2007年09月09日

本宮初表彰台4

本宮タミヤナイト_0709ライバルの集いPart2ということで、本宮タミヤナイトに参加してきました。個人的には、予選2位→決勝3位、ということで、本宮初表彰台となりました。さらに、チームサニーの表彰台独占ということで、楽しむことができました(~o~)。

久しぶりのエボ垢箸いΔ海箸如△海瞭は朝から練習してそのままレース出場ということにしました。体力がもつかどうか心配でしたが、ドリンク飲んでがんばることに(^^♪。エボ垢魯札奪謄ングの状態がどうなっていたか記憶がありませんが、ダンパー以外のメンテは前日までに済ませておきました。現地でダンパーを組みます。オイルは、Fr:#450、Rr:#300にしました。走行できる状態になり電源を入れると、何故かニュートラルがズレてます。何でだろう?と思いつつニュートラル調整を試みますが、VFSの設定方法が判らず(^^♪、oyaさんにお願いすることにしました。すると、アンプとサーボのコネクタが反対に受信機に取り付けられていたことが判明(^^♪。スロットルを動かすとサーボが動くという奇妙な現象を目撃しました。無事にニュートラル調整を終えると、oyaさんから「スルットル側のボリュームがかなり劣化」していることを教えてもらいました。プロポを長く使っていると、スルットル,ステアリング共にボリュームが劣化してくるそうで、私のM8も相当長く使っているので、メーカにボリューム交換と調整に出した方がいいという診断を頂きました。コネクタの誤組をいち早く発見してもらい、さらにプロポの診断までして頂き、色々とありがとうございました。

さて、昼間はひろやんと23Tで走らせます。一緒に走らせると、マシンの良し悪しが分かるので助かります。バネは前後ともアソシブルー、サスブロックスペーサはすべて0.5mm、スタビ前後なし。ダンパー位置は、フロントは上が外から3番目、下が外から2番目、リヤは上が外から3番目、下が外から3番目が一番好感触でした。そして、アッパーデッキのセンターポストは、サニーだと外した方が良かったのですが、本宮ではポストがあったほうが動きがシャキットして良かったです。そんな感じで、自分の中では最高にいい感じに仕上がりましたが、23Tバトルでは一番遅かったです(^^♪。最速はI瀬さんで12秒台でした。

エボ后椒譽奪疋疋奪そうこうしているうちにナイトレースの時間になってきました。気温も涼しくなりはじめ、大人の夜遊びにたくさんの人が終結してきました(^^♪。今回もミニクラスが大盛況のようです。私のエボ垢蓮▲札奪謄ングはそこそこ決まったので、レースに向けてタイヤとグリップ剤を中心に作戦を練ります。今回は激熱の3分×3回のベストラップ方式の予選です。タイヤは、どう考えても決勝でシルバードットはあり得ないので、予選からソレックス36Rで臨むことにしました。ひろやんが36R新品を用意していたので、私も負けじと現地で1セット作っておきました(^^♪。

415+WD40<予選1>組分けは、I瀬さんとひろやんが1組目、私は2組目になりました。I瀬さんのマシンは415で良く走ってますが、さらにモータも19500rpmと良く回るようになったので、I瀬さんだけやたらと速いです。レギュでGTチューンで20000rpm以下となっているのですが、I瀬さんのモータは15000rpmくらいしか回らないということで、モータいじりにちょっと手を貸したのが失敗でした(^^♪。やはり、I瀬さんには15000rpmくらいしか回らないモータのハンデが必要だったみたいです(^^♪。タイヤとグリップ剤もI瀬流で、タイヤはノーマル采+30、グリップ剤はWD40にウォーマなしです。これでスタートから抜群のグリップです。I瀬さんだけ13秒738という、13秒台のベストラップです。私は、中古の36Rにレッドドットでいきます。練習と同じようなフィーリングで14秒043のベストで暫定2位とまずますですが、I瀬さんには0.3秒も差をつけられてしまいました。ひろやんは14秒220で暫定4位につけてます。

アスリート+マイティ<予選2>コンディション的に予選2が勝負どころと予想してましたが、暫定2位だったのでタイヤを変更せず望むことにしました。ただし、決勝で新品36R投入に備えて、ツイーク塗りを試すことにします。ちょっと前にS木さんに教えてもらったように、ツイーク→ウォーマ(高温)→拭き取り→冷ます→上塗り、の手順で準備します。手で触った感じは、なんとなくいい感じでした。さて、予選2が始まります。まず、I瀬さんが13秒594のスーパラップを叩き出します。I瀬流かっこいいです(~o~)。速すぎてモータチェックが入りますが、19500rpmで問題なしです。ひろやんは、SMC電池を投入してますが、色々あったみたいでした(^^♪。それでも14秒120とタイムアップ。私はというと、さほどグリップ感は変わりませんでしたが、36Rのパフォーマンスの落ち具合を差し引くとツイークは良いのかな?という感じ。ベストは13秒976と、ようやく13秒台に入りました。タイムアップは、多分気合です(^^♪。

<予選3>決勝で新品36Rを投入することに決め、予選3はI瀬さんと同じノーマル采+30でいくことにしました。ただ、WD40は未知なのでやめときました。さて、予選3ではいち早く新品36Rを投入したひろやんがタイムアップ。14秒047で暫定3位にポジションを上げます。私はタイヤを変更して13秒台はでますが、微妙にタイムアップできませんでした。采+30のフィーリングもなかなか良かったです。

予選最終結果は、TQ:I瀬さん、2位:私、3位:ひろやん、となりました。2位以下はタイム差が接近してるので、決勝が楽しみです。

<決勝>予定通り、新品36Rにツイーク+レッドドットで臨みます。いよいよスタートです。2番グリッドは外側なので、1コーナでいきなり3番グリッド車に刺されそうなグリッドです(^^♪。ストートします。1コーナにはグリッド順で進入したんですが、直後に私がI瀬さんに軽く接触(>_<)、このスキにひろやんがトップに立ちます。私はというと、多重クラッシュのトリガーを引いてしまった形で最下位転落(>_<)。ぶつかってしまったみなさん、ゴメンナサイ。気を取り直して追い上げに入りますが、ギヤから異音が...何とか5分もってくることを祈りながらの走行です(^^♪。クラッシュでちょっとダストを踏んでしまいましたが、マシンとタイヤの状態は意外といい感じで、コツコツと追い上げます。トップはすかさずI瀬さんが取り返してますが、私はトップから半周以上差が開いてしまってます。なんとか5番手くらいまで上がったところで、もうポジションアップは無理かな〜、という展開でした。それでもがんばって走ってると、3番手を走行していたT井さんが、まさかのスローダウン。いつの間にか、私が3番手に上がっててそのままゴールとなりました。優勝はI瀬さん、2位はひろやんとなり、ライバル勢には負けましたが、チームサニーの表彰台独占となりました(~o~)。昼練の成果が出て良かったです(~o~)。レース後のお楽しみ抽選会も、いつもながら豪華賞品がたくさん出ていい感じでした。

本宮のレースはトータル3回目ですが、いつも決勝のスタートを失敗してます。特にナイトレースでは2回とも2番グリッドで失敗してます。スタート順位を下げても後半勝負できるポジションを守るくらいの気持ちの方がいいのかも知れません。とりあえず、練習の時、1周目から速いラップが刻めるように意識してみようと思います。何はともあれ、楽しめました(~o~)。

sigma37 at 15:20│Comments(0)TrackBack(0) ラジコン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数