ロゴのこのごろ

かんばん屋の日記。カテゴリ別アーカイブで過去の作品などもご覧ください。

大丈夫です。

空回り的にバタバタながら、なんとかやっております。

皆様にここでお会いしないうちに

色々な出来事ありまして

そんな中でもわたしにとって大きな出来事が。
hiace1
ついにお別れすることになりました。

ハイエース。

実に360000劼鯀り、そろそろガタもきはじめ

いつトラブルが起こってもおかしくない彼。

このブログでもたびたび登場いたしました。

セキレイに巣を作られたり、

間違ってガソリンを入れられ、高速でチ〜ン・・・・したり。

私とともに数々の思い出、修羅場を潜り抜けてまいりました。

まぁ、この思いは本当のお別れの時にでもしっかり書きましょう。

あと数日、もう少しだけ一緒に走ろう。

hiace2
そして久しぶりにキラ〜ンとヒラメキ、

なかなか形にできなかったものが完成。

世田谷へと旅立ちました。

むふふ。

先週の土日、石川県は能登まで行ってまいりました。

観光ではなく、娘ちゃんのテニスの大会。
noto1
素晴らしいとこですね、能登。

テニスをする環境もまた素晴らしい。
noto2
全国より、多くの選手が集まり高レベルな試合を

みせていただきました。

娘ちゃんペアはといいますと、

1日目、個人戦3勝3敗で3位リーグ 3位に終わりました。

2日目、団体戦岐阜県代表で2試合に出させてもらい

ペアとしては1勝1敗。

岐阜県はベスト8でした。

同じ5年生とは思えないような大きな子や

大人顔負けの球を打つ子・・・

そんな中、可愛さが残るプレイをする娘ペアはよく頑張りました。

本人たちなりに刺激も受け、意味ある大会でした。
noto3
お泊りは準備していただいた民宿。

なんやらカップルがやんやと訪れるという恋路。

いつの日か娘ちゃんも恋人とここを訪れ、

「ここお父さんとテニスできたぁ〜」とかいうのかなぁ・・・・笑

いい経験させてもたいました。サンキューNOTO。


noto5
年度末はハード。

三月中だけでパンク寸前。
noto6
頑張ろう。

4月初旬までのも終わらせたら

作りかけの世田谷ベースへの作品とアレ仕上げよう。

さてわたくし今夜から娘とともに石川県は能登まで行ってまいります。

その準備をしていると・・・
buntan2
今年も文旦いただきました!

名前は載せませんが、本当にありがとうございます。
buntan1
文旦、大好きです!!

また何かの形でお返ししますので!

いっただっきまーーーす。

やっとこさ夜勤や昼勤でバタバタしてた現場も終了。
昨年暮れから今までは、本当にハードでした。

やっとこのブログに戻ってきました。

最近はインスタやらでどうでもよいことを発信するのが精一杯でしたが
少しずつ世田谷ネタやらもこちらでアップできるよう頑張ります!!

明日の夜から土日は娘のソフトテニスで石川県は能登まで行ってきます。
次の日もお休みなので少しばかり海に糸でもたらして
リフレッシュもしてこようかと。

さて、たまったお仕事もがんばりますか!

な、な、な、なんと、2017年が幕を開け早や2月。

遅すぎるご挨拶。笑

本年もよろしくお願いいたします。

暮れから年明けにかけ、現場作業や新規のお仕事やらで

充実した毎日を過ごさせていただき、

気が付けば確定申告の時期が近づいてまいりました。

このブログ新年1発目にどうしてもアップしたかったのは

昨年少し離れたところに旅立ったおじさん家の塗装の完成記事。
20171
自分で言うのもなんですが、めっちゃキレイになりました。

人を褒めないおじさんも、「まぁ、ぼちぼちやら。笑」と

喜んでくれてると思います。笑
201722
長年おじさんとともに頑張ってきたこの看板も

記念撮影後に撤去しました。

仕事は終わったけど、ちょくちょく遊びにいきます!

201733
現場の合間をぬって、消防署へ。

救急車や消防車の対空標示の貼り替えです。

こんなお仕事も任せていただき感謝ですっ。

201744
で、今は夜間工事や昼勤で駅のこ線橋の塗装工事。

とにかく寒いし時間との勝負で大変。

201755
がんばります。

先日の岐阜市でのお仕事。
20172
ブロック2列6段積み。

そこにステンレスの切り文字。
20173
なかなか大変な作業でしたが

カッコよく仕上がりました!
20171

さて2016年も今日でおわり。

やり残したこと、満足できたこと

やってみたかったこと・・・・いろいろありますが

とにかく今日で一区切り。

公私ともに色々な変化があった年でした。

よかったことも悪かったことも。

2017年は、必ず今年より良い年にします。

いい年になるか、ならないかは自分次第。

楽しいこと、つらいこと・・・・たくさんあると思いますが

前を向き、自分を信じて、周りの皆様を大切に

新しい年を突き進んで行こうとおもいます。

一年間ありがとうございました。

来年はもう少しブログも頑張ろう。

今朝は冷えた。

ってか、一日寒かった。
neko2
少しだったが雪舞った。

嫁の実家のお母さんからお土産いただいた。

沖縄の。
neko3
いきてぇーな〜沖縄。

ありがとう、おかーさん。
neko1
そしてこんな看板つくりました。

11月29日 午前1時35分

おじさんは旅立った。

享年67歳。

あまりにも早く、しかしながら内容の濃い

おじさんらしい67年間だったとおもう。

あの日、病院へ行ってよかった。

おじさんと話ができてよかった。

この間温かかったおじさんの手。

今日のおじさんの顔は冷たかった。

おじさんが残してくれたものはいっぱいある。

家もおじさんが設計してくれた。

今使ってる足場もおじさんがくれた。

仲良くしてくれる従兄のTくん、従妹のH。

色んな道具や、ものの考え方・・・・

ずっと大事にしてく。

同じ自営業者としても恥ずかしくないようがんばる。

今日、お葬式ではたくさん泣いた。

でも今ブログ書いてて泣かない。

ずっと見守っといてね。
mimura
これは去年おじさんが子どもにくれたお年玉袋。

「これ貴重になるでとっとけよ!」ってくれた。

三人とも大事にとっとるよ!!

おじさん、ありがと!

これからも頼むに!

昨夜に続きごめんなさい。

忘れたくない出来事だから日記として残します。


2016年11月25日

今日現場に向かう途中、おじさんに会いたくなり

気が付くと病院に向かっていた。

面会時間外、看護師さんは私の気持ちを察し、病室へ案内してくれた。

おばさんとおじさんがいた。

私を見てまずおばさんは泣いた。

「かず・・・・来てくれたの・・・・」

呼吸器をずらしながらおじさんが何回もうなづいてた。

苦しそうな顔で、かすれた小さな声で

「急やったもんでよ・・・えらーなったの」

きつそうだった。

「手ぶらでごめん。急に来ちゃったから。」という私に

「顔見れただけで充分・・。」

強いおじさんがティッシュで涙をふいた。

泣き虫な私は泣かなかった。

おじさんが安心できるようにいつもの普通な自分でいた。

おじさんは私に3つのお願いをしてくれた。

\澤彁務所の看板を外してほしい

工場にある材木、機械、道具で使えるものはもらってほしい

自宅の塗装が剥げてしまってるからカズに塗ってほしい

「大丈夫。全部やっとく。安心して」

おじさんと約束した。

人にお願いをするような人じゃなかったが、

こんな俺にいろいろ頼んでくれた。

おばさんが娘に電話してくると病室を出た。

「カズ・・・、商売はどうや?」

「うん、忙しいだけで全然儲からんよ」

おじさんは何回もうなづいた。

「ギリギリうまいことまわってるだけ」

「・・・・カズ、利益を優先せずに、一生懸命いいものを作っていれば

カズらしく今までみたいにやってれば皆みててくれる・・・

仕事はちゃんとくる・・。」

「・・・・うん、がんばる」

めっちゃ涙こらえた。

おばさんが病室にもどり、娘家族も到着した。

おじさんも疲れてるみたいだったし、痛みもあるっぽかった。

「じゃ、おれ行くわ・・・」

皆がありがとうっていってくれた。

おじさんに「ありがとう」って言おうとしたとき

大きい手をこっちに出してきた。

強く握手した。大きい手はめっちゃ暖かかった。

おれは左手もそえて「もう少し・・・・がんばって・・・。」って言った。

おじさんはうなづいた。

「ありがとう」って言えなんだけど、握手した手から

全部伝えれた気がした。

おじさんからも全部気持ちをもらった気がした。

最後にハイタッチして病室を出た。

駐車場を歩く時も、車で走る時も

現場でも、帰ってきて親と話すときも泣かなかった。

でも今このブログ書きながら、

めちゃめちゃに泣いてます。

キーボードも画面もみえないくらい。

声あげて泣いてます。

おじさん、やだよ。

死なんといてよ・・・

塗装の仕事も、材木もいらんわ

死なんといてくれよ・・・


「ありがとう、おじさん。おじさんにもらう材木で少し増築するね」


最後まで読んでくれた皆様、ありがとう。

少しスッキリしました。


たまーの更新ごめんなさい。

さっき親父から親戚のおじさんが救急車で病院に運ばれたと聞かされた。

10年ほどガンと戦っていたおじさん。

ちょいワルで、オシャレで、でっかくて、酒飲みで・・・

かっこいいおじさん。

人のこと褒めたり、優しくしてくれたりなんてめったにしない。

むしろボロックソにいう。

でも俺が看板屋はじめて少し名が広まりだした頃、

「たいしたもんやわ」って言ってくれた。

自分でリフォームしたときも、

設計士のおじさんは、隅々まで見て、

「よく一人でここまでやったな!おまえはすごい」って言ってくれた。

ふだん褒めないからすごく覚えてる。うれしかった。

レールにハマることが大嫌いで、人がyesでもno

とにかく難しい。

俺が高校の時、タバコで謹慎処分になり

親に叱られ、学校でもハードに叱られ

部屋にこもってたら、たまたま来ていたおじさんが部屋に入ってきた。

あわてて寝たふり。

「かずぅ〜・・・・・ねとるか・・・。」しばらく俺を見てる感じ。

で、でていった。

その時のことが今でもたまに蘇る。

あんとき話してたらおじさんはなんて言ったんだろ?

寝たふりしてごめん。


悔しいけどもう長くないらしい。

延命処置はせず、くすりで痛みをおさえるだけだって。

意識もあり、しゃべれるらしく、

「みんなに来るな」って。めっちゃおじさんらしい。

わかるよ、そんなとこ見られたくないの。

たださぁ、ありがとうは言いたいわ。

なんも言いたくないけど、

家に来て飲んで騒いだりしてる横に居るの楽しかった!!

海とか楽しかった!!

神輿担ぐおじさんカッコよかった。

ガラス割ったときは怖かった。

最近のおじさんはめっちゃ優しかった。

仕事くれてありがと。

耐震のバイト使ってくれてありがとう。

いつも「かず、かず・・・」呼んでくれてありがと。

出にくくなった声で喋ってくれてありがとう。

いままで散々がんばっただろうし、

もう頑張れなんていえません。

でも、さようならも言えません。

ありがとう。おじさん。


皆様ごめんなさい。

気持ちのやり場がなくて。

また、元気にブログ書きます。

このページのトップヘ