2007年08月22日

今回の決断がどう出るか分かりませんが

JRAのお知らせにもありましたが、今週は開催されるみたいですね。
個人的にはこのままつつが無く続いてくれればいいと思っているのですが、この時に取り返しの付かないトラブルとかが起きて更に酷い状態にならない事を祈っています。

JRAのHPにも書いてましたが・・・、
競馬においては、世界共通のルールとして、レース出走前に発熱やケガの症状が認められれば出走することはできませんが、『発熱などの症状がなく、体調に問題がない』競走馬の出走が制限されることはありません。
とあります。自分は素人なので余りパッと思い浮かばないのですが、(色々な意味で)JRAはお前ら(ご想像にお任せします(滝汗))騒ぎすぎだ、という風にも取れる様に思えます。確かに世界的の例から見たらその通りかもしれませんし、今回の馬インフルエンザが馬にとって命に関わる致命的なウイルスでは無いので勇み足が過ぎると別の意味で取り返しの付かない事態にもなる可能性もありますが、JRA自体がこういった事態には不慣れなのが不安であります。
最初の方にも書きましたが、無事に進行してくれるのを祈るのみでしょうか。
一口持ってる人には今回の件はかなり堪えている人もいますでしょうし、出来る限り早く沈静化して欲しいものです。

sihakuryuusei at 19:13│Comments(1)TrackBack(2)競馬 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 馬インフルエンザ詳細情報  [ 馬インフルエンザ情報 ]   2007年08月23日 12:56
馬インフルエンザが猛威をふるい、日本中央競馬会(JRA)は、競馬開催の有無で揺れています。今後の競馬開催、馬インフルエンザ、馬インフルに関する情報をお伝えします。
2. 馬インフルエンザ JRA 競馬開催を決定 陰性馬のみで今週末  [ 馬インフルエンザ情報 ]   2007年08月23日 16:13
馬インフルエンザに揺れるJRAが競馬開催について8月22日、今週末(8月25、26日)の小倉、新潟、札幌の開催を行うと発表しました。

この記事へのコメント

1. Posted by toshiki   2007年08月22日 19:43
インフルエンザの猛威がなかなか収まりませんね。競馬ファンとして辛い時期になってしまいましたが、人間と馬がひとつになって乗り切るしかないでしょう。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字