2014年02月22日

フェブラリーS

土曜日のダート競争の時計が思ったより掛かってるのが非常に気に掛かる。凍結防止剤撒いてる影響なのかなぁ、とは思う。

◎ベストウォーリア
○ベルシャザール
▲ホッコータルマエ
△ニホンピロアワーズ・ゴールスキー
穴シルクフォーチュンとエーシントップ


◎はベストウォーリア。
武蔵野Sがベルシャザール同様、直線でビッシリ追えなかったけれども非常に見所のあるレースで、2着に来たアドマイヤロイヤルよりも強い競馬をしていたし、前走のすばるSがレコード決着ながらも直線では抑える楽勝と言える好内容。
ベルシャザールやホッコータルマエと違い、ドバイという大目標が無いので春はここがこの馬の最大目標。勢いもありますし、直線で詰まるとかそういう展開で無い限りは勝ち負けしてくれると大いに期待したい馬であります。

○はベルシャザール。
秋がイケイケのローテーションながらも見た目以上の強さを感じさせた馬。松田国英調教師もこの馬を種牡馬のいしたいと惚れむ馬でありますが、休み明けで今年初戦となる今回に関しては、いきなり全開とまではいかないのが不安ではあるものの、個人的にもこの馬の能力は買っているのでこの評価に。ただ、今回は追ったよりも厳しい競馬にはなりそうだとは思う。

▲はホッコータルマエ。
使って使って調子を上げるタイプの馬でありますが、流石にイケイケという気もします。
久々の府中マイルが向いているとまでは言えないものの、基本前が(ある程度)有利な傾向を感じさせるのでこの馬の先行力なら充分こなせると見込んでいますし、格好位は付けてくれると思いたいです。

△はニホンピロアワーズ。
2年前のJCダート勝ち馬で、ここに来てようやく調子が上がってきた印象。
府中・マイルとこのキャリアで初めてだというのは非常に気に掛かりますが、地力は文句無しの馬。
激流の流れに巻き込まれない限りは良いレースをしてくれるとは思う。
この馬の場合はマイルの流れをこなせるかに掛かってるんじゃないでしょうか。

もう1頭はゴールスキー。根岸S云々は別にしても、この馬の決め手は魅力。

穴はシルクフォーチュン。
末脚だけなら随一と言える馬ですが、勝ち切るには嵌まるか嵌まらないかという馬ではあります。
あの末脚を見込んでの穴馬評価といしたいです。
もう1頭の穴馬はエーシントップ。この馬の場合は逆に前が残る展開だったらこの馬が一番怖いです。

以上。

sihakuryuusei at 17:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月30日

根岸Sは

思った程、出走馬の力差は少ないのかもしれないと思う。

穴を狙ってみるのも面白いけど、芝でも走れるスピードを見せた馬から行った方が良いんじゃないか?
という気持ちはある。

ブライトライン・ドリームバレンチノ・エーシントップ・ノーザンリバー、そしてゴールスキー・・・。
後は、ダートの安定勢力の中では武蔵野Sでベルシャザールの2着に頑張ったアドマイヤロイヤルやスノードラゴンも怖い。

展開や馬場状態なども考慮すれば結構面白そうな気がする。

sihakuryuusei at 22:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月01日

とりあえず

気が向いた時しか更新しないブログでありますが・・・、2014年も宜しくお願いします。



sihakuryuusei at 21:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月22日

近年最強馬だった

今日行われた有馬記念は1番人気のオルフェーヴルが8馬身引き離しての圧勝でした。
調教が良くなかったとか言われてましたが、馬の基本的な能力が抜けてたという事でしょうね。

まさに久々の化物と言える馬でした。

・・・個人的には次の化物候補は菊花賞馬のエピファネイア・2歳馬のガリバルディにその資格があると見ていますがいかがでしょうか?

sihakuryuusei at 17:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

今年2013年の有馬記念

・・・単純な実力だけ見たらオルフェーヴルが断然なのではありますが、馬体はともかく追い切りの動きがこの馬にしては微妙というのは気掛かり。ただ、この馬の走りが出来れば恐らく勝つだろうとは思う・・・。

けど、本命はゴールドシップとしたいです。ジャパンCは明らかに騎手・競馬を舐めてたかの様な走りでガッカリしたものですが、ここに来て騎手をムーア騎手に変更・更にブリンカー装着と手を尽くし満足の行く追い切りが出来た模様。それに馬場も結構力の要る状態になってきており、この馬にとって色々とお膳立てが整ったと見ても良いかもしれません。後は、この馬が本番で力を出すのか不安ではありますが、ちゃんと走ってくれれば良い勝負をしてくれると期待しています。

対抗は勿論オルフェーヴル。3番手アドマイヤラクティとトーセンジョーダンで、それ以降はあえて穴馬から攻めてみたい。

・・・ダノンバラード・デスペラード・タマモベストプレイ・ルルーシュ・テイエムイナズマナカヤマナイト・・・。

個人的には買うより見て愉しむレースだとは思うのですが、一応こういう予想はしておきます。



ちょと早いですが、皆様良いお年を・・・。

sihakuryuusei at 07:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月08日

悩みに悩んだ末

阪神JFの予想は・・・


◎ハープスター
○レーヴデトワール
▲マーブルカテドラル
△ホウライアキコ
△マジックタイム
穴クリスマス


とします。


はっきり言ってわかんないよ・・・

sihakuryuusei at 01:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月26日

2013・天皇賞・秋

飽くまでも時計の掛かる馬場前提という考えですが・・・。

◎・ダノンバラード
○・ジェンティルドンナ
▲・トウケイヘイロー
△・ナカヤマナイト
△・コディーノ
穴・ヒットザターゲット

良馬場なら

◎・ジェンティルドンナ
○・トウケイヘイロー
▲・コディーノ
△・ダノンバラード
△・ナカヤマナイト
穴・ヒットザターゲット


と思ってます。
参考にもならないですが、参考程度に・・・。

sihakuryuusei at 07:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月20日

菊花賞は(ボソッと

エピファネイア軸にサトノノブレスとラストインパクト抑えの馬券で行きます。

一番不気味なのはマジェスティハーツです。

sihakuryuusei at 15:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月23日

これで凱旋門賞行かないというのが益々惜しい

ついさっき行われた宝塚記念は、ゴールドシップが先行して押し切るという持久力勝負の極致で優勝しました。
2着にダノンバラード、ジェンティルドンナは3着でフェノーメノは4着でした。

ゴールドシップはスタートしてテンの脚は平凡。しかし、以前までは押せども引けども前には行かなかったのに、鞍上の内田博幸騎手が押して押して前目に取り付けたのには少々驚きました。
シルポートが大きく話して逃げる展開だったものの、直線に入る頃にはすっかり射程圏内にとらわれていたように、流石に相手が甘くなかった。そんな中、ずっと手綱が動いていたゴールドシップが一番手応えが良く、直線で力強く抜け出して押し切るという無尽蔵にあるスタミナを活かし切った素晴らしい内容で優勝しました。

・・・しかし、これで国内専念というのを撤回して海外遠征に方向転換しないかなぁ・・・。と思わせるインパクトはありました。

2着にダノンバラード。父ディープインパクトらしくないパワータイプの馬で、今回は持久力勝負となったのが向いた形となりましたが、大健闘といえるレースではありました。

3着に敗れたジェンティルドンナも牝馬にしては頑張ったのですが、如何せん厳しい持久力勝負だったのと海外遠征明けのレースとなったのはきつかっただろうと思います。

・・・4着に敗れたフェノーメノの戸田調教師がスタートで躓いたのが響いたとか言っていますが、スタート良くなかったゴールドシップがずっと追い通しで勝ったんだから、残念ながら言い訳にしかなっていない。馬場状態を考慮しても今回は完全に力負けだったと思う。


しかし、強いゴールドシップを久々に見れて満足なレースでしたが、出来たら馬券を当てたかったです(苦笑)

sihakuryuusei at 16:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月22日

多分3強の争い

明日は前半戦最後のG機κ塚記念でありますが、正直な気持ちオルフェーヴルの出走回避は非常に残念。ただ、今回回避したことで凱旋門賞の芽は残ったと言えるのでこの判断は厩舎の英断と捉えたいです。


◎はゴールドシップ
前走こそは天皇賞・春で遅れをとってしまいましたが、敗因は厩舎の調整ミスと言えますでしょうしそこまで気にしなくて良いと思っています。今回の追い切りはいつになく気合が乗っているとの事ですので前走の様に気の抜けた内容にはならないと思う。この馬もこの馬の走りができれば差自体は無いと思います。

○はフェノーメノ
前走で悲願の初G祇覇となりましたが、ゴールドシップを警戒して早めの追い出しで勝ったのですから、この馬の力を褒めるべき内容。総合力という意味ではこの馬が一番取れていると思いますし、シルポートが逃げるしゴールドシップもいますのでスローの瞬発力勝負にはならないでしょう。ここはこの馬の地力を信じても良いと思います。

▲はジェンティルドンナ
ジャパンC当時と比較しても馬体は逞しくなったですし、前走のドバイシーマクラシックは(正直勝って欲しかったけど)アウェーながらも2着とこの馬の実力は示せた訳ですし、この馬自身のリズムを崩さない競馬をすれば勝ち負けは大いに期待出来るでしょう。


は3強が崩れた時のトーセンラー、穴で上がり馬のローゼンケーニッヒまでで良いかと。


ともかく、ここは見て良かったと思えるレースになるのを期待したいです。


sihakuryuusei at 21:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)