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月06日

M04瑤里垢戮董(^^♪4

M04自己ベストラップ『M04堯戮辰謄諭璽潺鵐阿気に入ったので今後はコレでいきます(^^♪。最近、勢力的にMばかりやってる成果もあり、自己ベストラップは22秒02まで更新できました(^_-)-☆。目標の21秒台が十分狙えるところまできました。今回は、M04瑤砲弔い討△譴海貊颪い討澆燭い隼廚い泙后

【ダンパー&スプリング】
ダンパーはエボ垢防嫗阿靴討い殖圍劭謄瀬鵐僉爾鮖箸辰討泙后オイルは前後ともカワダの#100。これがまるで水のようです(^^♪。狙った訳じゃなく、カワダの9本入りで使わない粘性のオイルを入れてみたのですが、特に車が跳ねるようなことはないです。ピストンは3穴でダイヤフラムの上にレイスピのスポンジを使います。ダンパーを組むときに、ダイヤフラムを押し込んで余分なオイルをしっかり抜いて、硬くなりすぎないように気を付けてます。ダンパーエンドのOリングはTNレーシングのグリ〜ン。コレ、TRFダンパーにはベストマッチと思いますよ(^^♪。ほぼ毎週走らせても3ヶ月近く反発力が持続すると思います。メンテナンスフリーの方にはお勧めです。フロントのダンパー長は限界まで短くしてますが、55.5mmです。もうちょっと短くしたいのが本音です。

スプリングはタミヤのショートタイプを使ってます。フロントはオレンジ、リヤはブルーです。状況次第で、リヤをイエローにすることもあります。

【デフ】
私のボールデフは何故かキコキコ音がします(^^♪。リヤ駆動のリヤデフはすごく走りに影響するので、惜しみなくいいパーツを投入してますが、なかなかスルスルデフがつくれません(^^♪。ボールにカワダのセラダマ、デフグリスはアソシ(赤)です。あと、T本さんから教えてもらった、ギヤケースの外からデフ調整可能なデフナットはとても便利です。DF02?かなんかのパーツでア○スにたくさんありましよ。ギヤケースを開けずにデフを調整できるようになるので、すごくありがたいです。デフカップは、ボールデフ付属のものは直ぐ磨耗してしまったので、K原さんに教えてもらった強化タイプに交換してます。

【サーボセイバー】
アッカーマンも走りを左右する重要な要素です。経験的には、この辺りのパーツはできるだけキット標準のものを使った方がいいですよね。特にサーボホーンの長さは要注意です。今回は長さが一緒だったので、テイクオフから出ているアルミのサーボホーンを使ってみました。あと、H田さんに教えてもらった通り、サーボセーバになるプラパーツの表面のバリ取りをして、外側に金属リングを被せました。これで信じられないくらいサーボの曖昧さやぶつけたときのトリムのズレが解消されました。サーボ自体は1mm低くし、バンプインを減らす方向です。でもやっぱり決め手は、思いっきりフロントトーアウトですね(^^♪。私のは「やりすぎ?」って思うくらいトーアウトになってますから(^^♪。

【タイヤ】
タイヤにはかなり投資しましたよ〜。こだわりはインナーにモールドタイプを使うことと、前後共同じタイヤ&インナーでセットを出すことです。あとあと維持が楽な方がいいですからね。今はかなり張り気味の組み合わせ使ってますが、Mシャシは比較的メカニカルグリップが高いように感じてます。なかなか低温用のタイヤが入手できないですが、ベストを記録したのは、転がると評判のABCです。ホイールの内リブをカットして、スパイスのソフト(5.0mm)を組み合わせてます。タイヤがヨレないので、ライフも長くなると期待してます。スパイスのタイヤも好感触です。24Rにミディアム(5.5mm)の組み合わせがいいんじゃないかな?と妄想しているところです。どなたか24R見かけたら連絡下さいませ(^^♪。

【その他】
その他は、やっぱり軽量化にはこだわってます。ア○スでアトラスのチタンビスが¥350/10本と安価だったので、フルチタンにしてあります。あとは、メンテナンス製を考えて、カワダのユニバーサルとスパイスの一体型サスアームを入れました。ユニバはキットの1/3くらいの値段でしたが、長〜く使えそうなので奮発しました。

そんな感じで、色々紹介してみましたが熱中してるだけあって、スーパーゴージャス仕様になってしまいしまた。ダンパーとメカはエボ垢ら移植したので成り行きということで(^^♪。まあ、もともとのキットが安いし、走らせると楽しいし、メンテナンス性もいいし、しばらくはM遊びが続きそうです(^^♪。

sigma37 at 22:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ラジコン 

2008年02月05日

サニーナイト(08年1月度)4

NEWタイヤ続いて、サニーナイト1月度のレポです。今年から正式に27TツーリングとMシャシの2カテゴリで開催されることになったので、この日がM04瑤離妊咼紂璽譟璽垢箸覆蠅泙(~o~)。多分、ダブルエントリというのもラジ人生初なので、プロポの設定など間違いそうで、ちと心配です(^^♪。何はともあれ、記念すべきM04のデビューレースなので、Mメインでがんばることにします。

ツーリングの方は、前の週にMcupで走り終えたままの出走予定です。唯一、タイヤをどうしようか決めてなかったのですが、お店で怪しげなタイヤを発見!聞くところによると、采の新型(試作?)タイヤらしく、タグには何も書いてありません。これぞノーマーク(無印)(^^♪。確か、I瀬さんが絶賛してたタイヤだと思い、速攻で2セットも買ってしまいました。ちなみに、H田さんも2セット買うなどあっと言う間に売り切れました。買った人は、ナイトレースに投入して好走してました。

M04_0801サニーナイト昼間は、勢力的にミニの走り込みをしました。1パックで8分を2セット走行します。目標は21秒台ですが、練習では22秒4止まりでした。それでも、自己ベストは更新できたのでレースが楽しみです。(タイヤやセットについては、ここ最近でかなり変わってきたので、次回にでも詳しく書いてみようと思います。)

シューマッハこのマシンなんだか判りますか?そう、シューマッハです。実物見たのは初めてですが、とても美しい車でしたよ。

【ツーリング編】
レース前に1パックだけ新型タイヤで走行確認です。グリップ剤はシバトンにしてみました。全体的に軽い印象を受けましたが、そのままレースで使ってみることにします。

予選1は、電池があまり良くなかったのもありベスト19秒3付近でした。夜になって冷え込んできた影響もあるのか、アンダーで、曲げようとしてステアリングを切りすぎて巻く、感じであまり良くありません。ボディにブガッティを使ったのが原因なのかも知れません。

予選2は、ボディのみPFダッジ3.0APの重量タイプに変更します。基本的な動きは変わりませんでしたが、予選1よりいい電池を使ったこともあり、18秒台のベストも出ているようです。でも最終ラップで巻いてスタックしてしまいタイムロス。26周には入れませんでした。でも、僅差でTQ獲得!やりました(~o~)。

決勝は、タイヤを変更することにします。正月レースで使った5C22です。で、タイヤ交換してると、リヤのアッパーアームの取り付けがグラグラに緩んでいるのを発見(^^♪。これじゃあ、まともに走れない訳だ(^^♪。ちょっと思いとどまりましたが、タイヤはやっぱり5C22に変更することにしました。

Mcupで決勝逆グリッドに慣れてしまったので、予選TQで決勝PPからスタートできるのはとても気持ちがいいです(~o~)。決勝のスタートです。1コーナをややアンダー気味に通過すると、後方でクラッシュ発生。いきなり楽な展開になって、TQで良かったな〜と思いながら走行していると、後ろからT本さんが迫ってきます。T本さんも新型タイヤですが、予選から車の動きがとてもいい感じです。なんとか、2位との間隔を保ったまましばらく走行します。そうこうしていると、スタートで出遅れたI瀬さんもどんどん追い上げてきます。I瀬さんの黄色いボディに、周回ごとに差が詰められているのがわかります。I瀬さんのタイヤももちろん新型タイヤです。レース終盤はテールtoノーズまで追い上げられましたが、直線のアドバンテージを生かし、なんとか逃げ切ってトップゴールすることができました(^_-)-☆。

【ミニ編】
昼間しっかり練習したので、比較的落ち着いて予選に望みます。予選が始まるとM03勢はマキマキのマシンに手こずってます。さすがに4WD勢は安定してます。さて、私のM04はと言うと...なんとやっぱり巻き気味です(^^♪。練習では見せなかった挙動なので、やはり路面温度が下がったことが原因なのでしょう。序盤にタイムロスするものの、タイヤが暖まってきた中盤以降持ち直しました。予選1を終えて、なんとか暫定2位。

予選2はウォーマの温度を80℃で行きます。ウォーマのカップサイズが合ってないですが、意外と暖まります(^^♪。このヒートもやっぱり序盤に巻いてしまいタイムアップできませんでした。予選最終結果は2位と上出来でした。TQはBeatのI瀬さんですが、ラップは私の方が速いくらいなので、序盤のマキをなんとかできれば勝機はありそうです。

決勝は、何故か横一線スタート方式が採用されました(^^♪。まあ、こんなトコロがミニの楽しみの一つだったりします。決勝がスタートします。2番手でコーナに進入しますが、やっぱり180度ターンを披露してしまいました。中盤以降はベストラップを記録しながら追い上げますが、結局2番手でゴールといなりました。そんな感じのM04デビューレースは2位と大健闘でした。

今回は初のダブルエントリでしたが、たくさん走れて結構楽しいかも(~o~)。特にミニはお手軽さがあるので、何も考えずにゴロゴロ(ミニが転倒するゴロゴロ)と楽しめます。という訳で、2月はM04で優勝狙ってがんばりますよ〜(^_-)-☆。

sigma37 at 23:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ラジコン 

2008年02月04日

Mcup参戦(08年1月度)3

遙押横娃牽娃隠唯磽p久々の更新です(^^♪。イロイロとネタがたまっているので、ぼちぼち更新していきたいと思います。まずは、私の記憶から(別の意味で?(^^♪?)消えてなくなりかけている1月度Mcupからです。

さて、Mcupも2008年シーズンのスタートです。やっぱ、初っ端からバシッと決めたいですよね〜、でもそんなに世間は甘くないようです(^^♪。寒さも本格的になり、この日の気温は0℃(>_<)。そして、タイヤ1セットルールに向けて準備したタイヤは、『RP24』。シルバードットと悩みましたが、遙欧瞭胆からして無難と思われる低温用タイヤを選択してみました。まあ、結論から言うと、『テストもしてないタイヤを、1セットルールのレースにいきなり投入するべからず!』ということでしょうか(^^♪。まあ、そのおかげで楽しめましたけどね。

【練習走行】
Mcup前はM04瑤个りやっていたこともあり、車の方は全く手付かず。ということで、早朝からダンパー,モータをOHします。セットはいつも通りです。朝一の練習走行でRP24が良ければ使うことにしてました。で、コレが練習走行ではいい感じで走ってくれた訳です。きくさんの、『タ○ガーじゃ、1ヒートの半分しか持ちませんよ』って忠告も右耳から左耳へ貫通でしたよ(^^♪。そんな感じで、辛抱のレースの始まりで〜す。

【予選1】
日頃の行いがいいので、やっぱり予選は最終組(3組目)でした(^^♪。でも、低温タイヤをチョイスしたので、この日に限っては1ヒート目を狙っていたのですが、そう上手くはいかないものですね。さて、3組目のスタートです。出だしはそこそこですが、車の動きはグリップ感がなくラップも遅いです(^^♪。このヒートはCS22をチョイスしたnomuさんが引っ張ります。私はどんどん離されます。中盤以降はすでにタイヤがタレ気味で、攻めるとリヤが流れてしまう状態に(^^♪。まあ、なんとか8分間コースに留まったという感じのヒートでした。

記録は26周7秒で暫定3位(18人中)。メンツ的には、Aメインに残るにはちょっと厳しそうなタイムなので、予選2でタイムアップを狙います。

【予選2】
予選1を走り終えたタイヤを見てビックリ! トレッド面がザクザクで、すでにタイヤが終わってました(^^♪。ちょっと諦めムードでしたが、nomuさんに『レースは諦めたらおしまい』みたいな内容のアドバイスをもらったので、気持ちを切り替えて予選2に望むことに。状況が状況だけに、リラックスして運転に集中することにします。

予選2がスタートします。やはり、スタート直後はそこそこのラップ(決して速くはないですが(^^♪)で走行できます。タイヤが暖まってくるとラップがあがりません。そんな苦しい展開でしたが、nomuさんとは1秒差くらいのアナウンスだったので、集中して8分間を走り切りました。

RP24 予選終了時点記録は、26周3秒までタイムアップできました。最終予選結果も5番手でAメインに残れたので上出来です(~o~)。写真は予選を走り終えたタイヤです。仕事したな〜って感じですかね(^^♪。

【決勝】
Aメインに残れたので、後は1つでもポジションを上げてフィニッシュすることを目標にがんばることに。予選の感触から、スタート時のタイヤ温度を低めにすれば少しは後半のグリップが持続するかも知れないと考え、温度低めでスタートすることにします。

グリッドは恒例の逆グリッドなので、前から2番目です。いよいよスタートです。1コーナの挙動は、、、どアンダーです(^^♪。やっちまいました(^^♪。オープニングの計測ライン付近で後方のS木さんに交わされ、どんどん順位を落とします。やはりタイヤの温度を普通にしておいた方が良かったみたいです。レース展開は、苦戦しているにも関わらず、トップはそんなに離れていない状況。気を取り直して走っていると、なんとI井さんがタイヤトラブルでリタイヤし、次いで絶好調のT内君も突然ストップしてしまいリタイヤとなります。どことなく波乱の様相になってきました。すると、今度はS木さんのタイヤにトラブル発生!コントロール不能に近い状態ですが、なんとか持ちこたえて走行しています。これは3番手を狙えるか?との思いも束の間、転倒してしまい大幅タイムロス。結局、4位フィニッシュとなりました。

RP24 決勝終了時点決勝を走り終えたタイヤは、トレッド面が一部剥がれてましたが、最後まで走りきれたので良かったと思います。機会あれば、極寒のナイトレースで試してみたいと思います。さて、今回は久々に予選の上位記録が更新されました。私もレイアウトが変更される前に、27周シングルは出しておきたいなと。そんな感じで2月度も自己ベスト狙ってがんばりたいと思います(~o~)。

sigma37 at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ラジコン 
訪問者数